AKVIS Coloriageワークスペース
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Coloriage

ワークスペース

 

AKVIS Coloriage は、独立したスタンドアロン プログラムとしても、また、ご使用のフォトエディターのプラグインとしても機能します。

AKVIS Coloriage プラグインを呼び出すには、Adobe PhotoshopおよびAdobe Photoshop Elementsの場合は、 [フィルター] > [AKVIS] > [Coloriage]を選択します。Corel Photo-Paintの場合は、[効果] > [AKVIS] > [Coloriage]を選択します。

スタンドアロン版AKVIS Coloriage実行するには、以下の手順に従ってください。

  • Windowsコンピューターの場合

    - メインメニューから: [スタート]ボタンをクリックし、ポップアップメニューから[AKVIS] > [Coloriage]を選択します。

    - デスクトップ上のプログラムへのショートカットを使用: AKVIS Coloriage アイコンをダブルクリックします。

  • Macintoshコンピューターの場合

    - Finderを使う: [Finder]ウィンドウのサイドバーから[アプリケーション]フォルダーを開き、AKVIS Coloriageアプリケーションをダブルクリックします。

AKVIS Coloriageのウィンドウは、次のような構成です。

写真の色付け用ソフトウェア AKVIS Coloriage

AKVIS Coloriage のワークスぺースの大部分はイメージ ウィンドウで、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。[処理前]タブには、元の画像が表示されます。このタブで、[ペン]ツールを使用してオブジェクトの色を定義します。[処理後]タブには、処理後の画像が表示されます。

ウィンドウ上部には、以下のボタンを含むコントロール パネルがあります。

  • : AKVIS Coloriage のホームページに移動します。
  • : イメージを開きます(スタンドアロン版のみ)。この操作に対応するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Oキー、Mac OS の場合+Oキー)を押します。
  • : 処理したイメージをディスクに保存します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Wihdows の場合Ctrl+Sキー、Mac OS の場合+Sキー)を押します。
  • : イメージを印刷します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Wihdows の場合Ctrl+Pキー、Mac OS の場合+Pキー)を押します。
  • : プログラムから、Twitter、Flickr、Google+、Dropbox 等のソーシャル ネットワークに写真を投稿して共有できます。
  • : 拡張子が.strokes のファイルを開きます。この種類のファイルには、イメージに描いたストロークが保存されています。
  • : イメージに描いたカラーストロークをファイルに保存します。拡張子は、.strokes です。たとえば、すべてのオブジェクトにストロークを描き終わる前に、作業を中断しなければならないなど、後で写真を編集したいときに使用します。
  • : 最後の操作を取り消します。連続した複数の操作を取り消すことができます。このコマンドに対するホットキーは、Ctrl+Zキー(Mac OS の場合は+Zキー)です。
  • : 最後に取り消した操作をもう一度やり直します。連続した複数の操作をやり直すことが可能です。このコマンドに対するホットキーは、Ctrl+Yキー(Mac OS の場合は+Yキー)です。
  • / / : ストロークの表示方法を切り替えます。
    : 通常モードが有効であることを示します。選択した色のストロークすべてが表示されます。例えば、同じ色の異なるトーンのストロークもすべて同じように表示されます。
    : 明るさプレビュー モードが有効であることを示します。このモードでは、元の画像のピクセルの明るさと指定された明るさの範囲を考慮して、ストロークが表示されます。
    : ストロークが隠されていることを示します。
  • をクリックして、色付け処理を開始します。色付け処理を開始するためのショートカットキーはCtrl+Rキー(Mac OS の場合は+Rキー)です。処理後の画像が[処理後]タブに表示されます。
  • : 色付けの結果を適用します(プラグイン版のみ)。このボタンをクリックすると、イメージに変更内容が適用され、AKVIS Coloriage ウィンドウが閉じられます。
  • : バージョン情報を表示します。
  • : このプログラムのヘルプファイルを開きます。
  • : プログラムのオプション設定を変更するための[環境設定]ダイアログボックスを開きます。

イメージ ウィンドウの左側には、以下のツールを含むツールバーがあります。

  • ペンツールを有効にします。このツールで描画することにより、オブジェクトの色を指定できます。ペンツールのホットキーは、Bキーです。
  • : 消しゴムツールを有効にします。このツールでは、ストロークや線を消去できます。消しゴムツールのホットキーは、Eキーです。

    このツールのプロパティは、処理段階に沿って変動します。第1段階([処理前]タブでストロークを描画する)では、消しゴム ツールは硬いエッジのみですが、第2段階(再カラー ブラシを適用する)では、消しゴムツールの硬さを調整できます。

  • : 色維持ペンツールを有効にします。色をそのまま維持する領域をマーキングするために使用します。色維持ペンツールは、カラーイメージで作業する場合、特に、他のオブジェクトの色を変更せずに、1つのオブジェクトの色を置き換えたいときに効果的です。
  • : チューブツールを有効にしあます。このツールでは、描いたストロークの色を変更できます(色の明るさ範囲も考慮されます)。チューブツールのホットキーは、Gキーです。
  • : マジックチューブツールを有効にします。このツールでは、色や明るさ範囲が同じストロークをすべて、別の色に変更することができます。明るさ範囲は考慮せず、同じ色のすべてのストロークの色を変更するには、Ctrlキー(Macintosh の場合は、キー)を押したままツールを使用します。
  • : スポイトツールを有効にします。このツールでは、画像内から色を抽出することができます。ペンツールまたは 色維持ペンツールを使用しているときに、マウスの中央ボタンをクリックしても色を抽出することができます。スポイトツールのホットキーは、Iキーを押しながらクリックします。
  • 再カラー ブラシツールを有効にします。このツールでは、半透明のストロークを適用して、手動でイメージを色付けすることができます。

    注意: このツールは、[処理後]タブでのみ有効です。また、作業の最後の段階でのみ適用することができます。[処理前]タブに切り替えて (実行)をクリックすると、Recolor Brushでの編集内容が失われてしまいます。

ツール ボタンをクリック、またはイメージ ウィンドウ内を右クリックした際に、ツールの設定が別ウィンドウに表示されます。表示されたオプション ウィンドウ以外をクリックすると、ウィンドウが非表示になります。

直線を描画するには、ペンツールを有効にし、Shiftキーを押しながら直線の開始点、終了点の順にクリックします。そのまま描画を続行するには、Shiftキーを押したまま次の点をクリックします。

ペン色維持ペン消しゴム、および再カラー ブラシの太さを変更するには、フローティング ウィンドウの拡大/縮小スライダーを動かすか、[キーで細く、または]キーで太くすることができます。

その他のツール:

  • : 手のひらツールを有効にし、画像を動かしてイメージ ウィンドウに表示されていない部分を表示できます。実際にツールを使用するには、画像上でクリックしたままドラッグして表示画像を動かします。Hキーを押すと、クリックなしで、ズームツールに切り換えられます。
    ツールバー上にあるツールのアイコンをダブルクリックすると、イメージは、イメージ ウィンドウに合わせたサイズで表示されます。
  • : [ズーム]ツールを有効にし、イメージの表示サイズを変更します。クリックすると、ズームイン(拡大)します。クリックしながらAltキーも押すと、ズームアウトします。Zキーを押すと、クリックなしで、ズームツールに切り換えられます。
    ツールバー上にあるツールのアイコン をダブルクリックすると、イメージが100%の倍率(実際の大きさ)で表示されます。

プラグイン ウィンドウの右側には、[ナビゲーター]ウィンドウと色選択領域が用意されています。

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するには ナビゲーターを使用します。ナビゲーターには、イメージの縮小版が表示されます。赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。表示されていない部分に赤枠を重ねると表示できます。赤枠を動かすには、ナビゲーターの赤枠の内側にカーソルを置き、目的の位置までドラッグするだけです。

ナビゲーター
ナビゲーター

イメージ ウィンドウで画像をスクロールするには、キーボードのスペースキーを押しながら画像をドラッグします。マウスのスクロールホイールを使うと、イメージは上下に動き、Ctrlキー(Macintosh の場合は、キー)を押しながらの場合は左右に動き、Altキー(Macintosh の場合は、Optionキー)を押しながらの場合は拡大/縮小を行います。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーまたは を使用して、イメージ ウィンドウ内のイメージを拡大/縮小することができます。 をクリックするか、スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、拡大/縮小率の欄に値を入力してEnterキー(Mac OS の場合はReturn)キーを押しながら左クリックして行います。ドロップダウンメニューには、使用頻度の高い値が表示されます。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。+Ctrl++キー(Mac OS の場合は++) で拡大、-Ctrl+-キー(Mac OS の場合は+-)で縮小します。

 

[ナビゲーター]ウィンドウの下にある色選択領域には、[色ライブラリ][カラー][スワッチ][マルチカラー]のパレットがあります。

[色ライブラリ]には、通常写真でよく使用される色のパターンがあらかじめ用意されています。たとえば、肌、髪、唇、草、木、石などの色のパターンです。このライブラリから色を選択することで、オブジェクトを自然に見せることができます。

の変更は、グラデーション ラインを使用するか、色要素の数値を直接入力します。

[スワッチ]パレットには、良く使う色が用意されており、パレット内の色を選択することで、簡単に色の選択ができるようになっています。

[マルチカラー]パレットを使って、一度に複数の色を適用できるマルチカラーモードで作業できます。このモードは、DeluxeBusinessライセンスでのみ利用できます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 色の選択 — 色の選択
   — 色付けのヒント — 色付けのヒント
   — 操作例の画像を使って色付け — 操作例の画像を使って色付け
   — 環境設定 — 環境設定
操作例 操作例
   — 古い絵はがき — 古い絵はがき
   — 車体の色の変更 — 車体の色の変更
   — 部分的な非彩色化 — 部分的な非彩色化
   — 白黒写真の部分的に色付け — 白黒写真の部分的に色付け
   — 白黒写真をカラーに (婦人編) — 白黒写真をカラーに (婦人編)
   — 白黒写真をカラーに (紳士編) — 白黒写真をカラーに (紳士編)
   — カナダ開拓者 — カナダ開拓者
   — カラフルな背景の作成 — カラフルな背景の作成

 

Coloriage v. 10.6 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー