AKVIS NatureArtでオーロラ効果 - ポーラーライト
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS NatureArt

自然の効果: オーロラ

 

オーロラ極光は、大気中の発光です。昔は、寒色系のきらめき (炎) は、天からの声、また神々の火の舞が北の空で行われていると考えられていました。オーロラのきれいな光は、太陽風と地球の磁場に関連して発生するということが、科学で解明されています。

縞模様、帯状、弧状、コロナ状等、オーロラの見え方は様々です。頭上に広がる色のカーテンのような大気中の現象は、東西に何千キロにもわたって出現することもあります。たいていの場合、オーロラの下部の境界は鮮明ですが、上部はぼかしがかかっています。このように豊富な色スペクトラムで光り輝き、めまぐるしく変化し続ける素晴らしい光景は、私たちを楽しませてくれます。

オーロラ効果: 極光
AKVIS NatureArt のオーロラ効果

効果の位置を定義する際に使用するツール:

  • 方向 : オーロラの一番低い部分となるベースラインを1本以上描画します。線の移動や回転により、効果の位置を変更する場合は、変形 ツール  を使用します。
  • 消しゴム : 線上をクリックすることで、その線全体を削除することができます。ツールのサイズを変更する場合は、画像を右クリックして表示されるポップアップ ウィンドウを利用します。

    効果領域
    基本となる線と効果領域

    ライン 結果
    ライン 結果
    ライン 結果
    様々な形状のオーロラ (変形 = 45)

設定パネルのパラメーターを調整します。

  • : 2つのスライダーを使って、オーロラの色を指定します。左端の色がオーロラの下部の色になり、右端の色がオーロラの上部の色になります。

    赤、緑、青のオーロラ 緑と青のオーロラ
    赤、緑、青のオーロラ 緑と青のオーロラ

  • 色を反転: チェックボックスをオンにすると、色の順番が反転します。

    赤から青 (通常の色の順番) 反転した色の順番
    通常の色の順番 反転した色の順番

  • ブレンド モード: ドロップダウン リストから、画像と効果をどの程度ブレンドさせるか、使用するメソッドを選択します。10種類のモードが用意されています。

    通常モード 加算モード
    通常モード 加算モード

[グロー] タブ:

  • 色混合 (設定可能範囲は 0-100): 色混合のレベルを調整します。値が低いと、それぞれの色ははっきりと区別されます。一方、値が高いと、色が混じり合い、より滑らかな色の遷移が見られます。

    色混合 = 7 色混合 = 90
    色混合 = 7 色混合 = 90

  • 明るさ (設定可能範囲は 0-100): 明るいトーンにする箇所の数を指定します。

    明るさ = 0 明るさ = 90
    明るさ = 0 明るさ = 90

  • 不透明度 (設定可能範囲は 0-100): オーロラの透過度を指定し、背景がどの程度見えるかを指定します。値が100の場合は、オーロラが不透明になります。値を下げるとオーロラが薄く、弱くなります。

    薄い透明なオーロラ 明るく鮮明なオーロラ
    不透明度 = 40 不透明度 = 75

  • グロースポット (設定可能範囲は 0-100): 色の帯の明るさをそれぞれ調整し、明るい部分と暗い部分を作り出します。値が低いと、色はより均一に見えます。

    明るさが均一なオーロラ 明るさのむらがあるオーロラ
    グロースポット = 0 グロースポット = 90

  • スポットのサイズ (設定可能範囲: 10-100): グローの明るい部分 (スポット) のサイズを変更します。

    スポット (小) スポット (大)
    スポットのサイズ = 25 スポットのサイズ = 60

  • ぼかし (設定可能範囲は 0-100): グロースポットを水平方向に伸ばし、均一なグローストリップ (帯) を作り出すことができます。

    ぼかし未適用 ぼかし適用
    ぼかし = 6 ぼかし = 60

[形] タブ:

  • 高さ (設定可能範囲は 10-100): オーロラの光の縦の長さ (サイズ) を画像の高さとの割合 (%) で指定します。

    高さ = 25 高さ = 75
    高さ = 25 高さ = 75

  • 均一性 (設定可能範囲は 0-100): オーロラの構造の均一性を変えることができます。値が低いと表面は凸凹になります。一方、値が高いと表面が滑らかに見えます。

    不均一なグロー 均一なグロー
    均一性 = 10 均一性 = 75

  • 滑らかなトランジション (設定可能範囲は 10-100): 効果領域の境界部分のトランジッションの幅を調整します。値が低いほど、エッジ部分は鮮明になります。

    鮮明なエッジ 滑らかな (ぼかした) エッジ
    滑らかなトランジション = 15 滑らかなトランジション = 80

  • 変形 (設定可能範囲は 0-100): オーロラにランダムなずれや変形を引き起こします。値を上げることにより、オーロラの光を弱めたり、画像をはみ出るほどのものにすることができます。

    変形なし ランダムな変形
    変形 = 0 変形 = 65

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — NatureArtプリセット — NatureArtプリセット
   — の作業に関するヒントや裏技 — の作業に関するヒントや裏技
   — 環境設定  — 環境設定
効果 効果
   — 雨 — 雨
   — 太陽 — 太陽
   — 水 — 水
   — 稲妻 — 稲妻
   — 雲 — 雲
   — 霜 — 霜
   — 虹 — 虹
   — オーロラ — オーロラ
   — 火 — 火
   — 氷 — 氷
操作例 操作例
   — NatureArtのギャラリー — NatureArtのギャラリー
   — 自由の女神像のたいまつ — 自由の女神像のたいまつ
   — グラスの中の大しけ — グラスの中の大しけ

 

NatureArt v. 9.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー