AKVIS ArtSuite: 手作りフレーム
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS ArtSuite

手作りフレーム

 

手作りフレームは、様々な形が1箇所(またはそれ以上)くりぬかれています。これらのスペースに写真を挿入して、額に入った写真を作ることができます。

これらのフレームはデザイナーが作成したものです。AKVIS ArtSuiteのために特別にスケッチしてもらいました。

写真用フレーム

注意:

手作りフレームは、ArtSuiteのスタンドアロン版でのみ利用できます。

無料の手作りフレームのセットがプログラムに内蔵されていますが、足りない場合は、様々なテーマのフレームパック (ウェディング、旅行など)を購入することもできます。そろぞれのフレームパックはZIPファイルになっています。ファイルは絶対解凍しないでください。フォルダに保存してください。ArtSuiteでのみ動作します。

さらに、オリジナルのフレームを作って使用することもできます。

手作りフレームでの作業は、プログラム内の他のフレームや効果とは少し異なります。フレーム選択に加え、複数の画像を使って作業できます。 ライブラリや追加のフレームパックには、画像を2つ挿入できるフレームが用意されており、切り取りや他の時間のかかる作業は必要ありません。

スケッチ(手書き)フレーム

手作りフレームに画像を追加するには、以下の手順に従います。

  • ステップ1:  ソース画像を開きます。コントロールパネル ボタンをクリックして、画像を選択します(フレームニ挿入する画像)。

    アップロードした画像は、イメージ ウィンドウの下に表示されます。選択画像は、イメージ ウィンドウ手作りフレーム内にも表示されます。

    アップロードがぞのサムネイル

    アクティブな画像(作業中の画像)は、グレーの枠で囲われています。別の画像を選択するには、その画像をクリックします。

    表示されている画像が多すぎる場合、次の方法で削除することもできます。不要な画像を選択し、 ボタンをクリックするか、Deleteキーを押します。

  • ステップ2:  インストールされているパックから、フレームパックを選択します。

    スケッチ(手書き)フレーム ライブラリ
    パックの一覧(デフォルトパックを選択)

    フレームパックの一覧には、プログラムに内蔵されているデフォルトパックに加え、ダウンロード/インストールした追加のフレームパックもすべて表示されています。

    タイトルの選択でパックの選択を変更できます。

    パックを選択すると、一覧の下の四角い領域にパック内の1つのフレームが表示されます。これをクリックすると、ライブラリが開きます。

    フレームのサンプル

    フレームのサンプルをクリックすると、選択したフレームパックのすべてのフレームを見ることができます(例えば、デフォルトパック)。

    ライブラリ内から、使用するフレームをクリックして選択します。

      ヒント: 自分で作成したオリジナルのフレームを使用することもできます。まず、コンピュータ内のフォルダにフレームを作成して保存する必要があります。フレームとして使用する画像には、1箇所以上の透明な領域があり、PNG 形式で保存する必要があります。

      AKVIS ArtSuiteにオリジナルのフレームを読み込むには、一覧の最後にある<カスタム>…を選択し、フレームを選択します(PNG形式で保存され、透明領域がある画像)。

  • ステップ3:  プログラムは、ソース画像ウィンドウの最初から順番に画像を自動的に挿入します。

    自動的に画像をフレームに挿入

    スケッチ(手書き)フレームに、複数の画像挿入スペースがあり、デフォルトでの写真の配置が希望と異なる場合、手動で変更することができます。

    手動で画像をフレームに挿入

    ソース画像ウィンドウから画像を選択し、クリックしたままフレームにドラッグします。

    ダブルクリックして画像ををフレームに挿入することもできます。

    メモ:

    ダブルクリックで画像をフレームに挿入する方法は、フレームに挿入スペースが1箇所しかない場合に便利です。1箇所以上ある場合、プログラムは写真の縦横比に応じてスペースを選択して挿入します。例えば、横長の画像は横長のスペースに自動的に割り当てられます。

  • ステップ4:  それぞれの画像のサイズ、位置、回転角度をスケッチ(手書き)フレームに応じて変更します。

    フレームに合わせて画像を調整

    フレーム内の画像の位置を変えるには、該当する画像上にカーソルを移動させ、クリックします(カーソルが四方向(十字)矢印 に変化します)。クリックしたまま、カーソルを希望の位置までドラッグします。

    フレーム内の画像のサイズを変更するには、画像のエッジにカーソルを移動させ、クリックします。(カーソルが両方向矢印 に変化します)。クリックしたまま、カーソルを左右(上下)にドラッグしてサイズを変更します。

    画像を回転するには、画像エッジに表示される選択ボックスの角のマーカにカーソルを移動させ、クリックします(カーソルは円形に両方向矢印 に変化します)。クリックしたまま、カーソルを希望の位置までドラッグします。

  • ステップ5:  画像の調整がすべて完了したら、 ボタンをクリックして処理を実行します。
  • ステップ6:  処理結果を保存するには、 ボタンをクリックし、[名前をつけて保存] ダイアログボックスでファイル名、ファイルの種類(TIFF、BMP、JPEG、PNG)、保存先フォルダを選択します。

    注意:

    フレームで作業する際、元の画像はフレームの保存形式に変換されます。つまり、フレームの形式がRGB/8の場合、画像も同じ形式に変換されます。フレーム作成時にこの点を覚えておくと良いでしょう。

    メモ:

    追加のフレームパック (無料パック以外)は登録が必要です。

    フレームパックの登録方法についてはこちら

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 環境設定  — 環境設定
効果 効果
   — 白黒 — 白黒
   — カラーシフト — カラーシフト
   — チャンネルミキサー — チャンネルミキサー
   — テクスチャ — テクスチャ
   — グラマー エフェクト — グラマー エフェクト
   — 2つの基本 — 2つの基本
   — ハーフトーン — ハーフトーン
フレーム フレーム
   — クラシック フレーム — クラシック フレーム
   — パターン フレーム — パターン フレーム
   — ストローク — ストローク
   — スクラッチ — スクラッチ
   — ページカール — ページカール
   — 正方形フレーム — 正方形フレーム
   — ラグフレーム — ラグフレーム
   — スプレーフレーム — スプレーフレーム
   — 芸術的なフレーム — 芸術的なフレーム
   — 霜フレーム — 霜フレーム
   — 芸術的切り取り — 芸術的切り取り
   — 台紙 — 台紙
   — 手作りフレーム — 手作りフレーム
操作例 操作例
   — ベルリン大聖堂 — ベルリン大聖堂
   — 季節の変更 — 季節の変更
   — 自分だけの美術館 — 自分だけの美術館
   — オリジナル フレームの作成 — オリジナル フレームの作成

 

ArtSuite v. 13.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2018 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー