AKVIS Sketch: 水彩画
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Sketch

水彩画

 

この例では、AKVIS Sketch プラグインを使用して水彩画を作成する方法を紹介します。

    処理前 処理後
  • ステップ 1. フォト エディタで写真を開いて、AKVIS Sketch プラグインを呼び出します。

    ボタンをクリックして、初期設定のまま変換処理を実行します。

  • ステップ 2. [サイズ] パラメータと [中間調の強度] パラメータの値を低くして、もう一度 ボタンをクリックします。ディテールが細い描画線で描かれ (特に、髪の部分に効果が現われています)、顔と背景が滑らかな印象に変わります。
    鉛筆画: 細くて硬い描画線
  • ステップ 3. ここで、水彩画の効果を追加してみましょう。水彩画の特徴は、弱い描画線、ぼやけたエッジ部分、および透明色にあります。これらの効果を追加するには、[効果] フィールドの [水彩画] パラメータ (初期設定値は 0) を調整します。高い値を指定するほど、描画線がぼやけ、ディテールが弱まります。ここでは、このパラメータの値を 10 に設定しています。
    水彩画
  • ステップ 4. あごのラインがぼやけてしまったため、[サイズ] パラメータと [シャープ エッジ] パラメータの値を高くして、ラインをはっきりさせます。
    Sharpen the contours
  • ステップ 5. [色] パラメータの値を 80 程度まで上げて、色の効果を追加します。
    色の効果
  • ステップ 6. ボタンをクリックします。変換結果が適用され、プラグイン ウィンドウが閉じます。
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法 — 写真からスケッチ画を作成:クラシック技法
   — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法 — 写真からスケッチ画を作成:アーティスティック技法
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールとそのオプション — ツールとそのオプション
   — 背景効果 — 背景効果
   — スケッチ画にフレームを挿入 — スケッチ画にフレームを挿入
   — テキストの挿入  — テキストの挿入
   — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成 — キャンバス描画したようなスケッチ画を作成
   — Sketchプリセット — Sketchプリセット
   — 環境設定  — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — チューリップの鉛筆画 — チューリップの鉛筆画
   — カラー スケッチ — カラー スケッチ
   — 漫画へのビデオの変形 — 漫画へのビデオの変形
   — Sketchのギャラリー — Sketchのギャラリー
   — 人物写真の鉛筆画 — 人物写真の鉛筆画
   — 水彩画 — 水彩画
   — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成 — 静かな入り江: 風景写真から水彩画を作成
   — フレーム付きの白黒スケッチ — フレーム付きの白黒スケッチ
   — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に — 友人とカフェで:その一瞬をスケッチ画に
   — 自己表現: 1分でスケッチする — 自己表現: 1分でスケッチする
   — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ — 艶のあるリンゴ: プロさながらのタッチ
   — バラのバリエーション — バラのバリエーション
   — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる — Sketchでスムージングテクニックを使ってみる
   — タイムライン: 時間を止めちゃおう! — タイムライン: 時間を止めちゃおう!

 

Sketch v. 19.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー