AKVIS Refocus: 逆ティルト効果モード

逆ティルト効果モード

逆ティルト効果モードは、鮮明な部分が帯状に適用され、エッジ部分ではぼかしが徐々に適用され、スムーズな遷移が見られます。このモードは、写真内のオブジェクトがまるで「おもちゃ」のように見えます。外側の部分をぼかすので、オブジェクトがミニチュア模型のように見えるのです。プログラムによって、人間、建物、車の大きさを小さく変換しているように感じるでしょう。

実生活でこのような写真を撮るには、専用のカメラレンズを使う必要があります。しかし、AKVIS Refocusを使えば、どんな写真もミニチュアの世界に変身させることができます。

逆ティルト効果
逆ティルト効果モード
(画像上にマススをのせると、元の写真が表示されます)

効果を適用するには、以下の手順を実行します。

 

Refocus v. 8.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード