チュートリアル: AKVIS Decorator は、被写体表面の色や模様を違和感なく変更することができるプラグインです
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Decorator

操作方法

 

AKVIS Decorator を使うと、被写体表面の色や模様を違和感なく変更することができます。被写体の起伏や勾配も維持しつつ、色や模様を変更できます。そのため、まったく違和感のない自然な仕上がりと新たな世界観が得られます。

AKVIS Decorator を使用して写真の被写体の色や模様を変更するには、以下の手順を実行します。

  • ステップ 1: イメージを開きます。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    空のワークスペースをダブルクリックするか、コントロール パネル をクリックすると、[イメージを開く]ダイアログボックスが表示されます。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。AKVIS Decorator のスタンドアロン版は、JPEGPNGBMPTIFFの各ファイル形式をサポートしています。

    プラグイン版で作業する場合:

    お使いのフォトエディターでイメージを開くには、 [ファイル] > [開く] コマンドを実行するか、ホットキーであるCtrl+Oキー(Macintoshでは、+Oキー)を押したままツールを使用します。

    AKVIS Decorator のプラグインは、フォトエディターの [フィルター]または[効果]メニューの[AKVIS] > [Decorator]から呼び出します。

    Adobe Photoshop もしくはPhotoshop Elements では、[フィルター] > [AKVIS] > [Decorator]Corel Paint Shop Proでは、 [Effects] > [Plugins] > [AKVIS] > [Decorator]Corel Photo-Paintでは、 [Effects] > [AKVIS] > [Decorator]をそれぞれ選択して呼び出します。

    車の写真
  • ステップ 2: テクスチャを変更するオブジェクトを選択します。フォトエディターの選択ツールを使用してください。選択は、正確に行ってください。

    フォトエディターでの設定は、AKVIS Decorator のプラグイン版にそのまま転送されます。

    AKVIS Decorator で選択の作成や編集を行うときに使用できるツールは選択ブラシ 消しゴムツール 塗りつぶしツール 自動選択ツール です。

    各ツールのパラメーターは設定パネル、またはイメージウィンドウ内を右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

                    
    ヒント:  直線を描画する場合、クリックで始点を指定し、Shiftキーを押しながら終点をクリックして最後にShiftキーを離します。Shiftキーを離さない場合、クリックするそれぞれの位置まで新たな直線がひかれます。     

    選択ブラシツール消しゴムツールのブラシの太さを変更するには、ホットキーである[キーで細く、または]キーで太くすることができます。

    選択範囲の作成
  • ステップ 3: 選択された被写体への新しい模様の適用や色の変更ができます。設定パネル[模様] もしくは[色] タブのパラメーターを設定してください。

    [模様]タブ

    模様は模様ライブラリから選択するか、オリジナルのイメージを読み込んで模様として使用することもできます。模様ライブラリを開くには、模様が表示されているボックス内をダブルクリックしてください。

    [模様]タブ

    内蔵の模様ライブラリには様々な種類の模様があらかじめ用意されています。これらの模様は、石材、生地、花などのカテゴリ別に分類されています。 模様を選択するには、カテゴリ ツリーでカテゴリを選択して、目的の模様をダブルクリックします。

    自分で作成したオリジナルの模様を使用することもできます。ご自分で作成した模様を AKVIS Decorator に読み込むには、模様ライブラリを開き、 をクリックしてダイアログから模様を選択します。

    模様を選択せずに模様ライブラリに戻るには、 をクリックします。

    模様ライブラリ

    選択した模様の角度サイズを調整することも可能です。

    • 角度 (設定可能範囲は -180 - 180):このパラメーターは模様の回転角度を設定します。負の値は反時計回りに模様を回転し、正の値は時計回りに回転します。

      角度 = 0 角度 = -45 角度 = -90
      角度 = 0 角度 = -45 角度 = -90

    • サイズ (設定可能範囲は 10 - 200%): このパラメーターでは、模様パターンのサイズを指定することができます。初期設定値は 100% です。低い値を指定すると、模様パターンのサイズが小さくなり、高い値を指定すると、模様パターンのサイズが大きくなります。

      サイズ = 50 サイズ = 100 サイズ = 155
      サイズ = 50 サイズ = 100 サイズ = 155

    • [色]チェックボックス: 選択した模様の色を変更することができます。変更されるのは色のみで、明るさや鮮やかさは変わりません。

      模様の色を変更するには、カラー バーの横のチェック ボックスをオンにして、バーをクリックします。次に、色の選択ダイアログ ボックスで目的の色を選択します。

      模様の色

      元の色 青色を適用 バラ色を適用
      元の色 青色を適用 バラ色を適用

    [色]タブ:

    模様は変更せずに、色のみを変更する場合は、設定パネル[色]タブに切り替えて、目的の色を選択します。

    [色]タブ

    色は、カラーパレット色の選択ダイアログ ボックスから選択することができます。カラーパレットから色を選択するには、パレットの任意のセルをクリックするだけです。選択した色は、右側の四角形のボックスに表示されます。

    色の選択ダイアログ ボックスを開くには、パレットの右側にある四角形をダブルクリックします。

    色の選択

    更に、元の画像から色を選択することもできます。元の写真から色を選択するには、元の写真の任意の領域をCtrlキー(Macintosh の場合は、キー)を押したままツールを使用します。

    [色]タブにはカスタム パレット (空のセル)があり、お気に入りの色を保存することもできます。カスタム パレットに色を保存するには、大きい四角形のボックスからカスタム パレットの任意のセルに色をドラッグします。(使用中のセルにも可能)。カラーパレットから色を選択するには、パレットの任意のセルをクリックするだけです。色を削除するには、削除する色のセルを右クリックします。

  • ステップ 4: 必要に応じて、以下のパラメーターを調整します。これらのパラメーターは、模様 (色) の適用方法に影響します。
    • 明るさ (設定可能範囲は 10-200):このパラメーターを使用して、選択した領域を明るくまたは暗くすることができます。デフォルト値は100 に設定されています。値が高いほど、画像は明るくなります。

      明るさ = 60
      明るさ = 60

      明るさ = 100
      明るさ = 100

      明るさ = 140
      明るさ = 140
    • 深さ(設定可能範囲は 0 - 100): このパラメーターでは、写真の光と影の量を調整することができます。0 を指定した場合、影、起伏、勾配は無視され、平らな印象の写真が生成されます。高い値を指定するほど、光と影の領域がより明確になり、写真の深みが増します。ただし、極端に高い値を指定すると、写真の一部が露出過度または露出不足になってしまう可能性があります。

      深さ = 5
      深さ = 5

      深さ = 40
      深さ = 40

      [模様]タブのみ:

    • ワーピング(設定可能範囲は 0 - 100):このパラメーターでは、模様のワーピング レベルを指定することができます。 0 を指定した場合、模様はまったくワーピングされず、高い値を指定するほど、模様の変形度合いが上がります。

      ワーピング = 5
      ワーピング = 5

      ワーピング = 80
      ワーピング = 80
    • 光源:ボール上のマークを使用し、撮影時に考えられる光源を設定します。光源の位置は、模様で覆った(背景に模様を使用する)場合に影響します。

      光源
  • ステップ 5: ボタンをクリックして、選択された被写体への模様や色の適用を行います。結果は[処理後]タブに表示されます。

    満足のいく結果でない場合、更にパラメーターを調整して ボタンをクリックします。

    模様を選択範囲に適用
  • ステップ 6: 結果を Twitter、Flickr、Google+、Dropbox で共有する場合は、 をクリックします。

    スタンドアロン版で印刷を行う場合は、 をクリックします。

  • ステップ 7: 処理したイメージを保存します。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFFBMPJPEGPNG) を選択し、保存先フォルダーを選択します。

    プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして結果を適用します。

    [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行います。

    新しい外見の車
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 環境設定 — 環境設定
操作例 操作例
   — 衣服の色と模様 — 衣服の色と模様
   — インテリア デザイン — インテリア デザイン
   — 動物の体の模様を変更 — 動物の体の模様を変更
   — ティーポットの柄 — ティーポットの柄

 

Decorator v. 5.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー