AKVIS SmartMask でのクロマキー技術

クロマキー

クロマキーは、映画やテレビ番組の撮影/製作時に使用される技術で、幾つかの画像やフレームを1つに合成するときに使用されます。撮影時は、前面に表示されるオブジェクトを、単色 (緑か青) の背景幕の前で撮影します。その後の処理で、背景の色が取り除かれ、別の映像等に置き換えられます。

AKVIS SmartMaskクロマキーモード では、単色の背景を簡単かつ正確に削除できます。

元の画像 背景の除去
背景の除去
(画像上にマウスをのせると、元の写真が表示されます)

 

画像の背景を削除する場合は、以下のパラメーターを調整します。

変更を適用する場合は、[OK]ボタンをクリックします。変更を保存せずに終了する場合は、[キャンセル]ボタンをクリックします。デフォルトの設定をレストアするには、[デフォルト]をクリックします。

 

処理結果のエッジを修正 (編集) するには、エッジの微調整モードを使用します。

背景を変更するには、スタム背景モードを使用します。

 

SmartMask v. 11.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード