AKVIS Sketchツールとそのオプション
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Sketch

ツールとそのオプション

 

AKVIS Sketchでは、アクティブなタブ、 [処理前]または[処理後]タブによって表示されるツールは異なります。

[処理前]タブ選択時のツールバー [処理後]タブ選択時のツールバー
[処理前]タブ選択時のツールバー [処理後]タブ選択時のツールバー

プログラム内のツールはグループ分けされています。事前処理 ([処理前] タブ)、 後処理 ([処理後] タブ)、 追加 ツール ([処理前][処理後] タブ)。

    ヒント:
    のボタンを使用して、以下のツールの操作のやり直し/取り消しができます。

事前処理ツール ( [処理前] タブ):

  • プレビュー :このボタンを使用して切り替えられるプレビュー ウィンドウには、点線で囲われた四角の枠で、 [オプション][装飾] タブで加えられた変更が表示されます。

    マウスクリックまたはダブルクリックによって、プレビュー ウィンドウの位置を自由に動かすことができます。これにより、効果のプレビューをイメージの様々な部分で確認することができます。自動変換の結果と元のイメージを比較するには、プレビュー ウィンドウでマウスをクリックしたままにします。

    プレビュー ウィンドウ
    プレビュー ウィンドウ

    プレビュー ウィンドウのサイズの変更は、プログラムの 環境設定で行うことができます。

  • ストロークの方向 :このツールを使うと、ストロークを自由にコントロールできるようになります。この技術により、全体の模様やテキストの方向が正しく修正され、本物のスケッチにより近い作品を作り出すことができます。

      注意:この機能は、Home Deluxe、Business版で、クラシック技法を選択している場合にのみ利用できます。

    このツールを使って、 誘導ラインを追加すると、プログラムはその方向に従って処理をしなおします。プレビューウィンドウ内に変更が表示されます。画像全体の処理を再開するには、 をクリックします。

    各ツールのオプションは、イメージを右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

      効果の範囲:誘導ラインの影響を受けて効果を適用する範囲(領域の幅)を設定するためのパラメーターです。パラメーターの値が大きいほど、より多くのハッチングが誘導ラインによって生成されます。

      [エッジを残す]チェックボックス:チェックボックスがオンの場合、ハッチングはエッジを無視せずに行われます。

    自動処理によるライン 誘導ライン 方向の変更
    自動処理によるライン 誘導ライン 方向の変更

      ヒント:誘導ラインを .direction ファイルに保存するには ボタン、さらに編集するために読み込む場合は ボタンを使用します。読み込んだ誘導ラインは、自動的にイメージのサイズに適用されます。

  • 効果領域 :このツールは、 スケッチ&写真 / スケッチ&ぼかし モードが [背景] タブで有効にされた場合にのみ使用できます。変換を行う領域を指定します。
  • 非効果領域 :このツールは、 スケッチ&写真 モードが [背景] タブで有効にされた場合にのみ使用できます。変換を行わず、元の状態を維持する領域を指定します。
  • ぼかし領域 :このツールは、 スケッチ&ぼかし モードが [背景] タブで有効にされた場合にのみ使用できます。ぼかす領域を指定します。
  • 消しゴム :このツールを使用し、鉛筆で描画したストロークやアウトラインを編集します。

    クラシック技法使用時に、 [スケッチ & 写真] / [スケッチ & ぼかし]を有効にすると、消しゴムツールが機能する範囲を次の範囲から設定できます。

      - すべてのライン(誘導ラインと領域ラインの両方を消します)
      - 領域ラインのみ (背景効果)
      - 誘導ラインのみ (ストローク方向)

    ペンや消しゴムの サイズ は、右クリックで表示されるポップアップボックスで変更することもできます。

後処理ツール (Deluxe/Business版の [処理後] タブ)

    注意:後処理ツール は、 Home Deluxe/Business ライセンスの [処理後] タブでのみ利用できます。最終処理段階で使用します。処理を再実行した場合 、後処理ツールを使用した編集が失われる場合があります!

各ツールのオプションは、イメージを右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

  • ペン ツール :このツールを使用して、結果画像上に線を描きます。このツールのストロークの色は、 [スケッチ] タブで指定された色と同じになります。

      サイズ (設定可能範囲は 1-50):ツールを使用して描く線の幅を指定します。

      硬さ (設定可能範囲は 0~100%) : ツールのエッジ部分の鮮明度を調整します。値が低いほど、ツールのエッジ部分はぼかしがかかったものになります。

      不透明度(設定可能範囲は1-100):鉛筆ツールを使用して描画されるストロークの不透明度を設定します。値が低いほど、ストロークの線は透明に近くなります。

      滑らかさ. 線のむらをなくします。このツールを使用したストロークのスムージングが行われます。

      線の微調整. ストロークの見た目を変更します。オプションを有効にすると、線の先端が細くなり、上品で洗練された印象を与えることができます。

    スケッチ効果 ペンツールを使用
    スケッチ効果 ペンツールを使用

  • 消しゴム は、プログラムが自動で生成したストロークと、 ツールを使用して描画したストロークの両方を消せます。背景色は、[オプション]タブで選択したものが使用されます。

      サイズ (設定可能範囲は 1-1000):消しゴムツールの透明なラインの幅を指定します。

      硬さ (設定可能範囲は 0-100):ブラシのエッジ(背景との境界部分)によるぼかしの程度を指定します。値が大きいほど境界部分はより鮮明になります。100%に近い値の場合、消しゴムツールを利用した領域と利用していない領域の境界がはっきり分かれて見えますが、低い値の場合、境界はぼやけてはっきりしなくなります。

      強度 (設定可能範囲は 1-100):ツールを適用する強度を指定します。値が高いほど、消しゴムツールの影響が大きくなり、背景が見えにくくなります。

    スケッチ効果 消しゴムの使用
    スケッチ効果 消しゴムの使用

  • 履歴ブラシ は、点描効果を弱め、画像を元の状態にレストアします。

    ツールのパラメーター:

      元のイメージにレストア:このチェックボックスがオンの場合、ツールによって、すべての変更が編集され、絵の効果や後処理ツールの効果を弱めます。チェックボックスがオフの場合は、ブラシ で描かれた部分にのみ適用(レストア)され、画像処理結果には適用されません。

      サイズ (設定可能範囲は 1-1000):ブラシで引くラインの最大幅を指定します。

      硬さ (設定可能範囲は 0-100):ツールのエッジ部分の鮮明度を調整します。値が低いほど、ツールのエッジ部分はぼかしがかかったものになります。値が100%の場合、ブラシのエッジと背景の境界がくっきり分かれますが、もっと低い値の場合は境界部分の色の移行がよりスムーズになり、ぼかしが強くなります。

      強度 (設定可能範囲は 1-100):オリジナルの状態へのレストアの度合いを指定します。低い値の場合は適用した効果とのブレンドが残りますが、100%に近い値の場合はオリジナルの画像に完全にレストアされます。

    スケッチ効果 履歴ブラシの使用
    スケッチ効果 履歴ブラシの使用

  • 切り取りツール (スタンドアロン版のみ) を使って、イメージ内の不要な部分を切り取ることができます。このツールは、イメージの構成を変更したい場合、曲がった写真を修整したり、縦長の写真を横長にしたり、その逆を行なったりするのに便利なツールです。

    切り取りは、フレームの枠や角をドラッグして行うことができます。

    結果を適用して、フレーム外の部分を切り取るには、 [OK] をクリックするか、Enterキーを使用します。操作をキャンセルして終了するには、 [キャンセル] をクリックするか、Escキーを使用します。ツールを有効にしたまま、元の状態に元すには、 [リセット] ボタンを押します。

    イメージの切り取り
    イメージの切り取り

    切り取りオプションを調整します。

      切り取り枠の大きさは、[比率]ドロップダウン リストから選択するか、ユーザー定義で比率を指定します。

      [外部領域]チェックボックスがオフの場合、外側の部分の色と不透明度を変更できます。

追加ツール (両方のタブで、すべてのライセンス対応で利用可能):

  • 手のひらツール は、画像を動かしてイメージウィンドウに表示されていない部分を表示できます。実際にツールを使用するには、画像上でクリックしたままドラッグして表示画像を動かします。この操作に対するホットキーは、Hキーです。

    ツールバー上にあるツールのアイコン をダブルクリックすると、イメージはウィンドウに合わせたサイズで表示されます。

  • ズームツール を使って画像の拡大/縮小を行います。クリックすると、ズームイン(拡大)します。クリックしながらAltキーも押すと、ズームアウトします。この操作に対するホットキーは、Zキーです。

    ツールのアイコン をダブルクリックすると、イメージが100%の倍率(実際の大きさ)で表示されます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法 — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法
   — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法 — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールとそのオプション — ツールとそのオプション
   — 背景効果 — 背景効果
   — スケッチ画にフレームを挿入 — スケッチ画にフレームを挿入
   — テキストの挿入  — テキストの挿入
   — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成 — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成
   — Sketchプリセット — Sketchプリセット
   — 環境設定  — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — チューリップの鉛筆画 — チューリップの鉛筆画
   — カラー スケッチ — カラー スケッチ
   — 漫画へのビデオの変形 — 漫画へのビデオの変形
   — Sketchのギャラリー — Sketchのギャラリー
   — 人物写真の鉛筆画 — 人物写真の鉛筆画
   — 水彩画 — 水彩画
   — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成 — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成
   — フレーム付きの白黒スケッチ — フレーム付きの白黒スケッチ
   — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に
   — 自己表現: 1分でスケッチする — 自己表現: 1分でスケッチする
   — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ
   — バラのバリエーション — バラのバリエーション
   — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる
   — タイムライン: 時間を止めちゃおう! — タイムライン: 時間を止めちゃおう!

 

Sketch v. 19.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー