AKVIS LightShop ワークスペース
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS LightShop

ワークスペース

 

AKVIS LightShop は、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディタのプラグインとしても使用できます。

    スタンドアロンは独立したプログラムでプログラムのアイコンをクリックして開くことができます。

    スタンドアロン版を起動する方法:

    • Windowsコンピューターの場合:[スタート]メニューまたはプログラムのショートカットを使用します。
    • Macintoshコンピューターの場合:[アプリケーション]フォルダーからアプリを起動します。

    プラグイン は、Photoshop等のフォトエディターのアドオンとして動作します。

    プラグイン版を呼び出すには、イメージエディターのフィルターから選択します。

ワークスペースのビューは、コントロールパネル簡易モード、または詳細モードのどちらを選ぶかで異なります。

簡易モードは、非常にシンプルなインタフェースと最低限のツールだけである程度の結果を短時間で得ることができます。

AKVIS LightShopのワークスペース(簡易モード)
AKVIS LightShopのワークスペース(簡易モード)

詳細モードでは、すべてのパネル、オプション、ツールが使用できます。一時的に表示されるパネルのドラッグやワークスペースのカスタマイズもできます。

AKVIS LightShopのワークスペース(詳細モード)
AKVIS LightShopのワークスペース(詳細モード)

 

プログラムのワークスペースの大部分を占めるイメージウィンドウの上部には、以下のコントロール(ボタン)を含むコントロールパネルがあります。

  • :AKVIS LightShopのホームページに移動します。.
  • :[新規画像]ダイアログボックスが開きます(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Ctrl+N (Macintoshでは+N)です。
  • :イメージを開きます(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Ctrl+O (Macintoshでは+O)です。

    このボタンを右クリックすると、最近使用したファイルの一覧が表示されます。表示するファイル数をプログラムの[環境設定]で変更することもできます。

  • :処理したイメージをディスクに保存します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Ctrl+S (Macintoshでは+S)です。
  • :イメージを印刷します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Ctrl+P (Macintoshでは+P)です。
  • : プログラムから, Twitter、Flickr、Google+、Dropbox 等のソーシャル ネットワークに写真を投稿して共有できます。
  • :各ツール を使って行った最後の操作を取り消します。連続した複数の操作を取り消すことが可能です。このコマンドに対するホットキーは Ctrl+Z (Macintosh では +Z) です。
  • :最後に取り消した操作をもう一度やり直します。連続した複数の操作をやり直すことが可能です。このコマンドに対するホットキーは Ctrl+Y (Macintosh では+Y) です。
  • /:背景画像の表示/非表示を切り替えます。背景画像が非表示の場合、ライト効果は透明な背景に表示されます。
  • /:保護された選択、つまり光の効果の適用を除外されている領域の表示/非表示を切り替えます(詳細モードのみ)。
  • :(詳細モードのみ): クリックすると、プログラムのワークスペースと保存されたわアークスペースの一覧を管理するためのメニューが表示されます。メニューには、パネルを移動してワークスペースのカスタマイズ、保存、切り替えを行うためのコマンドがあります。

      リセット: ワークスペースをプログラム起動時の状態にレストアします。

      既定値: プログラムのワークスペースを既定値にレストアします。

      保存: ワークスペースの現在の状態を保存します。

      削除: 選択したワークスペースを削除します。

  • :変換結果をイメージに適用し、プログラムを閉じます(プラグイン版のみ)。
  • :バージョン情報を開きます。
  • :ヘルプファイルを呼び出します。この操作に対するホットキーはF1です。
  • : プログラムの環境設定を変更するための[環境設定] ダイアログボックスを開きます。

 

固定されたパネル以外に、一時的に表示されるパネルとして、ナビゲータツールバー効果効果パラメータ要素要素のプロパティツールオプション ヒントの各パネルがあります。 詳細モードでは、上記のすべてのパネルが利用でき、ドラッグして位置ヲ自由に変更したり、他のパネルと合体させたり、拡大/縮小させたりできます。簡易モードでは、表示されないパネルもあります。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するにはナビゲータを使用します。ナビゲータの赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。赤枠をドラッグすると画像の表示領域を変更できます。赤枠を移動させるには、マウスをクリックしたままカーソルをドラッグします。

ナビゲータ
ナビゲータ

さらに、スクロールバーの使用、キーボードのスペースバーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrl (Macintoshでは )を押しながらの場合は左右に動き、Altキー (Macintoshでは Option)を押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダまたは を使用し、イメージウィンドウ内のイメージを拡大/縮小できます。をクリックするか、スライダを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、拡大/縮小率の欄に値を入力して Enter (Macintoshでは Return)を押し、イメージの倍率を変更できます。よく使用する倍率の値はドロップダウンメニューにも用意されています。

ホットキーを使用して、画像を拡大/縮小することもできます。拡大する場合は + および Ctrl++ (Macintoshでは ++)、縮小する場合は- および Ctrl +- (Macintoshでは +-)を使用します。

 

ヒントパネルには、カーソルが指しているパラメータやボタンの説明が表示されます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 光の効果 — 光の効果
   — 新しいライト効果の作成 — 新しいライト効果の作成
   — 汎用パラメータ — 汎用パラメータ
   — ツールバー — ツールバー
   — 星ブラシ — 星ブラシ
   — 環境設定 — 環境設定
要素とそのパラメータ 要素とそのパラメータ
   — おぼろ月 — おぼろ月
   — リング — リング
   — 多角形 — 多角形
   — 光のストライプ — 光のストライプ
   — ビーム — ビーム
   — 粒子 — 粒子
   — 星の爆発 — 星の爆発
   — 光の爆発 — 光の爆発
   — 光線 — 光線
   — ハロー — ハロー
   — 光の点 — 光の点
   — 楕円形の光の点 — 楕円形の光の点
操作例 操作例
   — 夜空を彩る花火 — 夜空を彩る花火

 

LightShop v. 6.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー