AKVIS Sketch ワークスペース: 写真からスケッチ画変換ソフトウェア

ワークスペース

AKVIS Sketch は、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディターのプラグインとしても使用できます。

ワークスペースの配置は、コントロールパネル簡易モード詳細モードのどちらを選ぶかで異なります。

簡易モードのインターフェイスは非常にシンプルになっています。最低限のツールだけである程度の結果を短時間で得ることができます。

AKVIS Sketch のワークスペース (簡易モード)
AKVIS Sketch のワークスペース (簡易モード)

詳細モード では、プログラムのすべての機能を利用できます。[オプション]、[背景]、[装飾]の各タブにあるすべてのパラメーターやツールを利用できます。

注意: すべての機能とパラメーターは、簡易モードで使用できます。中には、デフォルト値を使用するために隠されているものや特定のプリセットの値を使用するものなどがあります。

AKVIS Sketch のワークスペース (詳細モード)
AKVIS Sketch のワークスペース (詳細モード)

 

プログラム ウィンドウの左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前]と[処理後]の 2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理後]タブには変換後の鉛筆画が表示されます。タブを切り換えて、変換後のイメージと元のイメージを比較する場合は、イメージ上の任意のポイントをクリックしてください。

ウィンドウ上部には、以下のボタンを含むコントロール パネルがあります。

 

詳細モードのメイン ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。アクティブなタブ、[処理前]または[処理後]タブによって表示されるツールは異なります。

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するには ナビゲーターを使用します。ナビゲーターの赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。赤枠をドラッグすると画像の表示領域を変更できます。赤枠を移動させるには、マウスをクリックしたままカーソルをドラッグします。

ナビゲーション ウィンドウ
ナビゲーター

さらに、スクロールキーの使用、キーボードのスペースキーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrlキー (Mac OS の場合は キー) を押しながらの場合は左右に動きます。Altキー (Mac OS の場合は Optionキー) を押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーまたは を使用し、イメージウィンドウ内のイメージを拡大/縮小できます。 をクリックするか、スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、拡大/縮小率の欄に値を入力して Enterキー (Mac OS の場合は Returnキー) を押すこともできます。よく使用する倍率の値はドロップダウン メニューにも用意されています。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。+または Ctrl++キー (Mac OS の場合は ++キー) で拡大、-または Ctrl+-キー (Mac OS の場合は +-キー) で縮小します。

ナビゲーターの下にある設定パネル では、写真からスケッチ画への変換技法 (クラシック/アーティスティック) を選択し、パラメーターを設定します。

設定パネルには、[スケッチ]、[背景]、[装飾]の 3つのタブが用意されています。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。現在の設定は保存だけでなく、編集や削除もできます。プログラムの起動時には、最後に使用したプリセットが使用されます。

注意: [スケッチ]と[装飾]の 2つのタブの情報のみ、プリセットとして保存でき、[背景]タブの情報は保存できません。

設定パネルの下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合に ヒントが表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定は、プログラムの環境設定で行うことができます。

 

Sketch v. 23.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード