AKVIS HDRFactory: ワークスペース
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS HDRFactory

ワークスペース

 

AKVIS HDRFactoryは、独立したスタンドアロン プログラムとして、また、ご使用のフォトエディターのプラグインとしても機能します。

    スタンドアロンは独立したプログラムでプログラムのアイコンをクリックして開くことができます。

    スタンドアロン版を起動する方法:

      Windows コンピューターの場合:[スタート]メニューまたはプログラムのショートカットを使用します。

      Macintosh コンピューターの場合:[アプリケーション] フォルダーからアプリを起動します。

    プラグインは、Photoshop等のフォトエディターのアドオンとして動作します。

    プラグイン版を呼び出すには、イメージエディターのフィルターから選択します。

AKVIS HDRFactoryのワークスペースは次のように表示されます。

AKVIS HDRFactory ワークスペース

プログラム ウィンドウの左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理前]タブには処理済みのイメージが表示されます。

イメージ ウィンドウ[処理前][処理後]タブの表示方法は、左側パネル下部の表示モードで変更できます。

表示モード

 

ウィンドウ上部には、以下のボタンを含むコントロール パネルがあります。

  • :AKVIS HDRFactoryのホームページに移動します。
  • :処理を行うイメージ1枚または複数を開きます。この操作に対応するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Oキー、Mac OS の場合+Oキーです。

    スタンドアロン版では、このボタンの右クリックで最近使用したファイルの一覧が表示されます(単一イメージとHDRセットの両方)。表示するファイル数をプログラムの[環境設定]で変更することもできます。

  • :処理したイメージをディスクに保存します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Wihdows の場合Ctrl+Sキー、Mac OS の場合+Sキーです。
  • :印刷ダイアログを開いてイメージを印刷します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Wihdows の場合Ctrl+Pキー、Mac OS の場合+Pキーです。
  • :プログラムからTwitter、Flickr、Google+、Dropbox 等のソーシャル ネットワークに写真を公開することができます。
  • :画像を左または右に90oまで回転させることができます。(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Wihdows の場合Ctrl+,キー(左)Ctrl+.キー(右) 、Macintoshでは、+, キーと+. キーです。
  • :ゴースト除去ツールを有効にします(Deluxe/Business版のみ)。
  • : 部分補正ツールを有効にします(Deluxe/Business版のみ)。
  • / :択範囲の表示/非表示を切り替えます。
  • : 各ツールを使って行った最後の操作を取り消します。連続した複数の操作を取り消すことができます。このコマンドに対するホットキーは、Ctrl+Z キー、Mac OS の場合 +Zキーです。
  • :最後に取り消した操作をもう一度やり直します。連続した複数の操作をやり直すことが可能です。このコマンドに対するホットキーは、Ctrl+Y キー、Mac OS の場合 +Yキーです。
  • 注意:/ ゴースト除去モード、もしくは部分補正モードを選択して作業しているときのみ利用できます。

  • :変換結果を適用し、プログラムを閉じます(プラグイン版のみ)。
  • :プログラムに関する情報を含む、バージョン情報ウィンドウを開きます。
  • :ヘルプファイルを呼び出します。この操作に対するホットキーは、F1です。
  • :プログラムの環境設定を変更するための[環境設定]ダイアログボックスを開きます。

 

複数の画像を開いている場合は、イメージ ウィンドウの下にそれらの画像のサムネイルが表示されます。[処理前]タブには、選択しているサムネイル(青く囲まれているもの)の画像が表示されます。別の画像を表示するには、表示したい画像のサムネイルを左クリックします。

ソース画像の表示ウィンドウ

画像ファイル名の横のチェックボックスは、HDR生成のためにその画像を使用するかどうかを表しています。HDR生成のために特定の画像を使用しない場合は、画像ファイル名の横のチェックボックスをオフにします。

 

イメージ ウィンドウの左側には、以下のボタンを含むツールバーがあります。

選択ツール (Deluxe/Business版のみ):

  • ゴースト除去ツールを有効にして、HDRイメージにしばしば現れる不具合を除去することができます。ツール オプションの変更は、イメージを右クリックして表示されるメニューで行います。このツールに対応するホットキーは、Gです。このツールはモードが有効な場合に利用することができます。
  • 部分補正 ツールを有効にして、更なる処理を行う領域を選択することができます。選択範囲内を右クリックして、パラメーターを開きます。このツールに対応するホットキーは、Bです。このツールは モードが有効な場合に利用することができます。
  • 消しゴムを有効にして、 を使用した領域の編集や削除をすることができます。この操作に対するホットキーは、Eです。

その他のツール:

  • : スタンドアロン版のみになりますが、切り取りツールを有効にし、境界線の切り取りやサイズの縮小などを行うことができます。この操作に対するホットキーは、Alt+Cです。
  • : [手のひら] ツールを有効にし、画像を動かしてウィンドウに表示されていない部分を表示できます。画像上でクリックしたままドラッグして表示画像を動かします。この操作に対するホットキーは、Hです。

    ツールのアイコンをダブルクリックすると、イメージは、イメージウィンドウに合わせたサイズで表示されます。

  • : [ズーム]ツールを有効にし、イメージの表示サイズを変更します。クリックすると、ズームイン(拡大)します。Altを押してクリックするとズームアウト(縮小)します。このツールに対応するホットキーは、Zです。

    ツールのアイコンをダブルクリックすると、イメージが100%の倍率(実際の大きさ)で表示されます。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するにはナビゲーターを使用します。ここには、イメージの縮小版が表示されます。赤枠で囲まれた領域は、現在メイン ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、ウィンドウに表示されません。表示されていない部分に赤枠を重ねると表示できます。赤枠を移動させるには、マウスをクリックしたままカーソルをドラッグします。

ナビゲーター

さらに、スクロールキーの使用、キーボードのスペースキーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、メイン ウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrlキー(Mac OS の場合は)キーを押しながらの場合は左右に動きます。Altキー(Mac OS の場合はOption)キーを押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーまたは を使用して、ウィンドウ内のイメージを拡大/縮小することができます。 をクリックするか、スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、拡大/縮小率の欄に値を入力してEnterキー(Mac OS の場合はReturn)よく使用する倍率の値はドロップダウンメニューにも用意されています。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。 +Ctrl++キー(Mac OS の場合は++)で拡大、-Ctrl+-キー(Mac OS の場合は +-)で縮小します。

 

ナビゲーターの下には、設定パネルがあり、設定に関連するパラメーターを調整できます。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。

[ヒント]フィールドでは、プログラム使用に関する様々な情報が得られます。カーソルが指しているパラメーターやボタンの説明が表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定はプログラムの環境設定で行うことができます。

 
操作方法 操作方法
   — HDRIとは — HDRIとは
   — 露出度の異なる複数の画像での作業 — 露出度の異なる複数の画像での作業
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — HDR イメージの生成 — HDR イメージの生成
   — HDR イメージの「ゴースト」除去 — HDR イメージの「ゴースト」除去
   — 調整と擬似HDR — 調整と擬似HDR
   — 部分補正 — 部分補正
   — 効果 — 効果
   — 切り取り — 切り取り
   — 後処理 — 後処理
   — 環境設定 — 環境設定
操作例 操作例
   — 高地の風景 — 高地の風景
   — 夕暮れ時の海辺 — 夕暮れ時の海辺
   — とある田舎で見つけた不思議な滑り台 — とある田舎で見つけた不思議な滑り台
   — 本物さながらの船 — 本物さながらの船

 

HDRFactory v. 5.6 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー