AKVIS Chameleonのチュートリアル。 遺跡の復元。

遺跡の復元

イメージから別のイメージへとオブジェクトを転送するだけではなく、同一のイメージ内でオブジェクトを操作することもできます。

次の写真は、大昔の廃墟です。下のほうに、破壊された円柱の土台が2つあります。ここに、3つめの土台を、もともとあったかのように設置してみましょう。

Photo with ancient ruins Add a new column
元の写真 結果
遺跡のイメージ

新しい円柱の土台をつくるために、 既存の土台を利用します。 前面の土台を選択し。 [Effects]メニューから AKVIS -> Chameleon – Grab Fragment を選択して、フラグメントをクリップボードにコピーします。

オブジェクトを選択

背景写真に切り替えます。[Effects]メニューから AKVIS -> Chameleon - Make Collage を選択します。 AKVIS Chameleon のウィンドウが開かれます。

ツールボックスから変形ツール を選択して、貼り付けたオブジェクトの位置を調整します。

ボタンをクリックして、コラージュ処理を開始します。 結果は、処理後タブに表示されます。

ボタンをクリックすると、結果が適用され、プラグイン ウィンドウが終了します。

最終画像

 

Chameleon v. 10.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード