AKVIS MultiBrush: 操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS MultiBrush

操作方法

 

AKVIS MultiBrushは、独立したスタンドアロン プログラムとして、また、ご使用のフォトエディタのプラグインとしても機能します。

以下の手順を実行します。

  • ステップ1: イメージを開くか、新規イメージを作成します。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

      AKVIS MultiBrushのスタンドアロンプログラムを実行します。

      画像を開くには、ワークスペースの空き領域をダブルクリックするか、コントロールパネルのをクリックします。プログラムがサポートしているファイル形式は、BMPJPEGPNGTIFFPSDAKVISです。

    - プラグイン版で作業する場合:

      フォトエディタを起動します。 AKVIS MultiBrushプラグインは、Adobe Photoshop、Adobe Photoshop Elements、Corel PaintShop Pro、他の多くのフォトエディタとの互換性があります。

      [ファイル] > [開く]コマンドを実行するか、ホットキーのCtrl+O (Macintoshでは +O)を使用して、お使いのフォトエディタでイメージを開きます。

      その後、フォトエディタの[フィルタ(または効果)]メニューからAKVIS MultiBrushプラグインを呼び出します。Adobe Photoshopの場合、[フィルタ] > [AKVIS] > [MultiBrush]Paint Shop Proの場合、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [MultiBrush]Corel Photo-Paintの場合、[効果] > [AKVIS] > [MultiBrush]をそれぞれ選択します。

    AKVIS MultiBrushウィンドウ
    AKVIS MultiBrushウィンドウ
  • ステップ2: イメージの処理にはツールバー内の編集ツールを使用します(編集ツールの使い方は、操作例をご覧ください)。

    イメージの編集
    イメージの編集
  • ステップ3: 処理画像を共有するには、をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧が表示されます。サービスには、Twitter、Flickr、Google+、Dropbox が含まれます。

    スタンドアロン版では、印刷を行うこともでき、その場合は、をクリックします。

  • ステップ4: 結果を保存します。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

      をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類(TIFFBMPJPEGPNGPSDAKVIS)を選択し、保存先フォルダを選択します。

    - プラグイン版で作業する場合:

      をクリックして適用します。AKVIS MultiBrushプラグインが終了し、画像がフォトエディタのワークスペースに表示されます。

      [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダの指定を行ないます。

    注意: AKVIS 形式 を使用することで、マルチレイヤー ファイルのすべてのチェックポイントやレイヤーをマージ/ラスタライズせずに作業できます。最終処理結果を JPG、TIFF、PNG 形式で保存できるので、共有もできます。

 

 

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー