AKVIS HDRFactory: 操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS HDRFactory

操作方法

 

AKVIS HDRFactory では、HDRイメージ同じシーンの複数の画像から生成することに加え、1枚の画像から生成することもできます。

以下の手順を実行します。

  • ステップ1: イメージ(1枚または複数枚)を開きます。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

      コントロール パネル ボタンをクリックするか、ショートカットキーのCtrl+Oキー(Mac OS の場合+O)を使用すると、[ファイルの選択]ダイアログボックスが開き、画像を選択できます。

      プログラムがサポートする画像形式は、BMPJPEGPNGTIFFRAWです(CRW、NEF、ORF、PEF 等 一覧はこちらをご覧ください)。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。

    - プラグイン版で作業する場合:

      使用するフォトエディター の[ファイル] > [開く]コマンドを使用して画像を開きます。AKVIS HDRFactoryプラグインを呼び出すには、Adobe Photoshopの場合は、[フィルタ] > [AKVIS] > [HDRFactory]Corel PaintShop Proの場合は、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [HDRFactory]Corel Photo-Paintの場合は、[効果] > [AKVIS] > [HDRFactory]をそれぞれ選択します。

      プラグイン版でではスタンドアロン版同様、フォトエディターから読み込んだ1枚の画像を処理することや複数の画像からHDR画像を作成することもできます。[HDRI] タブでの作業を行う場合は、 をクリックして使用する画像すべてを開く必要があります。

    AKVIS HDRFactory ウィンドウ
  • ステップ2: プレビューサイズの値を選択します。

    このパラメーターは、処理の準備段階のイメージ サイズを設定します。用意されている値は、 1、½、¼、 および¹/8です。値を1に設定したとき、元のイメージのサイズ(幅と高さ)は変わりません。値が½のときは半分、¼のときは¼、¹/8のときは¹/8のサイズになります。つまり、設定に応じて処理時間も短くなるのです。

    プレビューサイズは、補助的なツールで、実際のイメージの大きさを変更することはありません。元のイメージ サイズや詳細部分はそのまま維持されます。

    最良の結果を得ようと各種設定を変更したとき、前処理の段階を高速化できるパラメーターです。細かな部分にまで気を配る必要のない写真に使用すると効果的です。大まかな結果を確認するには十分です(例えば、標準サイズの印刷用に写真を処理しているとき)。

      注意: パラメーターを調整した場合、[プレビューサイズ]=1で処理し、各種設定が最適かどうかを確認することを推奨します。

  • ステップ3: 露出度の異なる複数の画像を読み込むと、[HDRI]タブでそれらの画像が開きます。
  • ステップ4: 画像を1枚だけ読み込んだ場合は、直接[調整]タブで画像を開きます。このタブで微調整を行うか、1枚の画像から生成したHDRイメージのような画像を生成します。

    開いている複数の画像の微調整や最初のタブ([HDRI]タブ)で生成したHDRイメージに更なる処理を適用することができます。

    HDR イメージの調整
  • ステップ5: Home Deluxe と Business のライセンスをお持ちのユーザーは、ゴースト除去 部分補正 モードも利用できます。
  • ステップ6: 効果タブを使うことによって、淡い輝きの追加、エッジの明暗、色相の調整、色温度の追加を行うことができます。
  • ステップ7: 変更したパラメーターの設定で満足の行く結果が得られた場合、それらをプリセットとして保存し、後で使用できます。設定を保存するには、[プリセット]欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。

      注意: [HDRI][調整][効果]タブには、共通のプリセット一覧が用意されています。新しいプリセットを作成すると、すべてのタブで設定すべてが利用できるようになります。

    カーソルをドロップダウン リストのプリセット名に移動させると、プリセットプレビューウィンドウに適用結果が表示されます。

    Preset Preview

    プリセットを指定してイメージを処理するには、リストから目的のプリセットを選択します。イメージ処理は指定したプリセットの設定で実行されます。

    次から、プログラムを実行した際には、これらの各種設定が既定値として使用されます。パラメーターを変更した場合、[リセット]ボタンをクリックすることで、指定したプリセットの初期設定に戻すことができます。

    プリセットを削除するには、ドロップダウンメニューから目的のプリセットを選択し、[削除]をクリックします。

  • ステップ8: 更なる画像修正を行う場合は、[後処理] タブを使用します(スタンドアロン版でのみ利用可能)。
  • ステップ9: 処理画像を共有するには、)をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧が表示されます。サービスには、Twitter、Flickr、Google+、Dropbox 等のソーシャル ネットワークに写真を公開することができます。

    スタンドアロン版では、印刷を行うこともでき、その場合は、をクリックします。

  • ステップ10: 処理したイメージを保存します。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

      をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類(TIFF、BMP、JPEG、PNG)を選択し、保存先フォルダーを選択します。

    - プラグイン版で作業する場合:

      をクリックして適用します。AKVIS HDRFactoryプラグインが終了し、画像がフォトエディターのワークスペースに表示されます。

      [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行います。

 
操作方法 操作方法
   — HDRIとは — HDRIとは
   — 露出度の異なる複数の画像での作業 — 露出度の異なる複数の画像での作業
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — HDR イメージの生成 — HDR イメージの生成
   — HDR イメージの「ゴースト」除去 — HDR イメージの「ゴースト」除去
   — 調整と擬似HDR — 調整と擬似HDR
   — 部分補正 — 部分補正
   — 効果 — 効果
   — 切り取り — 切り取り
   — 後処理 — 後処理
   — 環境設定 — 環境設定
操作例 操作例
   — 高地の風景 — 高地の風景
   — 夕暮れ時の海辺 — 夕暮れ時の海辺
   — とある田舎で見つけた不思議な滑り台 — とある田舎で見つけた不思議な滑り台
   — 本物さながらの船 — 本物さながらの船

 

HDRFactory v. 5.6 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー