AKVIS Decorator: ワークスペース

ワークスペース

AKVIS Decorator は、独立したスタンドアロン プログラムとして、また、ご使用のフォトエディターのプラグインとしても機能します。

AKVIS Decorator のワークスペース:

AKVIS Decorator のワークスペース

プログラムのワークスペースの大部分を占めるイメージ ウィンドウ は、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。すべての処理は [処理後]タブ内で実行されます。

イメージ ウィンドウ[処理前][処理後]タブの表示方法は、左側パネル下部の表示モードで変更できます。

表示モード

 

コントロールパネルには以下のコントロールが含まれています。

 

イメージウィンドウの左側にある ツールバーには、選択ツールやその他のツールがあります。

各ツールのパラメータは 設定パネル、またはイメージウィンドウ内を右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するには ナビゲーターを使用します。ナビゲーターには、イメージの縮小版が表示されます。赤枠で囲まれた領域は、現在イメージウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージウィンドウに表示されません。表示されていない部分に赤枠を重ねると表示できます。赤枠を動かすには、ナビゲーターの赤枠の内側にカーソルを置き、目的の位置までドラッグするだけです。

ナビゲーター

さらに、スクロールバーの使用、キーボードのスペースキーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージ ウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrl (Mac の場合は) キーを押しながらの場合は左右に動きます。Alt (Mac の場合はOption) キーを押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーまたは を使用し、イメージウィンドウ内のイメージを拡大/縮小できます。 をクリックするか、スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、拡大/縮小率の欄に値を入力してEnter (Mac の場合はReturn) キーを押しながら左クリックして行います。よく使用する倍率の値はドロップダウン メニューにも用意されています。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。+またはCtrl++ (Mac の場合は++) で拡大、-またはCtrl+- (Mac の場合は+-) で縮小します。

ナビゲーターの下にある設定パネルでは、模様、色、オーバーレイ パラメーター、イメージ内の光源の位置、ツールのオプションなどの変更を行います。

設定パネルの一番下にある[初期設定に戻す]ボタンは、すべてのパラメーターをデフォルト値にレストアします。

設定パネルの下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合に ヒントが表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定は、プログラムの環境設定で行うことができます。

 

Decorator v. 6.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード