AKVIS Sketch: 背景効果
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Sketch

背景効果

 

[背景]タブに切り替え、変換後のイメージをさらに加工できます。元のイメージと鉛筆画を混合したり、イメージの一部をぼかすことが可能です。

このタブは、イメージの特定のフラグメントを強調したり、動きを加えて勢いを付けるために使用できます。たとえば、背景とオブジェクトを切り離したり(青空の中の飛行機や鳥、ソファの上のぬいぐるみ、フルーツ盛りなど)、複数のオブジェクトの中から1つだけを抽出する(集合写真の中の1人、花畑の中で最もきれいな1本など)など、他にもたくさんの用途があります。

[背景]では、以下の3つのモードが利用できます。オプションスケッチ & 写真, スケッチ & ぼかしです。

スケッチ

このモードでの[背景]タブはイメージに一切影響しません。つまり、背景効果は無効です。最初のタブ(写真を鉛筆画へ変換するためのパラメーター)で作業するときの既定のモードです。

[スケッチ]モードでの処理結果
スケッチ モード

他の2つのモードでは、特別なツールを使って領域を指定する必要があります。

スケッチ&写真

このモードでは、鉛筆画とイメージの混合物を作成できます。はっきりとした部分のみが鉛筆画に変換されます。

[スケッチ&写真]モードでの処理結果
[スケッチ&写真]モード

このモードが有効の場合、特別なツールを含む ツールバーが表示されます。各種ツールを使って、鉛筆画に変換する領域を指定したり、変換しない領域を指定します。

  • 効果領域ツール :青色鉛筆を使用し、[オプション]タブのパラメーターに従って鉛筆画に変換する領域の内側にアウトラインを引きます。
  • 非効果領域 ツール :赤色鉛筆を使用し、元のイメージの状態のまま残す部分にアウトラインを引きます。
  • 消しゴム :このツールを使用し、鉛筆で描画したストロークやアウトラインを編集します。スケッチ&写真 (またはスケッチ&ぼかし) を選択している場合に、次の3種類のモードでいずれかで実行できます。

      - すべてのライン(誘導ラインと領域ラインの両方を消します)
      - 誘導ラインのみ(ストロークの方向を示すラインのみ消します);
      - 領域ラインのみ(背景効果の領域を示すラインのみ消します)

    各ツールのサイズ等のオプションは、イメージを右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

効果領域の指定
効果領域(青): 鉛筆画に変換
非効果領域 (赤): 元の写真のまま

注意: 青色のストロークのみを描画した場合やストロークを一切描画しなかった場合は、イメージ全体が鉛筆画に変換されます。赤色ストロークのみを描画した場合は、元のイメージの状態に戻ります。

注意: 処理中はイメージ全体が(描画したストロークを無視して)鉛筆画に変換されていくのが見えますが、心配いりません。単なる処理手順の1つであって、エラーではありません。次の手順で[背景]タブでの各種設定が適用されます。

[グレースケール]:このオプションは、白黒鉛筆画でのみ利用できます。チェックボックスをオンにすると、イメージ上の赤色 (または緑色) でマークした部分がグレスケールに変換されます。このオプションは、「描画した部分」だけでなく、イメージ全体を白黒にする場合に使用します。

カラー画像 グレースケール画像
[グレースケール]がオフ: 元のイメージ [グレースケール]がオン: 白黒画像

スケッチ&ぼかし

このモードでは、イメージの指定した領域をぼかすことができます。In the Toolbar you will find these tools:Effect Area , Eraser , and the Blur Area .ぼかす領域ツールは、ぼかす領域を指定するために使用します。

イメージ処理に使用するぼかす方法を選択し、パラメーターを調整します。

  • ガウス:この方法を選択した場合、プログラムは隣接するポイントの値を考慮し、各ポイントの色要素(赤、青、緑)を再計算します。その結果として、各ポイントの色が変化します。この計算はガウス分布がベースとなっており、そこから名前が付けられています。ガウスぼかしでは、色要素の値が平均化され、要素間のコントラストが弱まります。シャープなエッジが一般的な明るく/暗くする処理をせずにぼかされ、イメージは薄暗くなります(曇ります)。

    ガウスぼかし
    ガウスぼかし

    [範囲]では適用する効果の強度を調整します。ポイントの色要素が再計算されたときに、隣接するポイントにどの程度影響させるかを定義します。値が小さい場合、隣接するポイントのみが変化します。すべてのポイントがわずかに変化しますが、ぼかしは見えるようになります。パラメーターの値が大きいほど、各ポイントの影響される領域は広くなります。イメージは見分けがつかなくなるまでぼかされ、しみのように見えます(パラメーター値が大きい場合)。

    直径 = 3 直径 = 8
    直径 = 3 直径 = 8

  • 移動: この方法は、カメラの直線的な動きをシミュレートします。

    移動ぼかし
    移動ぼかし

    パラメータ:

    角度:このパラメーターはイメージに対するエフェクトが広がるラインの傾斜角度を設定します。設定可能な値は0~180度です。値が0または180の場合、水平方向のぼかしが適用されます。値が90の場合、垂直方向のぼかしが適用されます。

    角度 = 45  範囲 = 20 角度 = 135  範囲 = 20
    角度 = 45 範囲 = 20 角度 = 135 範囲 = 20

    範囲: このパラメーターは効果の適用領域をピクセル単位で定義します(イメージの全ポイントに関連)。

    範囲 = 10  角度 = 135 範囲 = 30  角度 = 135
    範囲 = 10 角度 = 135 範囲 = 30 角度 = 135

  • 放射状ぼかし:この種類もモーションを模倣します。モーションには2種類あります。

    スピン:このモードでは、イメージの中心を軸としてカメラを回転したようなエフェクトを模倣し、輪状にぼかしたような結果となります。

    放射状スピンぼかし
    放射状スピンぼかし

    ズーム:このモードでは、中心から離れるような方向に向かってぼかす効果を加えます。

    放射状ズームぼかし
    放射状ズームぼかし

    スピン モードでの回転角度およびズーム モードでのエフェクト適用領域はパラメーターでも調整できます。

    量 = 20  スピンぼかし 量 = 40  スピンぼかし
    量 = 20 スピンぼかし 量 = 40 スピンぼかし
    量 = 20  ズームぼかし 量 = 50  ズームぼかし
    量 = 20 ズームぼかし 量 = 50 ズームぼかし

スケッチ&ぼかしモードでは次のいずれかの変換イメージの生成方法(ぼかす対象)を選択することができます。

  • ぼかして描画:このモードでは[オプション]タブでの設定内容に従って、青色の領域が鉛筆画に変換されます。一方で、緑色の領域は、まず、選択したぼかしのメソッドでぼかされた後、鉛筆画に変換されます。

    ガウスぼかし 移動ぼかし
    ガウスぼかし 移動ぼかし
    放射状スピンぼかし 放射状ズームぼかし
    放射状スピンぼかし 放射状ズームぼかし

  • 写真をぼかす:このモードでは青色の領域が鉛筆画に変換されます。緑色の領域はぼかされますが、鉛筆画へ変換はされません。結果イメージはぼかされた写真とスケッチの混合物となります。

    ガウスぼかし 移動ぼかし
    ガウスぼかし 移動ぼかし

    放射状スピンぼかし 放射状スピンぼかし
    放射状スピンぼかし 放射状ズームぼかし

    このモードでは[グレースケール]チェックボックスを使用することができます。

  • 鉛筆画をぼかす:このモードではイメージ全体が鉛筆画に変換され、緑色の領域もぼかされます。

    ガウスぼかし 移動ぼかし
    ガウスぼかし 移動ぼかし
    放射状スピンぼかし 放射状ズームぼかし
    放射状スピンぼかし 放射状ズームぼかし

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法 — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法
   — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法 — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールとそのオプション — ツールとそのオプション
   — 背景効果 — 背景効果
   — スケッチ画にフレームを挿入 — スケッチ画にフレームを挿入
   — テキストの挿入  — テキストの挿入
   — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成 — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成
   — Sketchプリセット — Sketchプリセット
   — 環境設定  — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — チューリップの鉛筆画 — チューリップの鉛筆画
   — カラー スケッチ — カラー スケッチ
   — 漫画へのビデオの変形 — 漫画へのビデオの変形
   — Sketchのギャラリー — Sketchのギャラリー
   — 人物写真の鉛筆画 — 人物写真の鉛筆画
   — 水彩画 — 水彩画
   — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成 — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成
   — フレーム付きの白黒スケッチ — フレーム付きの白黒スケッチ
   — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に
   — 自己表現: 1分でスケッチする — 自己表現: 1分でスケッチする
   — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ
   — バラのバリエーション — バラのバリエーション
   — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる
   — タイムライン: 時間を止めちゃおう! — タイムライン: 時間を止めちゃおう!

 

Sketch v. 19.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー