AKVIS Retoucher: How It Works
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Retoucher

How It Works

 

写真の修復を行うには、AKVIS Retoucherを次の手順に従って操作してください。

  • ステップ 1:不具合箇所を修復または編集する画像を開きます。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

      AKVIS Retoucherのスタンドアロン プログラムを実行します。

      画像を開くには、ワークスペースの空き領域をダブルクリックするか、コントロールパネルの をクリックします。スタンドアロン版は、RAWJPEGPNGBMPTIFF ファイル フォーマットをサポートしています。

    プラグイン版で作業する場合:

      フォトエディターを起動します。AKVIS Retoucher プラグインは、Adobe Photoshop、Adobe Photoshop Elements、Corel Paint Shop Pro、他の多くのフォトエディターとの互換性があります。

      お使いのフォトエディターでイメージを開くには、 [ファイル] > [開く] コマンドを実行するか、ホットキーであるCtrl+Oキー、Mac OS の場合&#8984+Oキーです。

      その後、フォトエディターの[フィルター (または効果)]メニューから AKVIS Retoucher プラグインを呼び出します。

      AliveColors の場合、[効果] > [AKVIS] > [Retoucher]、
      Adobe Photoshop の場合、[フィルター] > [AKVIS] > [Retoucher]、
      Corel Paint Shop Pro の場合、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [Retoucher]、
      Corel Photo-Paint の場合、[効果] > [AKVIS] > [Retoucher] をそれぞれ選択します。

  • ステップ 2:プログラムを最初に起動したときは、シンプルなインターフェイスと最低限のツールだけである程度の結果を得られる簡易モードです。

    AKVIS Retoucher ワークスペース (簡易)
    AKVIS Retoucher ワークスペース (簡易モード)

    上級ユーザー用に、詳細モードも準備されています。コントロールパネル[詳細]をクリックしてモードを切り替えると、インターフェイスが変わり、プログラムのすべての機能へのアクセスが可能になります。

    AKVIS Retoucher ワークスペース (詳細)
    AKVIS Retoucher ワークスペース (詳細モード)
  • ステップ 3:画像内の修復が必要な部分に印をつけていきます。傷やしみ、日付などがそれに当てはまります。フォトエディターでの設定は、AKVIS Retoucher のプラグイン版にそのまま転送されます。

    注意:レタッチの処理を実行する前に、切り取り ツール を使用してください。

    選択を行う時に使用できるツールは、選択ブラシ 除外ツール 消しゴムツール 塗りつぶしツール 自動選択ツール です。

    選択した範囲は赤く塗りつぶされます。

    不具合箇所をハイライト
    不具合箇所をハイライト

    カスタマイズした設定を .retouch形式のファイルにして保存するには、 ボタンを使用します。保存した設定は、 ボタンからいつでも読み込むことができます。

  • ステップ 4:詳細モードを使用の場合、選択エリアをさらに処理するためのツールとして リニア パッチ も利用できます。

    これらのツールの使い方に関しては、この操作例を参照してください。

  • ステップ 5:設定パネルで、画像修復モード汎用レストア または 小さな不具合モードから選択します。ストローク パラメーターを調整します。

      汎用レタッチ モードは様々な場面で使用できますが、比較的大きなオブジェクトを取り除く場合に特に便利です。

      小さな不具合 モードは、特に、ひっかき傷、シミ (点)、ホコリ等の細かな不具合 (欠陥部分) の修正を行うよう設計されています。この革新的なアルゴリズムにより、正確で詳細な画像修復が可能になります。

    必要なら、色補正 設定を使用して、画像の明るさやコントラストを調整します。

    をクリックし、イメージ処理を開始します。この操作に対するホットキーは、Ctrl+R(Mac OS の場合は&#8984+R)

    満足のいく結果でない場合、選択エリアを修正し、パラメーター設定パネル内で調整しなおした後に、再度処理を行うことができます。

    処理の開始と同時に、処理後の結果が少しずつ表示されます。処理中であっても、希望通りの結果が得られないとわかった場合には、進捗バーの右にあるキャンセルボタンを押して処理を中止できます。中止後にパラメーターを変更し、 再度 をクリックして処理を実行します。

      注意:詳細モードの[個別に実行] オプションを使用すると、個々の選択エリアにより集中できます。削除Lキーを押すと、すぐにツールを切り換えられます。選択エリアの1つをクリックすると、処理が開始されます。ステップごとに、また選択エリアごとに、パラメーターを調整して、各選択エリアをより効果的に修復できます。大きく、複雑な固体を取り除きたい場合に便利なオプションです。処理後の結果が十分でない場合、/ ボタンで処理のやり直しや、不要なフラグメントの消去、選択範囲やパラメーターの変更、パッチの適用などの修正処理を行うことができます。

    自動処理による結果
    自動処理による結果
  • ステップ 6:Home Deluxe版またはBusiness版をお使いのユーザーの場合、さらに後処理ツールであるクローンスタンプ カメレオンブラシ 履歴ブラシ 修正ツール も利用できます。

    クローンスタンプを使用した後処理
    クローンスタンプを使用した後処理

    Home Deluxe版と Business版 ライセンスでは、ビネット効果も利用できます。

    ビネット
    ビネット
  • ステップ 7:処理画像を共有するには、 をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧、Twitter、Flickr、Tumblr、Google+、が表示されます。

    スタンドアロン版では、 印刷 を行うこともでき、その場合は、 をクリックします。

  • ステップ 8:処理したイメージを保存します。

    - スタンドアロン版の場合:

      をクリックして[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類 (TIFFBMPJPEGPNG) の選択、保存先フォルダーの指定を行います。

    - プラグイン版の場合:

      プラグイン版を利用の場合にのみ、 をクリックして結果をイメージに適用します。AKVIS Retoucher のプラグイン ウィンドウが閉じ、表示がフォトエディターのウィンドウに戻ります。

      フォトエディターの[ファイル] > [名前を付けて保存]から開くダイアログで、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行います。

    結果
    結果
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — ツールバー — ツールバー
   — パラメータ — パラメータ
   — ビネット — ビネット
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 画像内を広範囲に除去 — 画像内を広範囲に除去
   — 古い家族写真の修復 — 古い家族写真の修復
   — 檻の中の雌ライオン: 鉄格子を除去 — 檻の中の雌ライオン: 鉄格子を除去
   — 赤ちゃんの写真の修復 — 赤ちゃんの写真の修復
   — ダゲレオタイプの修復 — ダゲレオタイプの修復
   — 人物写真の修復 — 人物写真の修復
   — 古い写真の修復 — 古い写真の修復

 

Retoucher v. 9.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー