AKVIS ArtWork: ペン & インク

ペン & インク

ペン & インク 効果を使用すると、インクで描いたようなイメージが生成されます。インクや背景の色は変更できます。

Original Image Pen Drawing: Purple Ink
元のイメージ 紫色のインクを使用したペン画

 

[ペイント]タブでは、ペン画やインク画へ変換する際のパラメーターを細かく設定できます。

設定パネル:

詳細度 (1-100の値で設定可能): 境界を形成する詳細の度合いとストローク。

詳細度 = 25 詳細度 = 60
詳細度 = 25 詳細度 = 60

感度 (0-100の値で設定可能): アウトラインの強さ。値が大きいほど、境界が太く、はっきりとします。

感度 = 35 感度 = 65
感度 = 35 感度 = 65

太さ (1-100の値で設定可能): 黒色のアウトラインの太さです。最小幅は 1 ピクセルで、値を上げるごとに太くなっていきます。

太さ = 20 太さ = 20
太さ = 20 太さ = 90

鮮明度 (0-8の値で設定可能): このパラメーターは、ラインのサイズ、見た目、位置、また、イメージの領域をラインでどう定義するかに反映されます。値が大きいほど、より多くのラインが描かれ、イメージのディテールがはっきりとします。

鮮明度 = 1 鮮明度 = 7
鮮明度 = 1 鮮明度 = 7

シャープ (0-100の値で設定可能): このパラメーターは、ラインの強弱に影響します。値が大きいほど、ラインがはっきりと描かれ、小さいほど、細くぼやけたラインになります。

シャープ = 10 シャープ = 90
シャープ = 10 シャープ = 90

テキストの外側の色が [アウトライン] カラーパレットに表示されます。色を変更する場合は、パレットをクリックし、標準の色選択ダイアログボックスから新しい色を選択します。色を削除してカラーパレットを空にする場合は、パレットを右クリックします。

 

履歴ブラシ : ツールを有効にすると、効果を弱め、画像を部分的もしくは全体的に元の状態にレストアします。

このツールは、油絵水彩の各技法を選択した状態の[処理後]タブでのみ利用できます。さらに、このツールは、Deluxe および Business ライセンスでのみ利用できます。

注意! [処理前]タブに切り替えて処理を実行すると、このツールで加えた変更はすべて失われます!

 

ArtWork v. 10.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード