AKVIS Retoucher: バッチ処理 - すべてのフレームを自動処理
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Retoucher

バッチ処理

 

AKVIS Retoucherバッチ処理 をサポートしており、一連のイメージを自動的に変換できます。

バッチ処理は、同じ環境かつ同じカメラ設定で撮影した一連の写真の処理やビデオの作成に便利です(すべてのフレームを自動処理)。作業時間と労力の節約に大いに役立ちます。

  • ステップ 1: AKVIS Retoucherの選択ツールを使って、修復が必要な箇所にマークを付けます。マークが付いている選択フォルダ内のすべての画像がレタッチされます。

    選択範囲を別の.retouch形式のファイルに保存します。

    AKVIS Retoucherのワークスペースとパラメータの設定
  • ステップ 2: 開いた写真のパラメータを調節します。この同じ設定をすべての写真にも適用する。
  • ステップ 3: コントロール パネル をクリックすると、[バッチ処理]ダイアログボックスが開きます。

    コントロール パネル

    ソース フォルダ フィールドには、処理を行う写真が保存されているフォルダを選択します。

    ターゲット フォルダフィールドには、処理済みの写真を保存するフォルダを選択します。 [すべてのサブフォルダを含む] チェックボックスをオンにすると、選択したフォルダ内のサブフォルダに含まれている写真もすべて処理されます(構造を維持したまま)。

    次に、.retouchを選択し、[名前をつけて保存] リスト内のファイルの保存形式や画像の品質を選択します。

  • ステップ 4: 写真のバッチ処理は、[開始] をクリックします。

    バッチ処理
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — ツールバー — ツールバー
   — パラメータ — パラメータ
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 画像内を広範囲に除去 — 画像内を広範囲に除去
   — 古い家族写真の修復 — 古い家族写真の修復
   — 檻の中の雌ライオン: 鉄格子を除去 — 檻の中の雌ライオン: 鉄格子を除去
   — 赤ちゃんの写真の修復 — 赤ちゃんの写真の修復
   — ダゲレオタイプの修復 — ダゲレオタイプの修復
   — 人物写真の修復 — 人物写真の修復
   — 古い写真の修復 — 古い写真の修復

 

Retoucher v. 8.3 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー