点描: AKVIS ArtWork

点描

点描 とは、線ではなく点を用いた技法です。複雑な色合いが個々の色に分解され、純色の小さな点を使用したストロークが描かれます。点の光混合により、絵画全体が絵としてとらえられるようになります。

AKVIS ArtWork ソフトウェアを使用すると、 点描技術を使用して、素晴らしい作品を簡単に作り出すことができます。

写に点描効果を追加
点描画像
(画像上にマウスをのせると、元の写真が表示されます)

効果パラメーターを [ペイント] タブで調整できます。

点の大きさ (設定可能値が10から100): 画像内の点の数を指定/変更します。値が高いほど、画像内のペイントされていない部分が少なくなります。

サイズの小さな点を使用
点の大きさ = 25
サイズの大きな点を使用
点の大きさ = 75

密度 (設定可能値が10から100): 画像内の点の数を指定/変更します。値が高いほど、画像内のペイントされていない部分が少なくなります。

点の数(少)
密度 = 20
点の数(多)
密度 = 70

彩度 (設定可能値が0 から 100): このパラメーターは、ブラシ ストロークの点の色の強度を設定します。値が 0 の場合、元の画像の彩度と同じになります。値を上げると、色はより明るく、彩度の高い色になります。

淡いストローク
彩度 = 10
明るいストローク
彩度 = 50

色のバリエーション (設定可能値が0から100). パラメーターの値を上げることで、いくつかの点の色が変化します。値が高いほど、多くの色が変化し、色でいっぱいになります。

色のバリエーション = 5
色のバリエーション = 5
色のバリエーション = 25
色のバリエーション = 25

レリーフ (設定可能値が0から100). ストロークにボリュームを持たせるためのパラメーターです。低い値では、ストロークは平らですが、高い値では、ストロークにボリュームが加わり、浮き出たように目立たせることができます。

レリーフ = 20
レリーフ = 20
レリーフ = 90
レリーフ = 90

形状 (設定可能値が0から100): ストロークの形状を、ブラシのアスペクト比を元に指定します。値が 0 の場合、点(ストローク)は丸くなり、値を上げることにより、楕円形になります。

丸い点
形 = 10
楕円の点
形 = 90

乱数開始値 (設定可能値が0から9999): ブラシ ストロークの分布を定義する乱数発生器の最初の数値を意味します。それぞれの値は、点の分布を他にないユニークな仕方で生成します。

 

履歴ブラシ : ツールを有効にすると、効果を弱め、画像を部分的もしくは全体的に元の状態にレストアします。

このツールは、Deluxe および Business ライセンスでのみ利用できます。

 

ArtWork v. 11.2 - 10日間の評価期間    ダウンロード