AKVIS HDRFactory: 後処理

後処理

HDR処理後に更なる修正を行う場合は、[後処理] タブへ切り替えます。このタブはスタアンドアロン版 でのみ利用できます。一般的な画像編集ソフトでは、このような修正が極当たり前にできるため、プラグイン版でこのタブは必要ないのです。

このパネルには、ヒストグラム に加え、明るさコントラストガンマ彩度の4つのパラメーターが含まれています。

[トーン マッピング]適用結果
[トーン マッピング]と[後処理]の適用結果

ヒストグラムは、イメージの色調範囲を表示するグラフです。横のラインで明るさの値を設定します(左端が最も暗く、右端が最も暗い)。縦のラインは、この明るさの値を持つピクセル数を設定します。

 

ヒストグラムの下には、イメージのコントラストを変更する3つのスライダがあります。

ヒストグラム

右側の端点は、最大の明るさ(ホワイトポイント)を持つピクセルを表します。ヒストグラムがこのピクセルを持たない場合、イメージにホワイトポイントは含まれません。白いスライダを左へ移動すると、スライダの位置に対するポイントは、最大の明るさ(255)を推測し、この値を持つピクセルは白く映ります。それに従って、他のピクセルの明るさは再計算され、イメージは明るくなります。

左側の端点は、最大の暗さ(ブラックポイント)を持つピクセルを表します。ヒストグラムが左端から始まらない場合、イメージにはブラックポイントが含まれていません(明るさ=0)。黒いスライダを左へ移動すると、スライダの位置に対するポイントは、明るさの最大値を推測します。その結果として、他のピクセルが再計算される一方で、黒い色調になり、イメージは暗くなります。

中央のスライダはイメージの色調を定義します。明るさは128(グレートーン)です。グレートーンは、スライダを左へ移動すると明るくなり、右へ移動すると暗くなります。

ヒストグラムの上に、チャンネルのプルダウンメニュー(RGB輝度)があります。各チャンネルは、個別に調整することも、組み合わせて補正することもできます。

 

[後処理]タブには、イメージの明るさやコントラストの補正、ガンマ補正、イメージの彩度を変更するためのパラメータも用意されています。

設定を調整すると、自動的に処理が開始されます。処理後の画像が[処理後]タブに表示されます。

 

HDRFactory v. 6.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード