AKVIS Decoratorの操作例: ティーポットの柄
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Decorator

茶瓶の色や模様を変更

 

同じ茶瓶でも、AKVIS Decorator で材質 (色と模様) を変更すると、印象ががらりと変わります。

    元のイメージ 結果 結果
    元のイメージ 結果

  • ステップ 1: 茶瓶の写真を用意します。柄のない茶瓶を使用することをお勧めします。

    茶瓶の写真
  • ステップ 2:AKVIS Decorator互換性のあるフォト エディタで写真を開きます。
  • ステップ 3: 選択ツールを使用して、茶瓶の本体(取っ手を除く) を選択します。輪郭を正確に描画できる選択ツールを使用することが重要です。

    AKVIS Decorator で選択の作成や編集を行うことができます。

    イメージの選択
  • ステップ 4: AKVIS Decorator プラグインを呼び出して、模様ライブラリから目的の模様を選択します。チーズ柄の模様を選択してみました。

    チーズ柄の模様
  • ステップ 5: をクリックします。

    数秒後、[処理後] タブにチーズ柄の茶瓶が表示されます。アルプスの山小屋でチーズ フォンデュを食べながら、芳香な紅茶を飲んでいるような想像が浮かんできませんか。

    チーズ柄の模様の茶瓶
  • ステップ 6:次は、上下左右に細い線の付いたダークグレイの紙の模様を選択してみましょう。 をクリックします。

    ダークグレイの紙の模様
  • ステップ 7: 茶瓶の元の色は明るいため、暗い色の模様を選択しても、明るい結果が生成されてしまいます。こちらを修正する場合、[明るさ] パラメーターの値を下げる必要があります。

    適切な結果が得られるまでパラメーターを調整するたび、変更内容を適用するには、イメージ ウィンドウ[処理後] タブの ボタンをクリックする必要があります。

    明るさの修正
  • ステップ 8: 新しい模様がより自然に見えるように、[深さ] パラメーターの値を上げます。このパラメーターの値を上げると、光と影の領域がより明確になります (暗い領域はさらに暗く、明るい領域はさらに明るくなります)。

    この写真はカメラのフラッシュで撮影されたものなので、被写体にまっすぐ光が当たっています。したがって、光源の位置を変更する必要はありません。

    深さの値を上げる
  • ステップ 9: をクリックし、結果を適用します。簡素な柄と深みのある色から、日本の伝統的な茶道を思い浮かべる人も多いでしょう。

    日本の伝統的な茶道で使用されるような茶瓶
    写真をクリックして、茶道で使用されるような茶瓶を拡大表示

注意:選択範囲が正確でなかった場合、または被写体の輪郭が曖昧で正確に選択できなかった場合は、AKVIS Decorator の使用後、小さいぼかしツールで輪郭を調整してください。たとえば、Photoshop の場合、[強さ] = 30% でぼかしツールを適用し、 Paint Shop Pro の場合、[不透明度] = 30% でソフトネス ツールを適用してください。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 環境設定 — 環境設定
操作例 操作例
   — 衣服の色と模様 — 衣服の色と模様
   — インテリア デザイン — インテリア デザイン
   — 動物の体の模様を変更 — 動物の体の模様を変更
   — ティーポットの柄 — ティーポットの柄

 

Decorator v. 5.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー