AKVIS ArtSuite: スプレーフレーム
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS ArtSuite

スプレーフレーム

 

スプレーフレームは、イメージの枠へのスプレーペイントです。 幅、色、およびスプレー濃度は、設定パネルで設定することができます。

スプレーフレーム

設定パネルには、このフレームに対する次のパラメータが用意されています。

[フレームカラー]: このパラメータはフレームの色を設定します。カラーパレットをダブルクリックし、[標準色選択]ダイアログから色を選択します。

黄色を選択
黄色を選択

 

[透過]: このチェックボックスが有効なとき、カールの下の領域が透明になります。複数のレイヤーから成るイメージに有効です。下のレイヤーのイメージが可視化され、フレームとしての役目を果たします。

[透過]チェックボックスが有効
[透過]チェックボックス有効時

 

[フレーム幅]: このパラメータは定義したサブフレーム数を含むフレームの幅を設定します。設定可能な値は0~100%です。値が0%のときはフレームはなく、100%のときは最小イメージ サイズ(幅または高さに応じて)の1/4のフレームになります。例えば、600x800ピクセルのイメージでフレーム幅を100%に設定したとき、最小サイズ(600ピクセル)の1/4は150ピクセルのように計算されます。
フレーム幅 = 30% フレーム幅 = 100%
フレーム幅 = 30% フレーム幅 = 100%

 

[密度]: このパラメータはスプレーの濃度を設定します。設定可能な値は0~200です。値が大きいほど、より濃密になります。スプレーは縁から描画されるため、内側の縁よりも外側が濃くなります。
密度 = 40 密度 = 120
密度 = 40 密度 = 120

 

[乱数開始値]: これはフレーム内側の縁のペイントの分布を定義する、乱数生成の元となる値です。0~9999の任意の値を指定することができます。それぞれの値は特定のペイントの分布に対応しています(その他すべてのパラメータは変わりません)。
乱数開始値 乱数開始値 乱数開始値

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 環境設定  — 環境設定
効果 効果
   — 白黒 — 白黒
   — カラーシフト — カラーシフト
   — チャンネルミキサー — チャンネルミキサー
   — テクスチャ — テクスチャ
   — グラマー エフェクト — グラマー エフェクト
   — 2つの基本 — 2つの基本
   — ハーフトーン — ハーフトーン
フレーム フレーム
   — クラシック フレーム — クラシック フレーム
   — パターン フレーム — パターン フレーム
   — ストローク — ストローク
   — スクラッチ — スクラッチ
   — ページカール — ページカール
   — 正方形フレーム — 正方形フレーム
   — ラグフレーム — ラグフレーム
   — スプレーフレーム — スプレーフレーム
   — 芸術的なフレーム — 芸術的なフレーム
   — 霜フレーム — 霜フレーム
   — 芸術的切り取り — 芸術的切り取り
   — 台紙 — 台紙
   — 手作りフレーム — 手作りフレーム
操作例 操作例
   — ベルリン大聖堂 — ベルリン大聖堂
   — 季節の変更 — 季節の変更
   — 自分だけの美術館 — 自分だけの美術館
   — オリジナル フレームの作成 — オリジナル フレームの作成

 

ArtSuite v. 13.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2018 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー