AKVIS Chameleon: 混合モード
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Chameleon

混合モード

 

AKVIS Chameleonには、モンタージュ、カメレオン、混合、エマーションの4つのコラージュモードが用意されています。

混合モードでは、プログラムは、貼り付けたフラグメントの境界部分をスムーズにしたり、色範囲を調整するだけでなく、フラグメントを半透明にすることで、テクスチャおよび優先イメージのリリーフを透過にします。このモードは、貼り付けたイメージを背景に「溶け込ませる」場合に使用します。
背景イメージ 前面表示のイメージ 結果
ソースイメージ 結果

AKVIS Chameleon混合モードを使用してモンタージュを作成するには、以下の作業を行います。

  • ステップ1: [ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されるのは、空のワークスペースをダブルクリックするか、コントロール パネルの次のボタンをクリックした時です。背景イメージを開く場合は、コラージュのフラグメントを含むイメージを開く場合はをそれぞれクリックします。
    背景 コラージュに使用するイメージ
  • ステップ2: 設定パネルのドロップダウンメニューから混合モードを選択します。
  • ステップ3: ツールボックス変形ツール を使用し、背景イメージ上に貼り付けたフラグメントオブジェクトのサイズ、アングル、位置を変更します。

    フラグメントをより正確な位置に配置するために、透過度パラメータを調整します。

    コラージュの調整
  • ステップ4: 必要に応じ、 ツールなどを使ってエッジの編集を行います。
    ストロークの描画
  • ステップ5: 輪郭部分が正確ではない選択の場合、滑らかな遷移 パラメータを使用します。このパラメータは、イメージにストロークが存在する場合にのみ機能します。このオプションを無効にした場合、アンチエイリアス処理は赤いストロークの境界に沿ってのみ行われます。このオプションを有効にした場合、アンチエイリアス処理は赤いストロークと青いストロークの間のエリア全体に行われます。遷移の滑らかさは、赤と青の各ストロークの間の距離によって異なります。赤と青の各ストロークの間の距離が長いほど、遷移は滑らかになります。

    注意:

    このパラメータの使用には、注意が必要です。フラグメントに突出した部分がある場合、このパラメータを有効にした時に、その部分にぼかしがかかってしまうことがあります。

  • ステップ6: をクリックし、コラージュ処理を開始します。変換結果は[処理後]タブに表示されます。
    フォトコラージュ: 混合モード
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — ツールバー — ツールバー
   — 環境設定 — 環境設定
モンタージュ モンタージュ
   — フォトハンティング — フォトハンティング
   — 不思議の国 — 不思議の国
カメレオン カメレオン
   — 航海-夕暮れをこえて — 航海-夕暮れをこえて
   — 少女の新しい目 — 少女の新しい目
   — タトゥーに挑戦 — タトゥーに挑戦
   — フライング ダッチ — フライング ダッチ
   — サバンナの象 — サバンナの象
   — 遺跡の復元 — 遺跡の復元
   — 白鳥の湖 — 白鳥の湖
混合モード 混合モード
   — ウッドペインティング — ウッドペインティング
   — ポストカードの作成 — ポストカードの作成
   — バレンタインデー カード — バレンタインデー カード
   — 幻想的なコラージュ — 幻想的なコラージュ
エマーション エマーション
   — グラフィティ アート — グラフィティ アート
   — かごの中の小鳥 — かごの中の小鳥

 

Chameleon v. 9.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー