AKVIS SmartMask: 操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS SmartMask

操作方法

 

AKVIS SmartMask は、作業時間を節約でき、楽しく使える効果的な選択ツールです。スタンドアロン プログラムとして、またフォトエディターのプラグインとしても使用できます。

AKVIS SmartMaskを使用してオブジェクトを切り取るには以下の作業を行います。

  • ステップ1: イメージを開きます。

    スタンドアロン版で作業する場合:

      空のワークスペースをダブルクリックするか、コントロール パネル をクリックすると、[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。

      AKVIS SmartMask のスタンドアロン版は、BMPJPEGPNGTIFFRAWAKVIS の各ファイル形式をサポートしています。

    プラグイン版で作業する場合:

      お使いのフォトエディターでイメージを開くには、 [ファイル] > [開く] コマンドを実行するか、 Ctrl+Oを同時に押し。

      AKVIS SmartMask のプラグイン版を起動します。

        AliveColorsの場合、[効果] > [AKVIS] > [SmartMask];
        Adobe Photoshopの場合、[フィルタ] > [AKVIS] > [ SmartMask]、
        Corel Paint Shop Proの場合、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [SmartMask]、
        Corel Photo-Paintの場合、[効果] > [AKVIS] > [SmartMask]。

      注意: プラグインを呼び出す前に、別のレイヤーにイメージをコピーしておく必要があります(レイヤーを複製)。または、レイヤーのロックを解除してください。

  • ステップ2: 最初にプログラムを起動した場合、 自動 モードになっています。選択を自動的に行うためのツールが含まれているモードです。このモードは、コントラスト レベルが良く、エッジが鮮明なイメージにぴったりなモードです。複雑なオブジェクトの処理を行う際の最初の段階で使用することもできます。

    AKVIS SmartMask のワークスペース(自動モード)
    AKVIS SmartMask のワークスペース(自動モード)

    コントロールパネルで 手動 モードに切り替えると、インターフェイスが変わり、スマートブラシ ツールにアクセスできるよう、アイコンが表示されます。これらのツールは、単色で形もシンプルなオブジェクトを手早く選択したい場合や逆に複雑なオブジェクト(ガラス要素、木、食器、泡など)を選択する場合などに使用できます。このツールを使って、自動 モードでの処理結果をより良いものになるよう編集することができます。

    AKVIS SmartMaskのワークスペース(手動モード)
    AKVIS SmartMaskのワークスペース(手動モード)

    選択は 自動また手動のいずれのモードでも使用できますが、一緒に使用する場合は、順番に注意してください。

      注意: [自動] モードの状態でパラメーターの調整やラインを書き直しを行い、処理を再度実行した場合、手動で使用したツール(スマートブラシ)編集は失われます。そのため、必ず、[自動]モードの後に [手動]モードを使用するという順番を守ってください。

  • ステップ3: To remove a monochromatic background, use the Chroma Key mode (only for Home Deluxe and Business licenses).
  • ステップ4: エッジの微調整 を使用すると、選択範囲や切り取ったオブジェクトのエッジを簡単に微調整できます。
    この機能は Home Deluxe および Business ライセンスでのみ利用可能です。
  • ステップ5: To add the cut-out object to a custom background, activate the Custom Background mode (available only in the standalone version).
  • ステップ6: プロジェクトの保存.akvisファイルで行う場合は、をクリックします。読み込みは を使用します。

    AKVIS ファイルには、元のイメージ、編集途中のイメージ、ツールのパラメーター、色グループ、そして作成されている場合は、チェックポイント (Deluxe/Business 版のみ)が含まれています。

  • ステップ7: イメージを共有するには、をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧が表示されます。サービスには、 Twitter、Flickr、Tumblr、Google+ が含まれます。

    スタンドアロン版では、 印刷 を行うこともでき、その場合は、をクリックします。

  • ステップ8: 処理したイメージを保存します。

    スタンドアロン版で作業する場合:

      をクリックすると、[名前をつけて保存] ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFFBMPJPEGPNGAKVIS) を選択し、保存先フォルダーを選択します。

      注意: 塗りつぶし背景 オプションを選択した場合、画面に表示されている通り、選択した色の背景上に結果が保存されます。

      選択オブジェクトを透明な背景に保存する場合、該当するマスク表示モードを選択し、画像保存時に PNG 形式(もしくは透過をサポートする他の形式)を使用してください。

    プラグイン版で作業する場合:

      をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。 AKVIS SmartMask プラグインが終了し、フォトエディターのワークスペースに画像が表示されます。

      [ファイル] > [名前を付けて保存] コマンドを使用して [名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行ないます。

    結果
    結果
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — マスク表示モード — マスク表示モード
   — カスタム背景 — カスタム背景
   — ヒストリーパレット — ヒストリーパレット
   — AKVIS ファイル — AKVIS ファイル
   — 環境設定 — 環境設定
   — ホットキー — ホットキー
選択範囲の作成 選択範囲の作成
   — 自動モード — 自動モード
   — 手動モード — 手動モード
   — クイック選択ツール — クイック選択ツール
   — 標準選択ツール — 標準選択ツール
   — マジックブラシ — マジックブラシ
   — クロマキー — クロマキー
   — エッジの調整 — エッジの調整
   — 後処理ツール — 後処理ツール
   — その他のツール — その他のツール
操作例 操作例
   — 写真から人物を切り取る — 写真から人物を切り取る

 

SmartMask v. 10.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー