AKVIS Retoucher: 画像内の大きなものを消去
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Retoucher

画像内の大きなものを消去

 

AKVIS Retoucherでは、傷や不具合などを消去する修復処理と画像内の物を消去するという2種類の画像処理ができます。それぞれの処理で必要となる操作の手順は異なります。修復はほとんどが自動処理によって行われるのに対して、画像内のものを消去する場合は一部手動で行うため、リニア パッチ のそれぞれのツールの使い方を知る必要があります。

    元のイメージ 結果

画像内の大きなものの消去に関する一般的な提案を紹介します。作業中のどの段階であっても、/ ボタンで元に戻すことができ、調整を行った後に再度処理を実行できます。

  • ステップ 1: AKVIS Retoucherで画像を開き、詳細 モードに切り替えます。

    AKVIS Retoucherのワークスペース
    AKVIS Retoucherのワークスペース
  • ステップ 2: 消去したい部分を影や反射も含めて選択します。

    消去部分の選択
    消去部分の選択
  • ステップ 3: 背景が大きく変わる境界線部分を修復するために リニアツール を使います。リニア ツールにより、背景を特定の方向に修復できます。例えば、つなぎ目部分をそろえたり、エッジ部分を滑らかにしたりできます。さらに、大きな消去部分を消去しやすいように分割する場合にも使えるツールです。

    ラインの描画
    ラインの描画

    ラインはで切るだけ長く、可能なら赤く塗りつぶされた部分を突き抜けるほどの長さで描画してください。ラインを描画するとすぐに、周辺のフラグメントが修復されます。

    リニア 修復結果
    リニア ツールを使った修復結果
  • ステップ 4: パッチツール を使って、背景を修復するのに最適な部分をサンプルとして取得し、赤く塗りつぶした部分を修復していきます。

    パッチ用フラグメントの選択 赤い塗りつぶし部分にパッチを配置 結果
    パッチ用フラグメントの選択 赤い塗りつぶし部分にパッチを配置 結果

    草むらのような不均一な部分には、より多くのパッチを配置するなら良い結果が得られます。空などの均質な部分にはパッチが少なくても問題ないでしょう。

    パッチの配置
    パッチの配置

    はっきりとした縞模様のある遊歩道に関しては、リニアツール を使用したほうがよいでしょう。

    修復用ライン
    遊歩道にリニア ツールを使った修復

    ラインの周辺は、このように処理されます。

    リニア ツールの適用後
    リニア ツールの適用後
  • ステップ 5: すべてのパッチをつなげて同一のフラグメントに分けるためにもリニアツール を使います。フラグメントの間に小さなラインを描くことができます。

    フラグメントの分割
    フラグメントの分割
  • ステップ 6: 各フラグメントごとに修復を行う場合は、[個別に実行] を使用し、外側から処理を実行します。フラグメントをクリックすると処理を開始します。各選択に関するパラメータを設定パネルで設定できます。

    フラグメントごとに処理を実行する利点: 通常の処理( ボタンで実行) を実行して起用する場合、すべてのフラグメントが同時に処理されます。処理時間は長く、サンプルも選択範囲の近辺からとられるため、選択範囲全体を適切に修復することができない場合もあります。そのため、この処理方法による結果は少し荒くなる傾向があります。

    [個別に実行]ツールでは、サンプルを元々の背景からだけでなく、新たに修復した部分からも取得するため、背景を徐々にまた正確に修復できます。1つ1つの選択範囲ごとに各フラグメントを処理できます。そのため、全体の結果は各選択範囲の処理を実行する順番が大きく関係します。

    選択範囲ごとに処理
    選択範囲ごとに処理

    フラグメントの処理結果が希望通りではない場合、 ボタンをクリックして設定しなおすかパッチを追加します。背景にてきしたパッチが見つからない場合は、すでに修復した部分から選択することもできます。

    パッチの追加
    パッチの追加

    すべての部分の処理を個別に実行し終えると、このようになります。

    [個別に実行]の処理後
    [個別に実行]の処理後
  • ステップ 7: 画像の後処理を実行して、つなぎ目など修復部分の不具合を取り除きます。スタンプツール カメレオンブラシ (Home Deluxe版とBusiness版でのみ利用可能)を使えば簡単にできます。

    これらのツールができない場合、ステップ6終了時に残っている不具合をすべて選択し、再度処理を実行してください。

    不具合はすべて画像から取り除かれました。

    修復結果
    修復結果
  • ステップ 8: 処理したイメージを保存します。
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — ツールバー — ツールバー
   — パラメータ — パラメータ
   — ビネット — ビネット
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 画像内を広範囲に除去 — 画像内を広範囲に除去
   — 古い家族写真の修復 — 古い家族写真の修復
   — 檻の中の雌ライオン: 鉄格子を除去 — 檻の中の雌ライオン: 鉄格子を除去
   — 赤ちゃんの写真の修復 — 赤ちゃんの写真の修復
   — ダゲレオタイプの修復 — ダゲレオタイプの修復
   — 人物写真の修復 — 人物写真の修復
   — 古い写真の修復 — 古い写真の修復

 

Retoucher v. 9.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー