AKVIS HDRFactory: 高地の風景
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS HDRFactory

高地の風景

 

この写真は、Denis Davydov氏から受け取りました。

Denis氏からは、 異なるさまざまな露出度で撮影した写真が届きました。とても美しい景色です。しかし、色が暗く、光が当たっていないために見えづらいオブジェクトもあります。AKVIS HDRFactoryを使用し、細部をはっきりさせ、色の彩度を上げることができます。

露出が異なる同じ景色 露出が異なる同じ景色 露出が異なる同じ景色
ソース画像
出来上がったHDRイメージ
結果: HDRイメージ

このような効果を得るための方法をこれらか紹介します。

  • ステップ1: AKVIS HDRFactoryを起動します。
  • ステップ2: AKVIS HDRFactoryのコントロールパネルにある ボタンをクリックし、使用するファイルを選択します。

    イメージがプログラムに読み込まれ、デフォルトのパラメータ値(この場合、AKVIS Default)で自動的に処理されます。

    [HDRI]タブ: デフォルト設定
  • ステップ3: [トーン マッピング] の設定を調整します。
    [トーン マッピング]の各パラメータ値の変更

    結果は良いものになりました。 をクリックすると、結果を保存できます。しかし、私たちの目標は、イメージを明るくして、暗い部分にあるオブジェクトをはっきりさせることです。

  • ステップ4: オブジェクトにボリュームを加えるには、[調整]タブを使用します。

    以下のスクリーンショットに示されている値と同じように設定します。

    設定の適用
  • ステップ5: 処理後のイメージが明るくなりすぎました。さらに濃く、色を鮮やかにすることができます。

    [後処理] タブに切り替えて、各パラメーターを[明るさ] = 15、[彩度] = 40、[ガンマ] = 90 に設定します。

    後処理の設定

    元のイメージの中の1枚と処理後のイメージを比較するには、[処理前]タブと[処理後]タブを切り替えます。

  • ステップ6: 希望通りの結果となりました。処理結果は素晴らしいものになりました。適用されたテクスチャがより際立ち、太陽の光をいっぱいに受けたイメージになりました。新たに小さな詳細や色合いの変化が明らかになり、背景も情報が増し、表情豊かな高地のイメージになりました。

    を押して結果を保存します。

    出来上がったHDRイメージ
 
操作方法 操作方法
   — HDRIとは — HDRIとは
   — 露出度の異なる複数の画像での作業 — 露出度の異なる複数の画像での作業
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — HDR イメージの生成 — HDR イメージの生成
   — HDR イメージの「ゴースト」除去 — HDR イメージの「ゴースト」除去
   — 調整と擬似HDR — 調整と擬似HDR
   — 部分補正 — 部分補正
   — 効果 — 効果
   — 切り取り — 切り取り
   — 後処理 — 後処理
   — 環境設定 — 環境設定
操作例 操作例
   — 高地の風景 — 高地の風景
   — 夕暮れ時の海辺 — 夕暮れ時の海辺
   — とある田舎で見つけた不思議な滑り台 — とある田舎で見つけた不思議な滑り台
   — 本物さながらの船 — 本物さながらの船

 

HDRFactory v. 5.6 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー