HDRI (ハイダイナミック合成イメージ)とは - High Dynamic Range Imaging

HDRI (ハイダイナミック合成イメージ)とは

強力な光源と非常に暗い影の部分から成る写真を見ると、暗い部分または明るい部分で詳細が失われていることに気がつくでしょう。暗い部屋の中から窓を通して外を見ようとしている自分を想像してみてください。外の眺めか部屋の中のインテリアのどちらかのみ詳細に認識できることでしょう。しかし、イメージ内のすべての詳細を維持することのできる方法があります。

HDRI (High Dynamic Range Imaging/ハイダイナミック合成) はイメージのダイナミックレンジを広げ、暗い部分と明るい部分の両方で詳細を鮮明にします。

ダイナミックレンジ とは、メディア(フィルム、写真乾板、印画紙)やデジカメのマトリクスに記録できる明るさの値の範囲のことです。

現在使用されている多くのカメラが低いダイナミックレンジを持つのに対し、人間の目はどんなものでも、どんな明るさの中でも、さらに多くの色の明暗の値を認識できます。

HDRI 技術は、幾つかの画像を合成することにより目で見た状態に近いイメージを作成でき、人間の目とカメラの持つダイナミックレンジの差を最大限縮めてくれます。しかし、モニタは、デジカメと同様、低いダイナミックレンジで表示され、HDRイメージを最大限生かしたレンダリングができません。そのため、 トーン マッピング という技術が適用され、画質を落とすことなくダイナミックレンジに対して高度な圧縮が行われます。圧縮後のイメージは、LDR(low dynamic range)イメージと呼ばれますが、元のイメージが明らかに改善されていることがわかります。

高コントラストの写真を使用すると、違いは歴然です。

元のイメージと比較してみましょう。

元のイメージ
元のイメージ
元のイメージ

HDRI処理を行った結果

HDRI処理を行った結果

このソフトができる前は、同様の効果を得るためには、撮影時にこうばいフィルタを使用したり、Adobe Photoshopのさまざまなツール(マスクやレイヤー)を使用したりする必要がありました。

HDRI技術により、このプロセスが短縮できるようになりました。これからは、同じオブジェクト(シーン)の写真を 何枚も 異なる露出度で撮影し、撮影した画像をAKVIS HDRFactory に読み込んで、画像を1つに合成するだけです。

 

HDRFactory v. 6.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード