AKVIS LightShop ワークスペース

ワークスペース

AKVIS LightShop は、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディタのプラグインとしても使用できます。

ワークスペースのビューは、コントロールパネル簡易モード、または詳細モードのどちらを選ぶかで異なります。

簡易モードは、非常にシンプルなインタフェースと最低限のツールだけである程度の結果を短時間で得ることができます。

AKVIS LightShopのワークスペース(簡易モード)
AKVIS LightShopのワークスペース(簡易モード)

詳細モードでは、すべてのパネル、オプション、ツールが使用できます。一時的に表示されるパネルのドラッグやワークスペースのカスタマイズもできます。

AKVIS LightShopのワークスペース(詳細モード)
AKVIS LightShopのワークスペース(詳細モード)

 

プログラムのワークスペースの大部分を占めるイメージウィンドウの上部には、以下のコントロール(ボタン)を含むコントロールパネルがあります。

 

固定されたパネル以外に、一時的に表示されるパネルとして、ナビゲータツールバー効果効果パラメータ要素要素のプロパティツールオプション ヒントの各パネルがあります。 詳細モードでは、上記のすべてのパネルが利用でき、ドラッグして位置ヲ自由に変更したり、他のパネルと合体させたり、拡大/縮小させたりできます。簡易モードでは、表示されないパネルもあります。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するにはナビゲータを使用します。ナビゲータの赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。赤枠をドラッグすると画像の表示領域を変更できます。赤枠を移動させるには、マウスをクリックしたままカーソルをドラッグします。

ナビゲータ
ナビゲータ

さらに、スクロールバーの使用、キーボードのスペースバーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrl (Macintoshでは )を押しながらの場合は左右に動き、Altキー (Macintoshでは Option)を押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダまたは を使用し、イメージウィンドウ内のイメージを拡大/縮小できます。をクリックするか、スライダを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、拡大/縮小率の欄に値を入力して Enter (Macintoshでは Return)を押し、イメージの倍率を変更できます。よく使用する倍率の値はドロップダウンメニューにも用意されています。

ホットキーを使用して、画像を拡大/縮小することもできます。拡大する場合は + および Ctrl++ (Macintoshでは ++)、縮小する場合は- および Ctrl +- (Macintoshでは +-)を使用します。

 

ヒントパネルには、カーソルが指しているパラメータやボタンの説明が表示されます。

 

LightShop v. 6.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード