AKVIS SmartMask: 後処理用ツール
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS SmartMask

後処理用ツール

 

処理結果の微調整を行い、最後の仕上げを行うためのツールは以下の通りです。 ぼかしブラシ 消しゴム(背景) 履歴ブラシ

これらのツールは、手動 モード有効時に ツールバー に表示されます。

  • ぼかしブラシ : このツールは、隣接するピクセル間のカラーコントラストを下げることで、ぼかし効果を作成します。

      ブラシは、[強度]パラメーターを使って調整できます。パラメーターの値が大きいほど、効果は強くなります。

    ツール適用前 ツール適用後
    ぼかしツール使用前 ぼかしツール使用後
  • 消しゴム(背景) : このツールは適用した領域を消去します。

      強度 (設定可能値が 1-100): ツールを適用する強度を指定します。値が高いほど、消しゴムツールの影響が大きくなり、背景が見えにくくなります。

      [トレランス] チェックボックスは、取り除く色の範囲をコントロールします。デフォルトの設定では無効となっていますので、ツールはすべての色を取り除きます。

      有効になっている場合、クリック時、ブラシの中央の色がサンプルとして採取します。このツールを使って画像上を描画すると、指定した色は取り除かれます。

      [トレランス] パラメーターの値が低いほど、取り除く色は少なくなります。値が高いと、より多くの色が取り除かれます。

    消しゴムツール(通常) 消しゴムツール(背景)
    背景消しゴム使用 トレランス機能オフ 背景消しゴム使用 トレランス機能オン
  • 履歴ブラシ : このツールは領域を元の状態に戻します。

      強度 (設定可能値が 1-100):オリジナルの状態へのレストアの度合いを指定します。低い値の場合は適用した効果とのブレンドが残りましが、100%に近い値の場合はオリジナルの状態に完全にレストアされます。

    ツール適用前 ツール適用後
    履歴ブラシ使用前 履歴ブラシ使用後
  •  

    このツールに関して以下のパラメーターを設定できます。

      サイズ:ブラシ幅の直径をピクセルで指定します。

      硬さ:ブラシのエッジ(境界部分)によるぼかしの程度を指定します。値が高いほどブラシのエッジが硬くなり、ぼかしも弱くなります。低い値では、境界部分の遷移がよりスムーズに、つまりやわらかい、ぼかしがかかります。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — マスク表示モード — マスク表示モード
   — カスタム背景 — カスタム背景
   — ヒストリーパレット — ヒストリーパレット
   — AKVIS ファイル — AKVIS ファイル
   — 環境設定 — 環境設定
   — ホットキー — ホットキー
選択範囲の作成 選択範囲の作成
   — 自動モード — 自動モード
   — 手動モード — 手動モード
   — クイック選択ツール — クイック選択ツール
   — 標準選択ツール — 標準選択ツール
   — マジックブラシ — マジックブラシ
   — クロマキー — クロマキー
   — エッジの調整 — エッジの調整
   — 後処理ツール — 後処理ツール
   — その他のツール — その他のツール
操作例 操作例
   — 写真から人物を切り取る — 写真から人物を切り取る

 

SmartMask v. 10.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー