AKVIS MultiBrush: 新規イメージの作成

新規イメージの作成

[新規作成]ウィンドウ:

[新規イメージ] ウィンドウ
[新規作成] ウィンドウ

[プリセット]ドロップダウン メニューには、印刷やインターネットでの作業に使用される標準ファイルタイプが含まれています。
[サイズ]メニューには、利用可能なプリセットのサイズが表示されます。
他のパラメータはすべて自動で設定されます。一般的に、プリセットは、 方向で、ドキュメントの背景色 は白になります。

プリセットに変更が加えられると、ドロップダウンメニューの名前がカスタムに変更され、[カスタム プリセットの保存]ボタン がアクティブになります。このボタンをクリックすると、設定を保存できます。プリセットには、自動的に名前が割り当てられ、ハイライトされているフィールドで名前を変更できます。Enter キーを押すと、新しいプリセットが一覧に表示されるようになります。プリセットを削除するには、削除するプリセットを選択し、[カスタム プリセットを削除]ボタンをクリックします。

ドキュメントの方向を[縦]または[横]から選択します。を選択した場合、イメージは横の長さが縦より長くなるように回転され、を選択した場合はその逆になります。

ドキュメント サイズは[幅][高さ]の各フィールドを手動で入力して設定することもできます。単位はドロップダウンリストの一覧で確認でき、利用可能な単位は、ピクセル、インチ、センチ、ミリ、ポイント、パイカです。

[解像度]パラメータは、イメージ内のピクセル密度を特定し、1インチごとのピクセル数(ppi)を計算します。

[カラーモード]では、カラースキームをグレースケール、RGB、CMYK、Labのいずれかから選択します。モードによって、色の扱い方が異なります。カラーモードの定義後、隣接するリストから色深度を8ビット/チャンネル、16ビット/チャンネル、32ビット/チャンネルから選択します。

[透過背景]オプションは、イメージに透明な背景を割り当てますが、[背景色]オプションは不透明な背景色をイメージに適用します(デフォルトでは白)。この色は[色選択]ダイアログボックスで選択し、隣接するカラーバーをダブルクリックすることで有効になります。