AKVIS Chameleonを使用してコラージュを作成するに: 操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Chameleon

操作方法

 

AKVIS Chameleonを使用してコラージュを作成するには、以下の作業を行います。

  • ステップ1: AKVIS Chameleonのスタンドアロン版を 実行するか、フォトエディタを開きます(AKVIS Chameleonのプラグイン版で作業する場合)。
  • ステップ2: 2つのイメージを開きます。まず、コラージュ用の背景に使用するイメージを開き、次に、コラージュになるフラグメントを含むイメージを開きます。

    背景イメージ

    コラージュになる部分を含むイメージ(前面に表示)

    背景イメージ コラージュになる部分を含む
    イメージ(前面に表示)

    - プラグイン版で作業する場合:

      [ファイル] > [開く]コマンドを実行するか、Ctrl+O キー(Macintoshでは +O)を使用して、お使いのフォトエディタでイメージを開きます。

    - スタンドアロン版で作業する場合(BMP、JPEG、PNG、TIFF形式のファイル):

      [ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されるのは、空のワークスペースをダブルクリックするか、コントロール パネルの次のボタンをクリックした時です。背景イメージを開く場合は 、コラージュのフラグメントを含むイメージを開く場合は をそれぞれクリックします。

      ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます(背景イメージのみ)。

  • ステップ3: プラグイン版のみの作業
    フォトエディタの 選択ツールを使用し、フラグメントを選択します。
    フォトエディタでの選択
  • ステップ4: プラグイン版のみの作業
    ご使用のフォトエディタの[フィルタ] [AKVIS] > [Chameleon - Grab Fragment]を選択します。

    Adobe Photoshopの場合 は、[Filter] > [AKVIS] > [Chameleon - Grab Fragment]、Corel Paint Shop Pro Photoの場合 は、[Effects] > [Plugins] > [AKVIS] > [Chameleon - Grab Fragment]をそれぞれ選択します。

    操作が正しく行われたら、選択したオブジェクトがクリップボードにコピーされたことを示すメッセージが表示されます。

  • ステップ5: プラグイン版のみの作業
    背景に使用するイメージに切り替えます。

      注意: 処理後のイメージは1つに結合されるので、レイヤーを複製しておくとよいでしょう。

    [フィルタ] > [AKVIS] > [Chameleon - Make Collage]を呼び出します。

    Adobe Photoshopの場合は、[フィルタ] > [AKVIS] > [Chameleon - Make Collage]、Paint Shop Proの場合は、[Effects] > [Plugins] > [AKVIS] > [Chameleon - Make Collage]を選択します。

    AKVIS Chameleonのウィンドウが開きます。このウィンドウには、背景イメージと貼り付けたオブジェクトが含まれています。

    Images in Plugin

    注意:

    フォトエディタで選択し、プラグイン版に転送された設定はでChameleon ツール編集できます。

    注意:

    プラグイン版使用時にステップ3と4を行わなかった場合、最後にAKVIS Chameleonで使用したフラグメントが挿入されます。
    プラグインのフラグメントの変更は、 をクリックして行うこともできます。

  • ステップ6: 設定パネルのドロップダウンメニューから目的のコラージュモード(モンタージュカメレオン混合エマーション)を選択します。
    • モンタージュモード: モンタージュモードでは、プログラムは複数のイメージを結合し、継ぎ目のないモンタージュを作成します。オブジェクトを新しい背景に転送して、貼り付けたフラグメントの無関係な部分を混合します。オブジェクトの色範囲や透過度は変更されません。このモードは、人を使ったフォトコラージュの作成に適しています(人を別の背景に貼り付けるなど)。
    • カメレオンモード: カメレオンモードでは、プログラムは、挿入されたオブジェクトを相手先イメージの色範囲に調整し、オブジェクトの境界部分をスムーズにします。これは、カメレオンが回りの環境に溶け込むのに似ています。
    • 混合モード: 混合モードでは、プログラムは、貼り付けたフラグメントの境界部分をスムーズにしたり、色範囲を調整するだけでなく、フラグメントを半透明にすることで、テクスチャおよび優先イメージのリリーフを透過にします。このモードは、貼り付けたイメージを背景に"溶け込ませる"場合に使用します。
    • エマーションモード: エマーションモードは、モンタージュモードのように、プログラムは複数のイメージを結合し、継ぎ目のないモンタージュを作成します。2つの違いは、エマーションモードでは、貼り付けられたフラグメントが背景にオーバレイされず、背景に組み込まれるため、フラグメントの特定の部分のみが可視状態になります。このモードでは、複雑なオブジェクト(木など)のモンタージュ作製ができます。
    注意: エマーションモードでは正確に選択することが重要です。フラグメントのエッジの処理が必要な場合は、メインイメージに挿入する前に行います。
     モンタージュ モード カメレオン モード
    モンタージュ モード カメレオン モード
     混合モード  エマーション モード
    混合モード エマーション モード
  • ステップ7: ツールバー変形ツール を使用し、背景イメージ上に貼り付けたフラグメントオブジェクトのサイズ、位置、および回転を変更します。
    フラグメントの位置とサイズの変更

    (Tキー)を押すと、挿入したフラグメントに点線の枠が表示され、設定パネルに変形パラメータが表示されます。

    オブジェクトのサイズを変更するには、カーソルを点線の枠に移動します。カーソルが (両方向矢印)に変化します。左マウスボタンを押したまま、フラグメントのサイズを大きく、または小さくします。またW(幅)およびH(高さ)パラメータを変更することでイメージの大きさを変更できます。

    WHのパラメータの間には、比率サイン / があります。このオプションを有効 にすると、大きさの変更は同じ比率で行われ、無効 にすると、設定したパラメータ値になります。マイナスの数値がWHに入力されると、上下または左右にイメージが反転します。

    オブジェクトを回転するには、カーソルを角度ポインタに合わせます。カーソルが (円状の2つの両方向矢印)に変化します。設定パネルA(角度)パタメータに値0~360を設定し、オブジェクトを回転することができます。

    オブジェクトを移動するには、カーソルをオブジェクト上に移動します。カーソルが (十字)に変化します。左クリックしたまま、オブジェクトを移動します。

  • ステップ8: 背景画像にフラグメントを正確に配置するためには、[ガイドライン]オプションを使用します。
    水平方向と垂直方向のそれぞれのガイドラインが、正確に位置を指定する際、役立ちます。処理後の画像には、これらガイドラインは表示されません。
    ガイドライン
    ガイドライン

    ガイドラインを表示するには、コントロールパネルの ボタンをクリックします。クリックすると、イメージ ウィンドウの端にメモリが表示されます。いずれかのメモリの上にカーソルを移動させ、クリックしたまま、画像の中心付近にカーソルを移動させます。カーソルと共に青い線も変化します。希望の位置でクリックを解除します。

    ガイドラインの幅を変更する場合、ガイドライン上でカーソルが に変化したら、マウスをクリックしたまま希望の幅になるようドラッグします。ガイドラインが不要な場合、イメージウィンドウの外にドラッグすると、ガイドラインを削除できます。

      注意: ガイドラインを使った作業は、[処理前]タブで[変形」]ツールが有効な場合にのみ行うことができます。

    ボタン上で右クリックすると、[ガイドライン]メニューが表示され、視覚化パラメータを設定できます。

    [ガイドライン]メニューが表示され
    • メモリ: 有効にすると、イメージ ウィンドウの端にメモリが表示されます。メモリを右クリックすると、メモリン単位(ピクセル、インチ、センチメートル等)を選択できます。
    • ガイドライン: 有効にすると、最後に使用したガイドラインが表示されます。無効にした場合、ガイドラインは表示されず、新たに作成することもできません。
    • スナップ: 有効にすると、フラグメントのノードはガイドラインが移動しても、ガイドラインにくっついたままになります。
    • ガイドラインを固定: 有効にすると、ガイドラインの一を変更することはできません。
    • ガイドラインを削除: 有効にすると、すべてのガイドラインが削除されます。
  • ステップ9: フラグメントをより正確な位置に配置するために、[透過度]パラメータを調整します。このパラメータは補助的なもので最終結果には影響しません。パラメータの値は0%、25%、50%、75%、100%を設定することができます。100%を設定した場合、貼り付けられたオブジェクトは不透明になります。パラメータの値が低いほど、フラグメントはより透明になります。
    正確な位置付けのために[透過度]パラメータを使用
    透過度 = 50%
  • ステップ10: 以下のツールを使用して、コラージュに使用するフラグメントを選択し、イメージの不要部分を削除します。
    • 維持領域ツール : このツールを使用し、フォトコラージュの一部に含めるフラグメント領域のアウトラインを描きます。
      例えば、人物像を残したい場合は、青色ペンでアウトラインを描画します。キーボードのKを押すことで、このツールをアクティブにできます。
    • 削除領域ツール : このツールを使用して、フラグメントの不要部分(削除したい部分)のアウトラインを描きます。 キーボードのDを押すことで、このツールをアクティブにできます。
    • 消しゴム ツール : このツールを使用して、描画したアウトラインを削除します。キーボードのEを押すと、このツールがアクティブになります。
    フラグメントを選択し

    線を描画するには、 または を使用します。カーソルがイメージの目的の位置にある状態で、左マウスボタンを押したまま、マウスを移動させて線を描画します。 まっすぐな線を描くには、Shiftキーを押したまま線を描きます。

    線(ストローク)を消すには、 を使用します。消すストロークの端をクリックしたまま、ドラッグして線を消します。ツールのサイズは、設定パネル消しゴム サイズパラメータで変更できます。

  • ステップ11: をクリックし、コラージュ処理を開始します。変換結果は[処理後]タブに表示されます。

    満足のいく結果でない場合、[処理前]タブに切り替えます。 ボタンをクリックして、修正を行います。

  • ステップ12: コラージュで使用するためのフラグメント(パラメータ)を保存できます。

    コントロール パネル をクリックし、フラグメントとストロークの保存ダイアログボックスでファイル名を入力し、保存先フォルダを選択して、ファイルを保存します。

    フラグメントは、.chameleonFragment拡張子付きで保存されます。ファイルには、フラグメントの位置、設定、描かれた輪郭が含まれます。

    ボタンで保存したフラグメントを開き、[フラグメントとストロークの読み込み]ダイアログボックスから保存されたフラグメントを開きます。

  • ステップ13: プラグイン版のみ: をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。
  • ステップ14: 処理したイメージを保存します。

    - プラグイン版で作業する場合:

      [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンド、または Shift+Ctrl+Sを同時に押し、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類を選択し、保存先フォルダを指定します。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

      をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類(TIFF、BMP、JPEG、PNG)を選択し、保存先フォルダを選択します。

  • ステップ15: AKVIS Chameleonのスタンドアロン版では、イメージを印刷することができます。印刷するには、 をクリックして、[印刷]ダイアログボックスで印刷設定を調整し、[印刷]ボタンをクリックしてください。
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — ツールバー — ツールバー
   — 環境設定 — 環境設定
モンタージュ モンタージュ
   — フォトハンティング — フォトハンティング
   — 不思議の国 — 不思議の国
カメレオン カメレオン
   — 航海-夕暮れをこえて — 航海-夕暮れをこえて
   — 少女の新しい目 — 少女の新しい目
   — タトゥーに挑戦 — タトゥーに挑戦
   — フライング ダッチ — フライング ダッチ
   — サバンナの象 — サバンナの象
   — 遺跡の復元 — 遺跡の復元
   — 白鳥の湖 — 白鳥の湖
混合モード 混合モード
   — ウッドペインティング — ウッドペインティング
   — ポストカードの作成 — ポストカードの作成
   — バレンタインデー カード — バレンタインデー カード
   — 幻想的なコラージュ — 幻想的なコラージュ
エマーション エマーション
   — グラフィティ アート — グラフィティ アート
   — かごの中の小鳥 — かごの中の小鳥

 

Chameleon v. 9.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー