AKVIS Decoratorの操作例: ティーポットの柄

茶瓶の色や模様を変更

同じ茶瓶でも、AKVIS Decorator で材質 (色と模様) を変更すると、印象ががらりと変わります。

注意: 選択範囲が正確でなかった場合、または被写体の輪郭が曖昧で正確に選択できなかった場合は、AKVIS Decorator の使用後、小さいぼかしツールで輪郭を調整してください。たとえば、Photoshop の場合、[強さ] = 30% でぼかしツールを適用し、Paint Shop Pro の場合、[不透明度] = 30% でソフトネス ツールを適用してください。

 

Decorator v. 6.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード