AKVIS Refocus スタンドアロン: フォーカスモード
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Refocus

操作方法

 

AKVIS Refocus は、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディタのプラグインとしても使用できます。

以下の手順を実行します。

  • ステップ 1: 画像を読み込みます。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

      AKVIS Refocusのスタンドアロンプログラムを実行します。

      画像を開くには、ワークスペースの空き領域をダブルクリックするか、コントロールパネルのをクリックします。プログラムがサポートしているファイル形式は、BMPJPEGPNGTIFFRAWです。

    -プラグイン版で作業する場合:

      フォトエディターを起動します。 AKVIS Refocus プラグインは、Adobe Photoshop、Adobe Photoshop Elements、Corel PaintShop Pro、他の多くのフォトエディターとの互換性があります。

      [ファイル] > [開く]コマンドを実行するか、ホットキーのCtrl+O (Macでは +O)を使用して、お使いのフォトエディターでイメージを開きます。

      その後、フォトエディターの[フィルター(または効果)]メニューからAKVIS Refocusプラグインを呼び出します。Adobe Photoshopの場合、[フィルター] > [AKVIS] > [Refocus]Corel PaintShop Proの場合、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [Refocus]Corel Photo-Paintの場合、[効果] > [AKVIS] > [Refocus]をそれぞれ選択します。

    お使いのフォトエディターでイメージを開く
  • ステップ 2: 設定パネルのドロップダウンメニューから処理モードを選択します。
    • リフォーカスモードは、ぼやけたイメージの鮮明度を高めます。イメージ全体の処理を行うことはもちろん、特定のディテールのみのリフォーカスもできます。
    • 逆ティルト効果モードは、写真がミニチュアのおもちゃのように見える効果です。イメージが「ミニチュア化」、つまり、周辺部をぼかし、オブジェクトが模型のように見えるような効果が適用されます。
    • アイリスぼかしモードは、被写体のピントを維持しつつ、背景をぼかすことにより、浅い被写界深度効果が適用されます。このモードは、Home Deluxe版とBusiness 版でのみ利用できます。
    • 移動ぼかし: この方法は、カメラの直線的な動きをシミュレートします。
    • 放射状ぼかし: この種類もモーションを模倣します。

    Refocusモードがイメージを鮮明にするのに対し、他の2つのモードはぼかし効果が適用されます。一般的に(すべての場合とは限らない)、アイリスぼかしは人物画、逆ティルト効果は風景画に適しています。

  • ステップ 3:設定パネルのパラメーターを調整します。

    AKVIS Refocus のパラメータを調整
  • ステップ 4: 好みの設定をプリセットとして保存し、後で使用することができます。

      注: プリセットは、設定パネルのパラメーターの値を保存するのであって、効果適用領域を指定したラインを保存するわけではありません。

    プリセットを保存するには、[プリセット]欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。今後、このプログラムを実行した際は、このプリセットの設定が使用されます。各種パラメーターの値を変更した場合、[リセット]ボタンをクリックすることで、プリセットの初期設定に戻すことができます。

    プリセットを削除するには、一覧から目的のプリセットを選択し、[削除]をクリックします。

    プリセットを指定してイメージを処理するには、ドロップダウン メニューから選択します。

  • ステップ 5: ソーシャルネットワークに画像を投稿することができます ()。

    AKVIS Refocusのスタンドアロン版では、イメージを印刷することができます。印刷するには、 をクリックして。

  • ステップ 6: 結果を保存します。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

      をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類(TIFFBMPJPEGPNG)を選択し、保存先フォルダを選択します。

    - プラグイン版で作業する場合:

      をクリックして適用します。AKVIS Refocusプラグインが終了し、画像がフォトエディターのワークスペースに表示されます。

      [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行ないます。

 

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — リフォーカス — リフォーカス
   — 逆ティルト効果 — 逆ティルト効果
   — アイリスぼかし — アイリスぼかし
   — モーションぼかし — モーションぼかし
   — 放射状ぼかし — 放射状ぼかし
   — ぼけ味(形) — ぼけ味(形)
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 惹きつけられる瞳 — 惹きつけられる瞳
   — おもちゃの世界 — おもちゃの世界

 

Refocus v. 8.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー