AKVIS Retoucher: ワークスペース

ワークスペース

AKVIS Retoucherは、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディタのプラグインとしても使用できます。

ワークスペースのビューは、コントロールパネル簡易モード、または詳細モードのどちらを選ぶかで異なります。簡易モードは、非常にシンプルなインタフェースと最低限のツールだけである程度の結果を短時間で得ることができます。

AKVIS Retoucherのワークスペース(簡易モード)
AKVIS Retoucherのワークスペース(簡易モード)

詳細モードでは、すべてのオプションとツールが利用できます。

AKVIS Retoucherのワークスペース(詳細モード)
AKVIS Retoucherのワークスペース(詳細モード)

プログラムのワークスペースの大部分を占めるイメージウィンドウの上部には、以下のボタンを含むコントロールパネルがあります。

 

イメージ ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。簡易/詳細モードのどちらの編集モードを使用中かによって表示されるツールは異なります。ツールのパラメータは、イメージ上を右クリックして表示されるボックスと。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するにはナビゲータ ウィンドウを使用します。ナビゲータ ウィンドウには、イメージの縮小版が表示されます。赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。表示されていない部分に赤枠を重ねると表示できます。赤枠を動かすには、ナビゲータ ウィンドウの赤枠の内側にカーソルを置き、目的の位置までドラッグするだけです。

ナビゲータ ウィンドウ
ナビゲータ ウィンドウ

イメージ ウィンドウで画像をスクロールするには、キーボードのスペースバーを押しながら画像をドラッグします。マウスのスクロールホイールを使うと、イメージは上下に動き、Ctrl (Macでは)を押しながらの場合は左右に動き、Alt (MacではOption)を押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダまたは を使用して、イメージ ウィンドウ内のイメージを拡大/縮小することができます。 をクリックするか、スライダを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、[拡大/縮小]欄に値を入力してイメージを拡大/縮小することもできます。プルダウンメニューには、使用頻度の高い値が表示されます。

ホットキーを使用して、画像を拡大/縮小することもできます。拡大する場合は +キーおよび Ctrl++キー(Macでは ++キー)、縮小する場合は -キーおよび Ctrl+-キー(Macでは +-キー)を使用します。

 

ナビゲータウィンドウの下には、ツールのパラメータなどを含む設定パネルがあります。

設定パネルの下には、カーソルをパラメータやボタンに合わせた場合にヒントが表示されます。

 

Retoucher v. 9.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード