写真からスケッチ画を作成 - AKVIS Sketch: 操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Sketch

操作方法

 

AKVIS Sketchを使用し、写真を鉛筆画に変換する場合は、次の手順に従って操作してください。

  • ステップ 1: イメージを開きます。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

    空のワークスペースをダブルクリックするか、コントロール パネル をクリックすると、[イメージを開く]ダイアログボックスが表示されます。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。

    AKVIS Sketchのスタンドアロン版では、BMPJPEGPNGTIFFおよびRAWファイル フォーマットをサポートしています。

    - プラグイン版で作業する場合:

    [ファイル] > [開く]コマンドを実行するか、Ctrl+O(Macでは +O)を同時に押し、お使いのフォトエディターでイメージを開きます。

    Adobe Photoshopの場合は、[フィルタ] > [AKVIS] > [Sketch]Corel Paint Shop Proの場合は、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [Sketch]Corel Photo-Paintの場合は、[効果] > [AKVIS] > [Sketch]をそれぞれ選択し、AKVIS Sketchプラグインを呼び出します。

  • ステップ 2: プログラムを最初に起動したときは、シンプルなインタフェースと最低限のツールだけである程度の結果を得られる簡易モードです。

    AKVIS Sketch ウィンドウ (簡易)
    AKVIS Sketch ウィンドウ (簡易)

    上級ユーザ用に、詳細モードも準備されています。コントロールパネル[詳細]をクリックしてモードを切り替えると、インタフェースが変わり、プログラムのすべての機能へのアクセスが可能になります。

    AKVIS Sketch ウィンドウ (詳細)
    AKVIS Sketch ウィンドウ (詳細)

    プログラムが開くと、プリセットの設定で自動的に鉛筆画に変換。 変換されたイメージはプレビュー ウィンドウ[処理前]タブに表示されます。

    クイックプレビューウィンドウ
    クイックプレビューウィンドウ

    イメージ全体を変換する場合は、 または [処理後]タブをクリックします。処理実行後は、イメージ上をクリックすると処理前と処理後を簡単に切り替えることができます。

    既定値
    既定値
  • ステップ 3: 写真を鉛筆画に変換する方法を選択します。変換方法は、クラシック または アーティスティックの2種類で、それぞれのパラメータを調整します。

      クラシックでは、カラーや白黒の鉛筆画がはっきりとした輪郭線で描かれます。主な特徴はその正確性です。完成イメージは、ハッチングを追加した輪郭線を主に使用して生成されたように見えます。 この技法は万能で、様々な目的に利用できますが、技術説明図、アーキテクチャー画像、その他詳細の鮮明度が必要な画像には特に適しているといえます。

      アーティスティックでは、プロの芸術家の作品のような表情豊かな絵を描くことができます。この技法では、クイック スケッチの作成と詳細で陰影のある鉛筆画の両方を作成できます。この技法の主な特徴は、ハッチングが使用可能であり、陰影や影が多様なことから自然なトーンの変化を与えることができるという点です。この技法を使用するには、よい写真が必要です。最もよい結果が得られるのは、写真がよい光のもとで撮影され、よいコントラストを持っている場合です。

    クラシック技法 アーティスティック技法
    クラシック技法 アーティスティック技法

  • ステップ 4: をクリックし、元の写真を新しい設定内容で鉛筆画に変換します。

    処理はリアルタイムで確認できます。処理を中断する場合は、進行度バーの右側の[停止]をクリックします。設定内容を調整後、処理を開始します。

  • ステップ 5: SketchHome DeluxeライセンスとBusinessライセンスでは(クラシック技法)、適用するストロークの方向を定義するツールも使用できます。

    ストロークの方向 : ツールを使って誘導ラインを描くと、それに沿ったストロークを用いてイメージを生成します。

    自動でストロークを適用 誘導ライン ストローク方向を変更
    自動でストロークを適用 誘導ライン ストローク方向を変更

    注意:

      このボタンをクリックすると、 [ストロークの方向] ツールで描かれた誘導ラインが.direction 拡張子で保存されます。
      保存されているガイドラインを読み込みます。

  • ステップ 6: [背景]タブでも設定を変更できます。[装飾]オプションの[キャンバス][フレーム][テキスト]を使用します。をクリックして処理を開始します。

    キャンバスに署名した絵
    キャンバスに署名した絵
  • ステップ 7: お好みの設定内容をプリセットとして保存し、後で使用することができます。プリセットは3つのタブ([背景]タブ以外)で共有されます。プリセットを保存するには、[プリセット]欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。今後、このプログラムを実行した際は、このプリセットの設定が使用されます。各種パラメータの値を変更した場合、[リセット]ボタンをクリックすることで、プリセットの初期設定に戻すことができます。

    プリセットを削除するには、一覧から目的のプリセットを選択し、[削除]をクリックします。

    プリセットを指定してイメージを処理するには、ドロップダウン メニューから選択し、 をクリックします。

  • ステップ 8: 高度なタイプのライセンスの場合(DeluxeBusiness)、タイムライン機能を利用することができます。

    最終結果よりも気に入ったイメージがある場合、マウスの左ボタンでそれをクリックします。ショットが、[処理後]に表示されます。

    最終結果に戻す場合は、タイムライン リストの最後のショットをクリックします。

    タイムライン ショット
    タイムライン ショット

    プログラムの環境設定で、ショット数を設定することができます。

  • ステップ9: Home Deluxe/Businessのみ:

    後処理ツール: 鉛筆ツール 消しゴムツール 履歴ブラシ

      注意! [処理前]タブに切り替えて(戻って)処理を実行すると、このツールで加えた変更はすべて失われます!

  • ステップ10: 切り取りツール : 画像の一部を切り取ることができます。不要な部分を取り除いたり、焦点を鮮明にしたり、正方形を長方形に(またはその逆)にしたりできます。

    切り取り
    切り取り
  • ステップ11: ソーシャルネットワークに画像を投稿することができます ()。

    AKVIS Sketch のスタンドアロン版では、イメージを印刷することができます。印刷するには、 をクリックして。

  • ステップ 12. 処理したイメージを保存します。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

    をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類(TIFFBMPJPEGPNG)を選択し、保存先フォルダーを選択します。

    - プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。AKVIS Sketchプラグインが終了し、フォトエディターのワークスペースにイメージが表示されます。

    [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行ないます。

    鉛筆画
    鉛筆画
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法 — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法
   — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法 — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールとそのオプション — ツールとそのオプション
   — 背景効果 — 背景効果
   — スケッチ画にフレームを挿入 — スケッチ画にフレームを挿入
   — テキストの挿入  — テキストの挿入
   — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成 — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成
   — Sketchプリセット — Sketchプリセット
   — 環境設定  — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — チューリップの鉛筆画 — チューリップの鉛筆画
   — カラー スケッチ — カラー スケッチ
   — 漫画へのビデオの変形 — 漫画へのビデオの変形
   — Sketchのギャラリー — Sketchのギャラリー
   — 人物写真の鉛筆画 — 人物写真の鉛筆画
   — 水彩画 — 水彩画
   — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成 — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成
   — フレーム付きの白黒スケッチ — フレーム付きの白黒スケッチ
   — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に
   — 自己表現: 1分でスケッチする — 自己表現: 1分でスケッチする
   — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ
   — バラのバリエーション — バラのバリエーション
   — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる
   — タイムライン: 時間を止めちゃおう! — タイムライン: 時間を止めちゃおう!

 

Sketch v. 19.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー