AKVIS Sketch: 背景効果

背景効果

[背景]タブに切り替え、変換後のイメージをさらに加工できます。元のイメージと鉛筆画を混合したり、イメージの一部をぼかすことが可能です。

このタブは、イメージの特定のフラグメントを強調したり、動きを加えて勢いを付けるために使用できます。たとえば、背景とオブジェクトを切り離したり(青空の中の飛行機や鳥、ソファの上のぬいぐるみ、フルーツ盛りなど)、複数のオブジェクトの中から1つだけを抽出する(集合写真の中の1人、花畑の中で最もきれいな1本など)など、他にもたくさんの用途があります。

[背景]では、以下の3つのモードが利用できます。オプションスケッチ & 写真, スケッチ & ぼかしです。

スケッチ

このモードでの[背景]タブはイメージに一切影響しません。つまり、背景効果は無効です。最初のタブ(写真を鉛筆画へ変換するためのパラメーター)で作業するときの既定のモードです。

[スケッチ]モードでの処理結果
スケッチ モード

他の2つのモードでは、特別なツールを使って領域を指定する必要があります。

スケッチ&写真

このモードでは、鉛筆画とイメージの混合物を作成できます。はっきりとした部分のみが鉛筆画に変換されます。

[スケッチ&写真]モードでの処理結果
[スケッチ&写真]モード

このモードが有効の場合、特別なツールを含む ツールバーが表示されます。各種ツールを使って、鉛筆画に変換する領域を指定したり、変換しない領域を指定します。

効果領域の指定
効果領域(青): 鉛筆画に変換
非効果領域 (赤): 元の写真のまま

注意: 青色のストロークのみを描画した場合やストロークを一切描画しなかった場合は、イメージ全体が鉛筆画に変換されます。赤色ストロークのみを描画した場合は、元のイメージの状態に戻ります。

注意: 処理中はイメージ全体が(描画したストロークを無視して)鉛筆画に変換されていくのが見えますが、心配いりません。単なる処理手順の1つであって、エラーではありません。次の手順で[背景]タブでの各種設定が適用されます。

[グレースケール]:このオプションは、白黒鉛筆画でのみ利用できます。チェックボックスをオンにすると、イメージ上の赤色 (または緑色) でマークした部分がグレスケールに変換されます。このオプションは、「描画した部分」だけでなく、イメージ全体を白黒にする場合に使用します。

カラー画像 グレースケール画像
[グレースケール]がオフ: 元のイメージ [グレースケール]がオン: 白黒画像

スケッチ&ぼかし

このモードでは、イメージの指定した領域をぼかすことができます。In the Toolbar you will find these tools:Effect Area , Eraser , and the Blur Area .ぼかす領域ツールは、ぼかす領域を指定するために使用します。

イメージ処理に使用するぼかす方法を選択し、パラメーターを調整します。

スケッチ&ぼかしモードでは次のいずれかの変換イメージの生成方法(ぼかす対象)を選択することができます。

 

Sketch v. 20.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード