AKVIS Decoratorの操作例: 動物の体の模様を変更
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Decorator

動物の体の模様を変更

 

このチュートリアルの作成者はAlvaro Salazar Chacon です。このチュートリアルは、Adobe PhotoshopAKVIS Decorator プラグインを使用して作成しました。

自然界では控えめな(抑えた)色合いが用いられることが多い一方、人間は大胆な実験を試みようとします。AKVIS Decorator は動物の体の模様(色)を変えることができ、別の動物の模様で覆ったり、遊び心からユニークな色合いを持たせたりできます。

    元のイメージ 結果
  • ステップ 1:動物の画像をグラフィック エディターで開きます。

    元のイメージ
    元のイメージ
  • ステップ 2:動物の体で模様を変える部分を選択します。[ペン]ツール を使用すると、細かな部分の選択ができ、不要部分までも選択してしまうというミスが減らせます。

    範囲の選択
    範囲の選択
  • ステップ 3:範囲の選択が終わったら、右クリックメニューから [選択の確定] を選択します。

    選択範囲の確定
    選択範囲の確定
  • ステップ 4:AKVIS Decorator プラグインを呼び出します。Adobe Photoshop では、[フィルター] > [AKVIS] > [Decorator]の順で選択して呼び出します。

    模様ライブラリには、カモフラージュさせるための様々な模様が用意されています。例えば、「うろこ」で像の体が覆うことができます。

  • ステップ 5: ボタンをクリックすると、模様のマッピング処理が開始されます。

    模様のマッピング
    模様のマッピング
  • ステップ 6:処理結果に問題がなければ、 ボタンをクリックします。以下に、Decoratorで様々な模様を適用した例を紹介します。

    結果: ゾウの画像

    結果: サイの画像

    結果: カメの画像
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 環境設定 — 環境設定
操作例 操作例
   — 衣服の色と模様 — 衣服の色と模様
   — インテリア デザイン — インテリア デザイン
   — 動物の体の模様を変更 — 動物の体の模様を変更
   — ティーポットの柄 — ティーポットの柄

 

Decorator v. 5.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー