AKVIS Refocus: リフォーカス モード
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Refocus

リフォーカス モード

 

リフォーカスモードは、ぼやけたイメージの鮮明度を高めます。イメージ全体の処理を行うことはもちろん、背景に対して手前の被写体などが目立つように指定部分のみピントの調整を行うこともできます。

リフォーカス モード
リフォーカス モード
(画像上にマススをのせると、元の写真が表示されます)

リフォーカス モードを使用してイメージのピントを補正するには、以下の作業を行います。

  • ステップ1: 写真はデフォルトのパラメーター値で処理されます(プリセット一覧のAKVIS Default)。

    変換されたイメージはプレビュー ウィンドウ[処理前]タブに表示されます。ボタンでプレビュー領域のオン/オフ(表示/非表示)を切り替えることができます。

    プレビュー領域は点線枠で表示されます。この枠は、ドラッグしたり、イメージ上の任意の位置に新たに描画して、他の部分を確認することができます。

    クイックプレビューウィンドウ

    処理後のイメージと元のイメージを比較する場合は、イメージのプレビュー枠内をクリックしてください。

    プレビュー枠のサイズは、環境設定 で変更できます。

  • ステップ2: 最大限の結果を得るために、設定を調整します。

    以下の設定を調整します。

    滑らかさ (1-10): 滑らかさのレベルを設定します。値が高いほど、他のパラメーターの影響を強く受けることになります。

    滑らかさ = 1 滑らかさ = 10
    滑らかさ = 1 滑らかさ = 10

    ぼかし(カラー) (1-10): 色を同じ状態に揃えることにより、色ぶち(フリンジング)やハローを取り除きます。 1つ前で言及されているパラメーターとともに使用することにより、より効果的な結果を得ることができます。

    ぼかし(カラー) = 1 ぼかし(カラー) = 10
    ぼかし(カラー) = 1 ぼかし(カラー) = 10

    詳細度 (0-50): 画像内の詳細を鮮明にします。高い値の場合、ノイズが発生することもあります。

    詳細度 = 0 詳細度 = 50
    詳細度 = 0 詳細度 = 50

    鮮明度 (0-50): リフォーカス効果の強度を設定します。

    鮮明度 = 0 鮮明度 = 50
    鮮明度 = 0 鮮明度 = 50

    ノイズの除去: 画像に生じてしまうデジタル ノイズ、粒子、アーティファクト(中間生成物)などを取り除きます。

    チェックボックスが無効になっています チェックボックスが有効になっている
    チェックボックスが無効になっています チェックボックスが有効になっている

  • ステップ3:  イメージの特定の領域のみを処理する場合は、以下のツールを使用して定義します。

    フォーカス/背景領域の指定
    • (フォーカス領域):青色鉛筆を使用して、リフォーカス処理を行う領域(フォーカス範囲)のアウトラインを描きます。
    • (背景領域):赤色鉛筆を使用して、フォーカスしない(ぼかす)領域のアウトラインを描きます。

      注意: 赤色のアウトラインで描かれた領域をぼかすことができます フォーカス解除機能は Home Deluxe版とBusiness版でのみ利用できます)。

      よりリアルな効果を得るためには、写真の一部を鮮明にし、残りの部分をぼかすことができます。

      背景に対してぼかしパラメーター(値: 0~1000)を調整します。

      ぼかしなし 背景をぼかす
      ぼかし = 0 ぼかし = 80

    • (消しゴム): このツールを使用し、描画したストロークを削除します。

      - すべてのストローク;
      - 赤いストロークのみ;
      - 青いストロークのみ

    ブラシの幅やサイズなどのパラメーターは、設定パネルサイズパラメーター、またはイメージウィンドウ内で右クリックして表示されるポップアップウィンドウで設定を調整できます。

    注意:

    オブジェクトの周りを描く場合は閉じたアウトラインを使用すると良いでしょう。それ以外の場合、この効果は描画した枠からはみ出ることがあります。

  • ステップ4:  をクリックして処理を開始します。

    処理を中断する場合は、進捗バーの右側の[キャンセル]ボタンをクリックします。

    イメージ全体を処理
  • ステップ5:  変更したパラメーターの設定をプリセットとして保存し、後で使用できます。

    注: プリセットは、設定パネルのパラメーターの値を保存するのであって、効果の適用領域を保存するわけではありません。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — リフォーカス — リフォーカス
   — 逆ティルト効果 — 逆ティルト効果
   — アイリスぼかし — アイリスぼかし
   — モーションぼかし — モーションぼかし
   — 放射状ぼかし — 放射状ぼかし
   — ぼけ味(形) — ぼけ味(形)
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 惹きつけられる瞳 — 惹きつけられる瞳
   — おもちゃの世界 — おもちゃの世界

 

Refocus v. 8.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー