AKVIS NatureArt(効果): 水
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS NatureArt

自然の効果: 水

 

この効果は、イメージに水域を追加する場合などに使用します。

AKVIS NatureArt の水の効果
AKVIS NatureArt の水の効果

パラメーターの調節を行う前に、移動ツール を使って水平線の高さ (位置) を設定します。

水平線の指定
水平線の指定

水平線より下に水域が適用され、水平線より上はイメージがそのまま残ります。水平線は、自由に希望の位置まで上下に移動できます。

の効果のパラメーターを調節します。この効果には、[波][グレア] の2つのタブがあります。

[波]タブ: このタブには、水の基本的な特徴を定義するためのパラメーターが含まれています。

  • 密度: 一定エリア内に含まれる通常のサイズの波の数を指定できます。値が高いほど、波の密集度が高まり、波の個数自体も増えます。

    密度 = 5 密度 = 15
    密度 = 5 密度 = 15

  • 高さ: 波の縦方向のサイズを指定します。値が高いほど波も高くなります。

    波の高さ = 20 波の高さ = 40
    高さ = 20 高さ = 40

  • 長さ: 波の横方向のサイズを指定します。値が高いほど横幅の長い波になります。

    波の幅 = 40 波の幅 = 70
    長さ = 40 長さ = 70

  • 方向: このパラメーターでは、波の流れる方向を指定します。値が 0 の場合、水面に対して波が垂直になります。値を上げると、波の方向は時計回りに変化します。

    方向 = 60 方向 = 120
    方向 = 60 方向 = 120

  • 散布度: このパラメーターでは、それぞれの波の流れる方向に違いを生じさせるかどうかを指定します。値が 0 の場合、すべての波は同じ方向に波打ちます。値が上がると、[方向]パラメーターで指定した方向からそれる波が生じます。値が高いほどにそれる波の数は多くなります。

    散布度 = 20 散布度 = 80
    散布度 = 20 散布度 = 80

  • 深さ: 水深を水面から見える色によって調整します。値が高いほど、水深が深く、色が濃くなります。

    深さ = 20 深さ = 60
    深さ = 20 深さ = 60

  • 小さな波: 波に追加で浮き彫り状の溝のような効果を追加し、見え方に影響を与えます。値が高いほど、波がよりうねりを上げ、凹凸のあるように見えます。

    小さな波 = 0 小さな波 = 30
    小さな波 = 0 小さな波 = 30

  • : このパラメーターは、水の色を変更することができるので、水域の種類に応じて適切な色を選択してください。色を変更する場合、カラーパレットをクリックして表示される[色の選択]ダイアログボックスから色を選択します。

    色 (ターコイズ) 色 (青)
    水の色を変更

[グレア]タブ: 元の写真に光源がある場合、水域を追加すると、水面に光が反射してグレアが生じるはずです。次のパラメーターは太陽グレアの特徴設定に使用します。

  • 明るさ: このパラメーターでは、太陽のグレアの明るさも調整できます。値が高いほど水面のグレアは明るくなります。

    注意: 値が 0 の場合、グレアは表示されません。

    明るさ = 50 明るさ = 90
    明るさ = 50 明るさ = 90

    次のパラメーターは水上のグレアの位置に影響します。

  • 移動 (左右): グレアの位置を左右に移動させることができます。値が 90 の場合、太陽が画像の真ん中にある状態のグレアが生成されます。値が 90 以上の場合は太陽が画像の右上に、90 以下の場合は太陽が画像の左上にあるようにグレアが生成されます。

    移動 (左右) = 70 移動 (左右) = 110
    移動 (左右) = 70 移動 (左右) = 110

  • 移動 (上下): グレアの位置を上下に移動させることができます。値が高いほど、グレアまでの距離が遠く、撮影位置に対して高い位置になります。

    移動 (上下) = 75 移動 (上下) = 85
    移動 (上下) = 75 移動 (上下) = 85

    注意: これらのパラメーターは、グレアの [明るさ] が 0 に設定されていない限り機能します。

    グレアを追加する場合、証明の他、撮影時刻を考慮すると良いでしょう。誰もが知るように、朝夕の太陽は日中よりも低い位置にあります。

    そのため、日中に撮影した写真のグレアはカメラ寄りの手前 ([移動 (上下)] は低い値)、朝夕に撮影した写真のグレアは水平線寄りの奥 ([移動 (上下)] は高い値) になります。
    [移動(左右)]も同じように、元の写真の光源の位置に応じて移動させます。

  • : このパラメーターでは、グレアの色を指定します。色を変更する場合、カラーパレットをクリックして表示される[色の選択]ダイアログボックスから色を選択します。

    オレンジ色のグレア
    オレンジ色のグレアを選択
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — NatureArtプリセット — NatureArtプリセット
   — の作業に関するヒントや裏技 — の作業に関するヒントや裏技
   — 環境設定  — 環境設定
効果 効果
   — 雨 — 雨
   — 太陽 — 太陽
   — 水 — 水
   — 稲妻 — 稲妻
   — 雲 — 雲
   — 霜 — 霜
   — 虹 — 虹
   — オーロラ — オーロラ
   — 火 — 火
   — 氷 — 氷
操作例 操作例
   — NatureArtのギャラリー — NatureArtのギャラリー
   — 自由の女神像のたいまつ — 自由の女神像のたいまつ
   — グラスの中の大しけ — グラスの中の大しけ

 

NatureArt v. 9.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー