Vignette Effect for Your Images in AKVIS Retoucher

ビネット

ビネット効果は、写真のエッジ部分の明暗を変更し、写真の中心部分に注目させることができます。レトロ風な画像、特に年代物の人物画にはピッタリです。この効果を使用することで、雰囲気を変えたり、写真の構図を変えたりできます。ビネットは、AKVIS Retoucher で非常に簡単に実行できます。

注意:[ビネット]オプションは、Home Deluxe版と Business版のみで利用できる機能です。

ビネット効果

 

次のパラメーターを調整します。

エッジの明暗 (設定可能範囲は -100 から 100): 0以下の値の場合はエッジがより暗くなり、0以上の値ではエッジがより明るくなります。

暗いエッジ
暗いエッジ = -100
明るいエッジ
明るいエッジ= 100

サイズ (設定可能範囲は 1-100): 効果の領域を変更するパラメーターです。

ビネット(小)
サイズ = 50
ビネット(大)
サイズ = 85

(設定可能範囲は -100 から100): このパラメーターを使ってビネットの角をどの程度丸くするかにより、表示される写真の部分が長方形(0以下の値の場合)または円形(0以上の値)になるかを設定できます。

長方形に近い形
形 = -50
円形
形 = 50

滑らかなトランジション (設定可能範囲は 0-100): このパラメーターは、ビネットと中心部分の境界を滑らかに調整します。値を高くする程、フェード効果が高くなります。

境界部分が鮮明なビネット効果
滑らかなトランジション = 0
境界部分をぼかしたビネット効果
滑らかなトランジション = 20

位置: 白いマーカーを移動すると、ビネットの位置を変えることができます。中心の座標が、X と Y の各フィールドに表示されます。

右に移動
上に移動
ビネットの移動

 

Retoucher v. 9.6 - 10日間の評価期間    ダウンロード