AKVIS Chameleonのチュートリアル。サバンナの象。

サバンナの象

ここに、象の住むサバンナの写真があります。前面にもう一頭の象をおきたいのならば、AKVIS Chameleon を使用しましょう。丸太から落ちるくらい簡単です。

サバンナの写真

まず、写りのよい象を見つけましょう。象の輪郭をとるときは、影も忘れずに入れましょう。

象の写真

ご使用のフォトエディタの[Effects]メニューから AKVIS -> Chameleon - Grab Fragmentを選択して、フラグメントをクリップボードにコピーします。

背景写真に切り替えます。[Effects]メニューから AKVIS -> Chameleon - Make Collage を選択します。

AKVIS Chameleonプラグイン ウィンドウが開かれ、背景イメージとフラグメントがワークスペースの[処理前]タブに表示されます。

被写体の影が同じ方向になるように、挿入した象を水平方向に反転させます (変形ツール )。貼り付けたオブジェクトの位置を調整します。

ボタンをクリックして、コラージュ処理を開始します。 結果は、処理後タブに表示されます。

ボタンをクリックすると、結果が適用され、プラグイン ウィンドウが終了します。

新しい象が周囲になじみ、自然な景色を織りなします。

象の新しい写真

 

Chameleon v. 10.2 - 10日間の評価期間    ダウンロード