調整と擬似HDR - AKVIS HDRFactory

調整と擬似HDR

[調整]タブでは画質を向上させることもできますし、1枚の画像からHDRのような効果を作り出すこともできます。

HDR イメージの生成には、同じシーンを異なる露出度で撮影した画像のセットが必要です。しかし、デジカメに自動段階露出モードがない場合やカメラを固定できない場合など、露出度の異なる画像を撮影できないことがあります。そのため、暗い部分と明るい部分の両方で詳細が見えない状態の1枚の写真しかありません。例えば、景観がはっきりと映し出されている一方、空が明るく、白一色の単調な空になっていることがあるかもしれません。

この[調整]タブ内のパラメーターを使って、明るい部分や暗い部分の詳細を鮮明にしたり、イメージに深みを与えたり、彩度を加えたりできます。微調整を行う場合も、印象を大きく変えるHDRイメージのような効果を与える場合にも、非常に有効です。

注意:複数の画像を使って、[HDRI] タブでHDRイメージを生成した場合、[調整] タブは生成したイメージをさらに修正するための2段階目の作業タブとして利用できます。

 

HDRFactory v. 6.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード