チュートリアル: AKVIS Sketchのワークスペース
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Sketch

ワークスペース

 

AKVIS Sketchは、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディターのプラグインとしても使用できます。

  • スタンドアロン は独立したプログラムでプログラムのアイコンをクリックして開くことができます。

    スタンドアロン版を起動する方法:

      Windows コンピューターの場合: [スタート] メニューまたはプログラムのショートカットを使用します。

      Macintosh コンピューターの場合: [アプリケーション] フォルダーからアプリを起動します。

  • プラグイン は、Photoshop等の フォトエディターのアドオンとして動作します。

    プラグイン版を呼び出すには、イメージエディターのフィルターから選択します。

ワークスペースの配置は、 コントロールパネルで選択した編集モードによって異なります。編集モードには、簡略モード詳細モードがあります。

簡略モード のインタフェースは非常にシンプルになっています。最低限のツールだけである程度の結果を短時間で得ることができます。

AKVIS Sketch のワークスペース(簡略モード)
AKVIS Sketch のワークスペース(簡略モード)

詳細モード では、プログラムのすべての機能を利用できます。 [オプション][背景][装飾]の各タブにあるすべてのパラメーターやツールを利用できます。

注意:すべての機能とパラメーターは、簡略モードで使用できます。隠されているもの、デフォルト値を使用するもの、特定のプリセットの値を使用するものなどがあります。

AKVIS Sketch のワークスペース(詳細モード)
AKVIS Sketch のワークスペース(詳細モード)

プログラム ウィンドウの左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理後]タブには変換後の鉛筆画が表示されます。タブを切り換えて、変換後のイメージと元のイメージを比較する場合は、イメージ上の任意のポイントをクリックしてください。

ウィンドウ上部には、以下のボタンを含むコントロール パネルがあります。

  • : AKVIS Sketchのホームページに移動します。
  • : イメージを開きます(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Oキー、Mac OS の場合+Oキーです。

    このボタンを右クリックすると、最近使用したファイルの一覧が表示されます。表示するファイル数をプログラムの[環境設定]で変更することもできます。

  • : 処理したイメージをディスクに保存します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Sキー、Mac OS の場合+Sキーです。
  • : イメージを印刷します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Pキー、Mac OS の場合+Pキーです。
  • : プログラムから、Twitter、Facebook、Google+、Dropbox等のソーシャル ネットワークに写真を投稿して共有できます。
  • ボタン(スタンドアロン版のみ) : 画像をまとめて自動変換できるバッチ処理ダイアログを開きます。
  • : プリセット一覧をインポートします(.sketchファイルから)。
  • : プリセットをエクスポートします(プリセットとはユーザーが保存しておいたイメージ処理に使用する各種設定)。プリセットは拡張子.sketchの別ファイルに保存できます(保存可能なプリセット数に制限はありません)。
  • / : 誘導ラインや効果領域のアウトラインの表示を切り替えます。
  • : 保存されている誘導ライン( .direction ファイル)を読み込みます。
  • : 誘導ラインを .direction 拡張子のファイルに保存します。
  • : ライン(誘導ラインや背景の効果領域ライン)による最後の操作を取り消します。連続した複数の操作を取り消すことができます。この操作に対するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Zキー、Mac OS の場合+Zキーです。
  • : 最後に取り消した操作をもう一度やり直します。連続した複数の操作をやり直すことが可能です。この操作に対するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Yキー、Mac OS の場合+Yキーです。
  • 元のイメージを現在のパラメーター値で鉛筆画に変換する処理を開始します。処理後の画像が[処理後]タブに表示されます。
  • : 変換結果をイメージに適用し、プログラムを閉じます(プラグイン版のみ)。
  • : バージョン情報を開きます。
  • : ヘルプファイルを呼び出します。この操作に対するホットキーは、F1キーです。
  • : プログラムの環境設定を変更するための[環境設定]ダイアログボックスを開きます。

詳細モードのメイン ウィンドウの左側には、 ツールバーがあります。アクティブなタブ、 [処理前] または [処理後]タブによって表示されるツールは異なります。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するには ナビゲーターを使用します。ナビゲーターの赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。赤枠をドラッグすると画像の表示領域を変更できます。赤枠を移動させるには、マウスをクリックしたままカーソルをドラッグします。

ナビゲーション ウィンドウ
ナビゲーター

さらに、スクロールバーの使用、キーボードのスペースバーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrl (Macintoshでは )を押しながらの場合は左右に動き、Altキー (Macintoshでは Option)を押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーまたは を使用し、イメージウィンドウ内のイメージを拡大/縮小できます。 をクリックするか、スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、拡大/縮小率の欄に値を入力して、Enter(Macintoshでは Return)キーを押し、イメージの倍率を変更できます。よく使用する倍率の値はドロップダウンメニューにも用意されています。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。+またはCtrl++キー(Macintosh の場合は++キー)で拡大し、-またはCtrl+-キー(Macintoshの場合は+-キー)で縮小します。

 

ナビゲーターの下にある 設定パネルでは、写真からスケッチ画への変換技法(クラシック/アーティスティック)を選択し、パラメーターを設定します。

設定パネル には、設定に関する3つのタブ、オプション背景装飾があります。

  • [オプション]タブでは、選択した技法を使って、写真から鉛筆画へ変換するための各種設定を調整できます。
  • [背景]タブでは、イメージ内のぼかす領域とぼかさずに元の状態のままにする領域を指定できます。
  • [装飾]タブでは、画像にテキストを追加したり、キャンバスを変更したり、フレームを適用したりできます。

 

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。現在の設定は保存だけでなく、編集や削除もできます。プログラムの起動時には、最後に使用したプリセットが使用されます。

注意:[スケッチ][装飾]の2つのタブの情報のみ、プリセットとして保存でき、[背景]タブの情報は保存できません。

設定パネル の下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合に ヒント が表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定はプログラムの環境設定で行うことができます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法 — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法
   — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法 — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールとそのオプション — ツールとそのオプション
   — 背景効果 — 背景効果
   — スケッチ画にフレームを挿入 — スケッチ画にフレームを挿入
   — テキストの挿入  — テキストの挿入
   — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成 — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成
   — Sketchプリセット — Sketchプリセット
   — 環境設定  — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — チューリップの鉛筆画 — チューリップの鉛筆画
   — カラー スケッチ — カラー スケッチ
   — 漫画へのビデオの変形 — 漫画へのビデオの変形
   — Sketchのギャラリー — Sketchのギャラリー
   — 人物写真の鉛筆画 — 人物写真の鉛筆画
   — 水彩画 — 水彩画
   — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成 — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成
   — フレーム付きの白黒スケッチ — フレーム付きの白黒スケッチ
   — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に
   — 自己表現: 1分でスケッチする — 自己表現: 1分でスケッチする
   — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ
   — バラのバリエーション — バラのバリエーション
   — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる
   — タイムライン: 時間を止めちゃおう! — タイムライン: 時間を止めちゃおう!

 

Sketch v. 19.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー