AKVIS SmartMask: マスクの表示モード
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS SmartMask

マスクの表示モード

 

SmartMask のツールバーでは、マスクの表示モードを変更して、切り取りオブジェクトを表示する背景を変更できます。

ボタンをクリックすると、様々なオプションを含むサブメニューが表示されます。

    マスクの表示モード
  • 透明な背景 :
    このモードは、透明な背景に処理後のイメージが表示されます。

    透明な背景での選択範囲
  •  

  • 塗りつぶし背景 :
    このモードでは、選択した背景色上にイメージが表示されます。既定では背景がオレンジ色に設定されていますが、いつでも変更できます。変更するには、ボタンをポイントするとカラーパレット が表示されるので、それをクリックして、色を選択してください。
    色の背景での選択範囲
  •  

  • Custom Background :

    The cut-out fragment will be placed on a new background. You can adjust the background image by using the Background mode.

    Custom Background

    注意: 処理結果は、イメージ ウィンドウ画面に表示されている通り、選択した色の背景上に結果が保存/印刷されます。

    選択オブジェクトを透明な背景に保存する場合、該当するマスク表示モードを選択し、画像保存時に PNG形式を使用してください。

  •  

  • グレースケール マスク :
    このモードでは、不透過度が100%のピクセルはすべて黒で表示されます。不透明度が0%のピクセルは白で表示されます。不透明度が0%から100%の間のピクセルはグレーで表示されます。グレーが濃いほど、そのポイントの不透明度は高くなります。

    グレースケール マスク
  •  

  • 未選択領域を検索 :
    トリマップ方式を使用し、画像を次の3つの領域に分けます。

    すべてのピクセルをブラック ポイントとして透過度 =100%で表示します。ホワイト ポイントは、透過度 = 0%のピクセルです。グレーポイントは、その他のピクセル (0% < 透過度 < 100%)です。
    このモードは、削除されているように見えて、実際には削除されていない領域を探すときに最適です。

    未選択領域の検出
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — マスク表示モード — マスク表示モード
   — カスタム背景 — カスタム背景
   — ヒストリーパレット — ヒストリーパレット
   — AKVIS ファイル — AKVIS ファイル
   — 環境設定 — 環境設定
   — ホットキー — ホットキー
選択範囲の作成 選択範囲の作成
   — 自動モード — 自動モード
   — 手動モード — 手動モード
   — クイック選択ツール — クイック選択ツール
   — 標準選択ツール — 標準選択ツール
   — マジックブラシ — マジックブラシ
   — クロマキー — クロマキー
   — エッジの調整 — エッジの調整
   — 後処理ツール — 後処理ツール
   — その他のツール — その他のツール
操作例 操作例
   — 写真から人物を切り取る — 写真から人物を切り取る

 

SmartMask v. 10.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー