デジタル画像に自然現象を追加します。操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS NatureArt

操作方法

 

AKVIS NatureArt は、驚くような仕方で自然現象を写真に追加します。ゼロから自然の風景を作成することもできます。

イメージに自然現象の効果を与えるには、以下の作業を行います。

  • ステップ 1: AKVIS NatureArtのスタンドアロン版を実行するか、フォトエディターを開きます (AKVIS NatureArtのプラグイン版で作業する場合)。
  • ステップ 2: イメージを開きます。

    - プラグイン版で作業する場合:

    お使いのフォトエディターでイメージを開くには、 [ファイル] > [開く] コマンドを実行するか、ホットキーであるCtrl+O(Mac OS の場合は+O) キーを押して拡大率を変更することもできます。

    AKVIS NatureArt プラグインを呼び出します。Adobe Photoshop の場合は、[フィルター] >[AKVIS] > [NatureArt]、Corel Paint Shop Pro の場合は、[Effects] > [Plugins] > [AKVIS] > [NatureArt] を選択します。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    空のワークスペースをダブルクリックするか、コントロール パネル をクリックすると、[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。

    AKVIS NatureArt のスタンドアロン版は、JPEGRAWPNGBMPTIFF の各ファイル形式をサポートしています。

    ソースイメージ
    元の写真のまま
  • ステップ 3: 設定パネルで効果を選択します。

    利用できる自然現象の効果は、太陽稲光オーロラの10種類です。ベースとなるこれらの効果を使用しさらに多くの自然現象を作成できます。たとえば、雨効果で雪を、太陽効果で月や星を作り出すことなどもできます。

    の効果は、Home Deluxe および Business ライセンスでのみ利用可能です。

  • ステップ 4: 効果を適用する範囲を指定します。各効果には、それぞれこのためのツールがあります。

    ヒント: ツールのサイズを変更するには、イメージ ウィンドウ内を右クリックして表示されるポップアップ ウィンドウを利用します。まっすぐな線を描く場合は、Shiftキーを使用します。

    方向補助線
    方向補助線

    選択範囲の表示方法の設定は、プログラムの環境設定 で行うことができます。

    選択範囲の大きさと位置を変更するには、変形ツール を使用します。

    Shiftキーを押すと、選択範囲の比率を維持することができます。Altキーを押すと、5度ずつ回転、または、中心から拡大/縮小することができます。

    選択範囲の変形
    選択範囲の変形

    選択範囲や方向補助線を *.nature ファイルに保存するには を使用し、読み込むには を使用します。

  • ステップ 5: をクリックしてイメージ処理を開始します。

    ヒント:

    環境設定自動実行モードを有効にすると、自動的に変更が適用されます。プリセットの選択や効果パラメーターの調整を行う場合に役立ちます。

    イメージの処理が実行され、結果が[処理後]タブに表示されます。

    効果の追加: AKVIS Default Preset
    稲妻効果のでデフォルト設定
  • ステップ 6: 設定パネルの効果のパラメーターを変更して異なる処理結果を得ることができます。

    設定の調整
    設定の調整
  • ステップ 7: さらに、[処理後]タブの履歴ブラシ を使って、仕上げや微調整を行うことができます。 このツールは Home Deluxe および Business ライセンスでのみ利用可能です。適用した効果の領域変更や効果の強度の変更、効果を弱めたり、画像を元の状態にレストアしたりできます。

      注意: [処理前]タブに切り替えて、 ボタンをクリックすると、履歴ブラシでの編集内容が失われてしまいます。

    ツールのパラメーターの変更は、 イメージを右クリックした場合に表示されるポップアップメニューで行ないます。

      - サイズ (設定可能範囲は 1-500): ツールの直径を設定できます。

      -硬さ (設定可能範囲は 0-100%): ツールのエッジ部分の鮮明度を調整します。値が低いほど、ブラシのエッジ部分はぼかしがかかったものになります。

      - 強度 (設定可能範囲は 1-100%): オリジナルの状態へレストアする度合いを指定します。

    稲妻の効果 履歴ブラシを使用して、初期状態へレストア
    稲妻の効果 履歴ブラシ使用

  • ステップ 8: 変更した効果の設定で満足の行く結果が得られた場合、それらをプリセットとして保存し、後で使用できます。

    プリセットを保存するには、 [プリセット]欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。今後、このプログラムを実行した際は、このプリセットの設定が使用されます。各種パラメーターの値を変更した場合、[リセット]ボタンをクリックすることで、プリセットの初期設定に戻すことができます。プリセットを削除するには、一覧から目的のプリセットを選択し、[削除]をクリックします。

    自動実行モードが無効になっている場合、プリセットを指定してイメージを処理するには、ドロップダウン メニューから選択し、 をクリックします。

  • ステップ 9: 処理画像を共有するには、 をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧が表示されます。Twitter、Flickr、Google+、Dropbox 等ソーシャル ネットワークに写真を公開することができます。

    スタンドアロン版では、 印刷 を行うこともでき、その場合は、 をクリックします。

  • ステップ 10: 処理したイメージを保存します。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFFBMPJPEGPNG) を選択し、保存先フォルダーを選択します。

    プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。AKVIS NatureArt プラグインが終了し、サイズ変更後の画像がフォトエディターのワークスペースに表示されます。

    [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行います。

    処理結果: クリックして拡大表示
    処理結果: クリックして拡大表示
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — NatureArtプリセット — NatureArtプリセット
   — の作業に関するヒントや裏技 — の作業に関するヒントや裏技
   — 環境設定  — 環境設定
効果 効果
   — 雨 — 雨
   — 太陽 — 太陽
   — 水 — 水
   — 稲妻 — 稲妻
   — 雲 — 雲
   — 霜 — 霜
   — 虹 — 虹
   — オーロラ — オーロラ
   — 火 — 火
   — 氷 — 氷
操作例 操作例
   — NatureArtのギャラリー — NatureArtのギャラリー
   — 自由の女神像のたいまつ — 自由の女神像のたいまつ
   — グラスの中の大しけ — グラスの中の大しけ

 

NatureArt v. 9.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー