ストロークの保存と読み込み:作業途中のイメージを使用
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Coloriage

ストロークの保存と読み込み:作業途中のイメージを使用

 

AKVIS Coloriageを使ってイメージの色付けを行う際、定期的に.strokes 拡張子のファイルに保存するようお勧めします。これにより、何かの理由で作業データが消えた場合などに、最初から作業する必要がなくなります。
色のストロークを保存するには、 をクリックして、フォルダーとファイル名を指定します。後でストロークを読み込みたい場合は、 をクリックして、続きから作業を続けることができます。

充電不足などの理由により急にPCの電源が落ちた場合などに備え、ボタンを押すたびにcoloriage-autosave.strokesというファイルに自動的にストロークが保存されます。

自動的に保存されたファイルの保存先は以下の通りです。

    C:\Users\Public\Documents\AKVIS (Windows の場合)
    HD/Users/Shared/AKVIS (Mac OS の場合)

 

ストロークの保存は、プログラムの使い方のヒント等を他のユーザーと共有する方法でもあります。

作業途中のイメージを使用した色付け作業の方法を紹介します。

  • ステップ 1:元のイメージと .strokes が保存されているアーカイブをダウンロード後解凍します。
  • ステップ 2:画像を開きます。

    元のイメージ
  • ステップ 3: をクリックし、.strokes ファイルをを選択して [開く]をクリックします。

    ストロークの読み込み
  • ステップ 4: をクリックすると、[処理後]タブに色付け結果のイメージが表示されます。

    色付けの結果
  • ステップ 5:希望であれば、イメージの色を変更することもできます。そのためには、[処理前]タブに移動し、[チューブ] または[マジックチューブ] を使います。[チューブ]は、1つのストロークの色のみ変更しますが、[マジックチューブ]は特定の色で描かれているすべてのストロークの色を変更します。

    色の変更

    を再度クリックします。

    変更後の色付け結果

注意: アーカイブ内のストロークは、元のイメージの比率(幅 x 高さ)に対応しています。元のイメージの比率を変えた場合、ストロークはイメージに合わないことになります。

 

以下のアーカイブをダウンロードして、簡単に画像を色付けできます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — 色の選択 — 色の選択
   — 色付けのヒント — 色付けのヒント
   — 操作例の画像を使って色付け — 操作例の画像を使って色付け
   — 環境設定 — 環境設定
操作例 操作例
   — 古い絵はがき — 古い絵はがき
   — 車体の色の変更 — 車体の色の変更
   — 部分的な非彩色化 — 部分的な非彩色化
   — 白黒写真の部分的に色付け — 白黒写真の部分的に色付け
   — 白黒写真をカラーに (婦人編) — 白黒写真をカラーに (婦人編)
   — 白黒写真をカラーに (紳士編) — 白黒写真をカラーに (紳士編)
   — カナダ開拓者 — カナダ開拓者
   — カラフルな背景の作成 — カラフルな背景の作成

 

Coloriage v. 10.6 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー