写真から鉛筆画を作成: AKVIS Sketchのクラシック技法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Sketch

写真から鉛筆画を作成: クラシック技法

 

AKVIS Sketchクラシック技法では、カラーや白黒の鉛筆画がはっきりとした輪郭線で描かれます。

主な特徴はその正確性です。完成イメージは、ハッチングを追加した輪郭線を主に使用して生成されたように見えます。この技法は万能で、様々な目的に利用できますが、技術説明図、アーキテクチャー画像、その他詳細の鮮明度が必要な画像には特に適しているといえます。

元のイメージ 鉛筆画を写真から作成
鉛筆画を写真から作成 : AKVIS Sketch のクラシック技法

(イメージにマウスオーバーすると、元の写真が表示されます)

 

[スケッチ]タブでは、写真から鉛筆画へ変換するための各種設定を調整できます。

クラシック技法には、ストロークエッジ効果

    注意:変換されたイメージは、スライダーを移動させると同時に[処理前]タブに表示されるプレビュー ウィンドウでのみ確認できます。イメージ全体を変換する場合は、 ボタン、または[処理後]タブをクリックします。

 

[ストローク]タブ(ハッチングのパラメーターを含む):

    元の色:このチェックボックスをオンにすると、元の色範囲を使用して色鉛筆で描かれます。オフにすると、カラー パレットで選択した色(デフォルトでは白と黒)を使用して描かれます。

    色鉛筆画 白黒鉛筆画
    [元の色]チェックボックスがオン [元の色]チェックボックスがオフ

    チェックボックス右側のスライダーを動かしてイメージの彩度を調整できます。このパラメーターの値が大きいほど、イメージ上に現れる色が強く、「明るく」なります。

    彩度= 0
    彩度= 0
    彩度= 100
    彩度= 100

    鉛筆の色背景の色:[元の色]チェックボックスがオフの場合、 ストローク色と背景色をそれぞれカラー パレットで選択できます。カラーパレットをクリックし、標準の[色の選択]ダイアログから色を選択してください。パレットを右クリックすると、デフォルト色(白と黒)にリセットされます。

    鉛筆の色を変更 背景の色を変更
    色の変更

    角度:このパラメーターでは均一領域(エッジ部分や変化の激しい部分のない領域)をハッチングする際のストロークのピッチ角を指定することができます。そのような領域は、既定では45度で描かれます。設定可能な値は0~180度(5度きざみ)です。

    角度 = 45 角度 = 135 角度 = 90
    角度 = 45 角度 = 135 角度 = 90

    サイズ:このパラメーターではストローク サイズを設定します。パラメーターの値を小さくするとストロークは細くて硬くなり、値を大きくすると太くなりエッジがぼやけます。

    ストロークの太さ = 5 ストロークの太さ = 9
    ストロークの太さ = 5 ストロークの太さ = 9

    最小長/最大長:このパラメーターではストローク長の範囲を設定します。範囲を定義するためのスライダが2つあり、左のスライダは最小長を、右のスライダは最大長をそれぞれ設定します。変換後の鉛筆画は、ここで設定した範囲内に収まるストロークで描かれます。

    最小長の値を小さくすると、ストローク数が増え、イメージの詳細度が高まりますが、見た目は暗くなります。最小長の値を大きくすると、ストローク数が減り(最小長より短いストロークは描画されません)、見た目は明るく、滑らかになります。

    最大長の値を大きくすると、ハッチングの均一性が低くなります。パラメーターの値が大きいほど、ストロークは長くなりますが、値が大きすぎるとハッチングの精度が悪化する可能性があります。

    最小長/最大長 = 1/4 最小長/最大長 = 8/16
    最小長/最大長 = 1/4 最小長/最大長 = 8/16

    中間色の強度:このパラメーターでは中間色ストロークの強度を定義します。ストロークは力加減を変えて描画したように見えます。スライダを左へ移動すると、中間色ストロークは薄くなり、ぼやけた印象になります。スライダを右へ移動すると、中間色ストロークは太くなり、はっきりとした印象になります。

    中間色の強度 = 1 中間色の強度 = 10
    中間色の強度 = 1 中間色の強度 = 10

    中間色のハッチング:このパラメーターでは中間色領域のハッチングのレベルを定義します。スライダを左へ動かすと、ハッチングのレベルが低くなります。

    中間色のハッチング = 1 中間色のハッチング = 100
    中間色のハッチング = 1 中間色のハッチング = 100

 

[エッジ]タブには、エッジの描画に影響するパラメーターが含まれています。

    エッジの強度:エッジ部分と詳細部分の明暗度の調整を行う、エッジ設定に欠かせないパラメーターの1つです。低い値ではエッジが少なく、ディテールが低くなりますが、高い値ではエッジが増え、ディテールがより際立ちます。

    ディテール最小
    エッジの強度 = 0
    ディテール標準
    エッジの強度 = 50
    ディテール最大
    エッジの強度 = 100

    エッジのトレース : このチェックボックスは、明るさの変化がはっきりしない領域間の境界を検出するのに役立ちます。以下の2つのパラメーターを調整して、より効果的にツールを活用できます。

    • 感度:このパラメーターの値が大きいほど、色と色の変わり目がはっきりとし、エッジはハッチングではなく、ラインではっきりと描かれます。エッジを強調する場合は、大きい値を指定します。

      感度(低)
      感度 = 10 (エッジの幅 = 15)
      感動(高)
      感度 = 80 (エッジの幅 = 15)

    • エッジの幅:このパラメーターは、アウトラインの濃さを設定します。パラメーターの値が大きいほど、エッジは濃い線で描画されます。

      細いストローク線
      エッジの幅 = 10 (感度 = 70)
      太いストローク線
      エッジの幅 = 60 (感度 = 70)

 

[効果]タブ:

    水彩 (設定可能範囲は 0-50):このパラメーターを使用して、水彩画を作成できます。既定値は鉛筆画に相当する0に設定されています。スライダーを右に動かすと(パラメータ値を大きくすると)、湿った紙に描いたようにストロークがぼやけ、コントラストやディテールが弱まります。パラメーターの値が大きいほど、効果が強くなります。水彩画を作成するには、このパラメーターと [着色] を一緒に使用することをお勧めします。

    水彩 = 10
    水彩 = 10

    木炭 (設定可能範囲は 0-10):このパラメーターは描画の技法を鉛筆から木炭へ変更します。パラメーターの値が大きいほど、木炭の技法がより強く表れます。

    木炭 = 7
    木炭 = 7

    着色 (設定可能範囲は 0-100):この効果を使用すると、元のイメージに含まれる色情報を加えることができます(元のイメージがグレースケールでない場合)。既定値は0に設定されています。値を上げると、処理結果は元の写真との混合になります。

    着色 = 40
    着色 = 40

    にじみ (設定可能範囲は 0-30):輪郭線に影響を与えることなく、ミッドトーン領域のハッチング線をにじませます。この効果を使用すると、スタンプ ツール、紙、指などでインクをにじませたように見えます。既定値はにじみ効果のない 0 に設定されています。値が大きいほど、影の部分の見た目が変わり、影の部分が軟らかい黒鉛で描いたようになります。スケッチ画に、にじみがかった軟らかい質感のテキスチャを追加する簡単かつ短時間でできる方法と言えます。

    にじみ効果なし にじみ効果あり
    にじみ = 0 にじみ = 30

[追加効果]タブ:

    (設定可能範囲は 1-30):シャドウ(影)の部分を鮮明にします。

    影 = 1 影 = 30
    影 = 1 影 = 30

    ノイズ (設定可能範囲は 0-100):画像にノイズが追加されていきます。

    ノイズ = 10 ノイズ = 30
    ノイズ = 10 ノイズ = 100

    コントラスト (設定可能範囲は 0-100):ハイライト部分とシャドウ部分の差を大きくすることができます。

    コントラスト = 0 コントラスト = 100
    コントラスト = 0 コントラスト = 100

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法 — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法
   — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法 — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールとそのオプション — ツールとそのオプション
   — 背景効果 — 背景効果
   — スケッチ画にフレームを挿入 — スケッチ画にフレームを挿入
   — テキストの挿入  — テキストの挿入
   — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成 — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成
   — Sketchプリセット — Sketchプリセット
   — 環境設定  — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — チューリップの鉛筆画 — チューリップの鉛筆画
   — カラー スケッチ — カラー スケッチ
   — 漫画へのビデオの変形 — 漫画へのビデオの変形
   — Sketchのギャラリー — Sketchのギャラリー
   — 人物写真の鉛筆画 — 人物写真の鉛筆画
   — 水彩画 — 水彩画
   — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成 — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成
   — フレーム付きの白黒スケッチ — フレーム付きの白黒スケッチ
   — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に
   — 自己表現: 1分でスケッチする — 自己表現: 1分でスケッチする
   — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ
   — バラのバリエーション — バラのバリエーション
   — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる
   — タイムライン: 時間を止めちゃおう! — タイムライン: 時間を止めちゃおう!

 

Sketch v. 19.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー