自分だけの美術館 - AKVIS ArtSuite

自分だけの美術館

芸術作品は、心情や思いを表現し、生活の輪を広げる重要な役割を果たしています。世界の歴史を振り返ると、天才的画家が多くいました。彼らは世界に真の名作を送り出してきました。しかし、すべての美術館や展示会を訪れることは現実的に不可能です。

しかし、AKVIS ArtSuiteを使うと、好きな画やお気に入りの画家を選び、自分だけの美術館を作ることができます。

フレームに入った「モナリザ」(レオナルド・ダ・ヴィンチ作) フレームに入ったルネ・マグリットによる画
フレームに入った「青い踊り子たち」(エドガー・ドガ作) フレームに入った「静物」(ポール・セザンヌ作) フレームに入った「Bella Donna」(ジョージア・オキーフ作)
アートギャラリー

このチュートリアルの作成者は、Gordon Sissonさんです。この操作例では、AliveColorsを使用していますが、AKVISプラグイン互換性のあるどのフォトエディタでも構いませんし、AKVIS ArtSuitеのスタンドアロン版を使用することもできます。

まずは、レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作、「モナリザ」から始めましょう。

別の画、エドガー・ドガ作の「青い踊り子たち」を使ってみましょう。この画は、描かれているダンサーと共に踊るよう招いているようです。

幾つかの異なるフレームを適用してみました。

幾つかの異なるフレームを適用してみました。’ フレームを変えたエドガー・ドガ作の「青い踊り子たち」

次に、不合理と混乱をもたらすルネ・マグリット作の「ブランクチェック」で作業します。

彼の画に色々なフレームを適用し、その中から最も適したものを選ぶことにします。

ルネ・マグリット作の「ブランクチェック」 フレームを変えたルネ・マグリット作の「ブランクチェック」

これはポール・セザンヌ作の 「台所のテーブル(生姜壷のある静物)」です。この画も額に入れて飾るに値する傑作の1つです。

ポール・セザンヌ作の 「台所のテーブル(生姜壷のある静物)」

最後に、ジョージア・オキーフ作の「Bella Donna」です。

クラシック フレームのテクスチャ ライブラリからまた別のフレームを選択してみました。

フレームを変更した「Bella Donna」

「Bella Donna」の画を使って、他のフレームスタイルを試してみましょう。

数多くのスタイル、色、フレームの種類が用意されています。色々と試して、お楽しみください。

 

ArtSuite v. 14.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード