写真からスケッチ画: AKVIS Sketch のマエストロ技法

写真からスケッチ画: マエストロ技法

マエストロ技法AKVIS Sketchに加わり、より芸出的な作業ができるようになりました。作り出される色鮮やかで表現力豊かな巨匠のような作品は、見事なハッチング、鮮明かつ自然な輪郭、ちょうど良い量のディテールが含まれ、写真ではなく本物の絵画のようです。この技法では、洗練された匠の技と芸術性を調和よく統合します。

元のイメージ写真からスケッチ画に変換
鉛筆画を写真から作成: AKVIS Sketch のマエストロ技法

 

[スケッチ]タブでは、写真から鉛筆画へ変換するための各種設定を調整できます。

マエストロ技法のパラメーターは、[ストローク]、[ハッチング]、[エッジ]、[効果]という 4つのセクションにグループ分けされています。

 

[ストローク]タブ:

元の色: 元の色範囲を使用した鉛筆画を作成できます。

[元の色]チェックボックスがオン
色鉛筆画
([元の色]チェックボックスがオン)
[元の色]チェックボックスがオフ
白黒鉛筆画
([元の色]チェックボックスがオフ)

チェックボックス右側のスライダーを動かしてイメージの彩度を調整できます。このパラメーターの値が大きいほど、イメージ上に現れる色が強く、鮮やかになります。

彩度= 5
元の色 (彩度 = 5)
彩度= 80
元の色 (彩度 = 80)

[元の色]チェックボックスがオフの場合、 鉛筆のストロークの色と背景の色をそれぞれカラー パレットで選択できます。

鉛筆の色背景の色を使用します。カラーパレットをクリックし、標準の[色の選択]ダイアログから色を選択してください。パレットを右クリックすると、デフォルト色 (白と黒) にリセットされます。

鉛筆の色
背景の色

鉛筆と背景の色を変更

ストロークの太さ (設定可能範囲は 10-100): このパラメーターではストロークの太さを設定します。パラメーターの値を小さくすると、鉛筆のストロークは細くて硬い質感が出る一方、値を大きくするとストロークは太くなります

細いストローク
ストロークの太さ = 10
濃く太いストローク
ストロークの太さ = 90

最小長/最大長 (設定可能範囲が 2-100): ストローク長の範囲を設定します。表示されるストロークは、スライダー左側で設定する最小長より長く、スライダー右側で設定する最大長より短くなります。

短いストローク
最小長/最大長 = 3/10
長いストローク
最小長/最大長 = 40/50

 

[ハッチング]タブ:

 

[エッジ]タブ:

 

[効果]タブ:

木炭 (設定可能範囲は 0-10): このパラメーターは描画の技法を鉛筆から木炭へ変更します。パラメーターの値が大きいほど、木炭の技法がより強く表れます。

木炭
木炭 = 8

水彩画 (設定可能範囲は 1-10): 水彩画効果を適用する領域とのトランジションを滑らかに調整することができます。

水彩画
水彩画 = 6

混合 (設定可能範囲が 0-100): スケッチ画と元の画像を統合することができます。値が 0 の場合、色の混合は行われません。値を大きくすることで、元の画像の色がスケッチ画の間から見えるようになり、着色効果ともいえます。

混合
混合 = 40

[追加効果]チェックボックス:

追加効果を適用
追加効果