Pattern Frame - Patterns Along Image Borders

Pattern Frame

パターン フレームは、イメージの周りに規則的に生成されたパターンで構成されています。内蔵のテクスチャ ライブラリのサンプル (花、蝶々、ハート、ケーキ等)、または背景が透明なユーザー独自のオブジェクトをパターンとして使用できます。

パターン

設定パネルでは、フレームを生成するテクスチャを選択し、選択されたフレームのパラメーターを調整することができます。

 

テクスチャ:[テクスチャ ライブラリ]のグループ一覧からフレーム用のテクスチャ (模様) を選択します。

テクスチャ ライブラリ

プログラムにはテクスチャが豊富に用意されています。パターン フレームのテクスチャは、[パターン]の下にあり、いくつかのセットに分類されています。

選択しているテクスチャは、ライブラリを開いたときに現れる四角いボタンで表示されます。

テクスチャ

ボックスをクリックすると、選択したグループのすべてのテクスチャを見ることができます (例えば、自然)。クリックすることで、パターン を選択することができます。

自然のテクスチャ

 

デジタル写真のフレームに対する以下のパラメーターを設定します。

フレーム幅 (設定可能範囲は 0-100%):フレームの幅を設定するパラメーターです。値が 0% の場合、フレームはありません。100% の場合、最小イメージサイズ (幅または高さに応じて) の 1/4 のフレームになります。例えば、600x800ピクセルのイメージでフレーム幅を 100% に設定した場合、最小サイズ (600ピクセル) の 1/4 は 150ピクセルのように計算されます。

フレーム幅 = 30% フレーム幅 = 80%
フレーム幅 = 30% フレーム幅 = 80%

 

テクスチャの明るさ (設定可能範囲は 0-200%):元のテクスチャの明るさを変更するパラメーターです。元のテクスチャの明るさは 100% です。フレームを暗くするには、パラメーターの値を 100% 以下に、明るくするには 100% 以上に設定します。

テクスチャの明るさ = 50% テクスチャの明るさ = 200%
テクスチャの明るさ = 50% テクスチャの明るさ = 200%

 

テクスチャを垂直に反転 : このボタンを有効にすると、水平な線を軸にテクスチャが反転します (上下が反転します)。

[テクスチャを垂直に反転]ボタンが無効 [テクスチャを垂直に反転]ボタンが有効
[テクスチャを垂直に反転]
ボタンが無効
[テクスチャを垂直に反転]
ボタンが有効

 

テクスチャを水平に反転 :このボタンを有効にすると、垂直な線を軸にテクスチャが反転します (左右が反転します)。

[テクスチャを水平に反転]ボタンが無効 [テクスチャを水平に反転]ボタンが有効
[テクスチャを水平に反転]
ボタンが無効
[テクスチャを水平に反転]
ボタンが有効

 

フレームの角や側面のテクスチャ レイアウト方法は何通りかあります。

 

イメージをフレームに合わせる:このチェックボックスをオンにすると、イメージはフレームに合わせて拡大/縮小されます。チェックボックスをオフにすると、イメージの上にフレームが重なります。

フレーム カラー:パターンの下のフレームの色を設定するパラメーターです (このパラメーターは、[イメージをフレームに合わせる]チェックボックスがオンの場合のみ設定できます)。色を選択するには、カラーパレットをダブルクリックし、[色の選択]ダイアログから色を選択します。

[イメージをフレームに合わせる]チェックボックスがオフ [イメージをフレームに合わせる]チェックボックス  がオン  (背景色に黄色を選択)
[イメージをフレームに合わせる]チェックボックスがオフ
[イメージをフレームに合わせる]チェックボックス
がオン
(背景色に黄色を選択)

 

透過:チェックボックスをオンにすると、透明な背景にパターンが描画されます。複数のレイヤーから成るイメージで、下のレイヤーをパターンの背景色として使用する場合に効果的です。

[透過]チェックボックスがオン
[透過]チェックボックスがオン

 

ランダムなパターン: チェックボックスをオンにすると、ランダムに選択したオブジェクトを使用したパターン フレームが生成されます。

ランダム パターンを4種類使用して作成したフレーム
ランダム パターンを4種類使用して作成したフレーム

カウント (設定可能範囲は 2-20):フレームを作成するためにテクスチャ ライブラリからとられたパターンの数。

2 要素 10 要素
カウント = 2 カウント = 10

乱数開始値 (設定可能範囲は 0-9999):乱数発生器の最初の数値、乱数生成の基となる値です。それぞれの数は、パターンの分布と特定の設定を表します。

ランダム パターン フレーム
ランダム パターン フレーム

 

ArtSuite v. 13.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード