写真からスケッチ画: AKVIS Sketch のクラシック技法

写真からスケッチ画: クラシック技法

AKVIS Sketchクラシック技法では、カラーや白黒の鉛筆画がはっきりとした輪郭線で描かれます。

主な特徴はその正確性です。完成イメージは、ハッチングを追加した輪郭線を主に使用して生成されたように見えます。この技法は万能で、様々な目的に利用できますが、技術説明図、アーキテクチャー画像、その他詳細の鮮明度が必要な画像には特に適しているといえます。

元のイメージ鉛筆画を写真から作成
鉛筆画を写真から作成: AKVIS Sketch のクラシック技法
(イメージにマウスオーバーすると、元の写真が表示されます)

 

[スケッチ]タブでは、写真から鉛筆画へ変換するための各種設定を調整できます。

クラシック技法は、ストロークエッジ効果という 3つのパラメーター フィールドがあります。

 

[ストローク]タブ (ハッチングのパラメーターを含む):

[エッジ]タブには、エッジの描画に影響するパラメーターが含まれています。

 

[効果]タブ:

 

Sketch v. 23.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード