写真からスケッチ画: AKVIS Sketch のアーティスティック技法

写真からスケッチ画: アーティスティック技法

AKVIS Sketchアーティスティック技法では、プロの芸術家の作品のような表情豊かな絵を描くことができます。

この技法では、クイック スケッチの作成と詳細で陰影のある鉛筆画の両方を作成できます。この技法の主な特徴は、ハッチングが使用可能であり、陰影や影が多様なことから自然なトーンの変化を与えることができるという点です。この技法を使用するには、良い写真が必要です。最も良い結果が得られるのは、写真が良い光のもとで撮影され、良いコントラストを持っている場合です。

 

[スケッチ]タブでは、写真から鉛筆画へ変換するための各種設定を調整できます。

設定パネル のパラメーターは、[ストローク]タブ[効果]タブにそれぞれ分類されています。

[ストローク]タブ (ハッチングのパラメーターを含む):

[効果]タブ:

木炭 (設定可能範囲は 0-10):このパラメーターは描画の技法を鉛筆から木炭へ変更します。パラメーターの値が大きいほど、木炭の技法がより強く表れます。

木炭
木炭 = 7

シャドウ (設定可能範囲は 1-30): シャドウ (影) の部分を鮮明にし、作品により幅と深みを与えます。

ノイズ (設定可能範囲は 0-100): 画像にノイズが追加されていきます。

コントラスト (設定可能範囲が 0-100): ハイライト部分とシャドウ部分の差を大きくすることができます。この設定を使用することで、不要なディテールを取り除くことができ、すっきりした作品になるでしょう。

[クロスハッチング]チェックボックスは、Home Deluxe および Business ライセンスでのみ利用可能です。チェックボックスが有効な場合、異なる方向や交差するストロークに関する特別なモードが適用されます。

クロスハッチングのパラメーター:

[ぼかし]グループのパラメーターを使用することで、ストロークを手で伸ばすような、にじみの効果を作り出します。パラメーターを調整することで、より滑らかで、ぼかした、優しいタッチの線で描画できます。

 

Sketch v. 23.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード