AKVIS ArtWork: 水彩

水彩

水彩は、ペイント技術の中でも難易度の比較的高い技法になります。水彩画は美しく、優雅で、淡い色合いを持っています。この技法では、特殊な水彩絵の具を使用しており、レリーフのないストロークを描画できます。ぬれた紙に描画することによってストロークにぼかしがかかります。

水彩
水彩
(画像上にマウスをのせると、元の写真が表示されます)

設定パネル:

簡素化 (0-10の値で設定可能): 画像の簡素化を行うためのパラメーターで、値が大きいほどストロークは大まかで詳細部分が少なくなります。元の画像に近づけたい場合は値を低くし、元々のストロークを維持します。高い値にすると、より水彩画に近い仕上がりになります。

簡素化 = 1 簡素化 = 7
簡素化 = 1 簡素化 = 7

彩度 (0-100の値で設定可能): 色の強度の設定を行います。値が高いほど使われる色は濁りがなく鮮やかになります。

彩度 = 30 彩度 = 90
彩度 = 30 彩度 = 90

不均一さ (1-100の値で設定可能): 均一な領域内でストロークの不均一性に影響を与えるパラメーターです。ストローク内のカラートーンの数に変化を与えます。値が高いと、ストローク内のカラーバリエーション数は多く、バリエーション間の違いはよりはっきりしています。値が低いと、より均質で、ストローク色の変化も滑らかになります。画像内に広範な領域が均質な場合、色を不均一さを加えて効果を出したい場合に便利なツールです。

不均一さ = 20 不均一さ = 90
不均一さ = 20 不均一さ = 90

ストロークの強度 (0-100の値で設定可能): ストロークがどれほど目立ち、強調されるかを設定します。値が高いほどストロークは強調され、値が低いほど元のイメージに近い状態の結果が得られます。

ストロークの強度 = 10 ストロークの強度 = 85
ストロークの強度 = 10 ストロークの強度 = 85

ぼかし (0-100の値で設定可能): ストロークのエッジ部分をぼかしたり、絵の具をにじませます。

ぼかし = 0 ぼかし = 90
ぼかし = 0 ぼかし = 90

つや出し (0-100の値で設定可能): 均一な色でペイントされた領域に鮮明な色のストロークを追加します。値が高いほど、基本カラートーンに加えられる変化は大きくなります。この技法は水彩画で用いられるもので深みのある美しい色を作り出すことができます。

つや出し = 0 つや出し = 60
つや出し = 0 つや出し = 60

にじみ. 絵の具の色がお互いに混じり合ってにじんた効果を出すことができます。このオプションにより、オブジェクトが極端に歪んでしまう場合は、オプションをオフにすることをお勧めします。

にじみ Off にじみ On
にじみ Off にじみ On

 

後処理ツール: この機能は、 Deluxe および Business ライセンスでのみ利用可能です。

注意! [処理前]タブに切り替えて処理を実行すると、このツールで加えた変更はすべて失われます!

 

ArtWork v. 10.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード